先日の東海岸の暴風雨により、Amazonのデータセンターが停電し、Netflix、Pinterest、Instagramがダウンした際、Panoptoも影響を受けました。この停電でデータが失われたお客様はいませんでしたが、クラウド型の動画プラットフォームは数時間にわたってアクセスできませんでした。

停電後、Panoptoのエンジニアリングチームは、今後の大規模な停電でサービスの接続性が失われないように、問題の根本的な解決に取り組みました。先週末には、このようなタイプの障害から保護し、停電時のデータ損失の可能性をさらに低減するためのアップデートを実施しました。

今回のアップデートでは、アマゾンのアベイラビリティー・ゾーンにビデオ・プラットフォームをミラーリングしています。つまり、新しい情報がサーバーにアップロードされると、それを別のマシン上にあるスタンバイシステムに継続的に複製するのです。何らかの理由でプライマリシステムへの接続性が失われた場合(ハードウェアの故障やシステム的な停電など)、クライアントのトラフィックはスタンバイシステムにシームレスにリダイレクトされます。そのため、アマゾンのプライマリとバックアップの発電機が再び故障したとしても、Panopto VCMSのウェブサイトへのアクセス、ビデオの閲覧、新しいコンテンツの録画、ライブウェブキャスト、システムの管理は可能です。

これは、パノプトにとって重要な進歩であり、お客様がオンラインビデオプラットフォームやレクチャーキャプチャープロバイダーに期待すべき標準であると信じています。本日実施したアップデートは、我々のシステムのマルチテナント・アーキテクチャに基づいた比較的簡単なものでした。パノプトは、すべてのお客様を1つの共有クラウドで管理しながら、需要に応じて弾力的に拡張することができますので、これは当社の技術の自然な進化です。

他のプロバイダーは、この移行を簡単に行うことができないかもしれません。特に、マルチテナント型のアーキテクチャではなく、専用の仮想マシンを使用したアーキテクチャを採用しているプロバイダーは、アベイラビリティー・ゾーンをまたいでシステムをミラーリングすることができず、顧客に単一障害点を与えることになります。

現在、他のクラウドベースのオンラインビデオプラットフォームやレクチャーキャプチャシステムを使用している場合は、ベンダーに電話して、データセンター停止時のアップタイムをどのように保証しているか尋ねてください。もし保証されていなければ、私たちにご連絡ください。パノプトがお客様の組織に信頼性の高いクラウドベースの動画プラットフォームをどのように提供できるか、ぜひご相談ください。

 

この記事は2017年3月に更新されました

公開日:9月04, 2012年