英国を代表する公立教育機関であるキール大学は、講義キャプチャシステムと遠隔授業にまつわる一連の課題に取り組んでいた。 COVID-19の大流行によって遠隔学習への世界的なシフトが顕著になると、こうした課題の解決はすぐに最優先課題となった。

Panoptoの登場である。このプラットフォームは、強化された遠隔学習へのシームレスな移行を促進するだけでなく、その高度な機能と3倍を超えるエンゲージメントによって、キール大学の教育体験をより豊かなものにした。

課題:リモート・ラーニングの必要性

COVID-19パンデミックの発生は、効果的な遠隔学習ソリューションの必要性を加速させた。 キール大学にはOpencastという既存のシステムがあったが、これは主にビデオ管理のために設計されたもので、魅力的な遠隔学習体験を促進するには不十分だった。

教員は、講義にインタラクティブな要素を取り入れるのは面倒だと感じ、学生はライブ・クイズやリアルタイム・ディスカッションのような、より参加しやすい機能の必要性を感じていた。 同大学は、進化する遠隔教育の需要に対応するため、より包括的なソリューションが必要だと認識していた。

ソリューションPanoptoによる多面的なアプローチ

2021年、キール大学はPanoptoへの移行という決定的な一歩を踏み出した。 Panoptoを際立たせたのは、その拡張性と、遠隔学習用に調整された幅広い機能だった。 このプラットフォームにより、教員はインタラクティブなクイズ、ライブディスカッション、リアルタイムのフィードバックを講義に簡単に取り入れることができるようになった。

スムーズな移行を実現するため、同大学は専用のSharePointページを開設し、チュートリアルやFAQ、Panopto利用のベストプラクティスを掲載した。 また、マイクの断線や録画ランプの点灯など、技術的な問題が発生する可能性がある場合は、カスタムエラーメッセージで教員に警告を発し、授業を中断させないようにした。

Panoptoへの移行は非常にシームレスであったため、キール大学のデジタル・ソリューション部門のテクニカル・リーダーであるニック・ヴォーン氏は、「COVIDから戻ってきたとき、まったく別のソリューションが導入されていることに気づかなかった人もいました」と語る。

インパクト遠隔学習体験を高める

Panoptoの採用は、キール大学の遠隔学習へのアプローチに変革をもたらした。 わずか1学年度で、このプラットフォームは約25,000時間のリッチな教育コンテンツの制作をサポートした。 月間視聴回数とダウンロード数は12,000回から54,000回に急増し、生徒のエンゲージメントが大幅に向上したことを示している。

「Panoptoに切り替えてから、Panoptoで何ができるかがわかってきて、利用が大幅に増えました」とヴォーンは言う。 しかし、数字が物語るのはほんの一部に過ぎない。 大学側は、より多くの人々がPanoptoの機能を知るようになれば、この数字はさらに伸び続けるだろうと楽観視している。

ライブストリーミング、インタラクティブなクイズ、リアルタイムのフィードバックなど、このプラットフォームの高度な機能は、遠隔学習をより魅力的なものにしている。 また、学生のパフォーマンスやエンゲージメントレベルに関する貴重な洞察を教員に提供した。

遠隔学習の未来:Panoptoが道を切り開く

教育機関が遠隔学習の複雑さを克服し続けるにつれ、堅牢で柔軟性のあるインタラクティブなプラットフォームの必要性がますます明らかになっている。 高度な機能と分析機能を備えたPanoptoは、現在の需要に応えているだけでなく、遠隔教育の未来を形作るのにふさわしい位置にある。

キール大学の経験は、Panoptoが教育の常識を再定義する可能性があることを証明するものであり、進化する遠隔学習の状況において卓越を目指す教育機関にとって戦略的資産となる。