誰が本当に宿題をやっているのか? ウェビナー

 

ダイナミックなオンライン教育の世界では、学生のエンゲージメントを理解し、高めることがこれまで以上に重要になっている。 ある大規模な公的研究機関の調査によると、学部生の72%がオンライン講義への参加率が低く、学習体験に悪影響を及ぼしていると回答している。

最近のウェビナー「誰が本当に宿題をやっているのか? 現代の教育時代におけるこのエンゲージメントのジレンマを探る。 学生のオンライン学習や遠隔学習が増加する中、教育機関はどのようにして学生を修了まで到達させることができるのだろうか。 このウェビナーでは、ディスカッションにとどまらず、Panoptoがどのように役立つかを示している。 Panoptoのコンテンツアナリティクスは、非同期学習環境におけるエンゲージメントとアカデミックサポートを高めるための貴重な洞察とツールを講師に提供する。

しかし、生徒のエンゲージメントを高めるには、適切なテクノロジーツールを使うだけではない。 教育機関も学生の声に耳を傾けなければならない。 全米学生参画調査(NSSE)によると、オンライン・コースの嗜好は、明確なガイダンス、仕組み、サポートの必要性を反映している。 このような嗜好は、効果的なエンゲージメント戦略やコース設計が急務であることを浮き彫りにし、教育者は学生を軌道に乗せる革新的な方法をオンラインを中心に模索している。

オンデマンドのウェビナーをお見逃しなく。 以下はその一部である:

1.非同期ビデオ学習が増加している

パンデミック後の時代、非同期ビデオ学習が増加している。 全米教育統計センター(NCES)によると、 全在籍学部生の28%がオンラインのみで遠隔教育コースを受講し、61%が少なくとも1つのオンラインコースを受講している。

この懸念は、NSSE2023の調査結果にも反映されている。 非同期ビデオ学習の台頭は、教育者が進化する学習様式に遅れを取らないよう、教授法を適応させ、革新する必要性を強調している。

2.デジタル・インタラクションを人間化する

ウェビナーの中心テーマは、オンライン学習体験を人間的なものにすることの重要性であった。 このディスカッションでは、ビデオコンテンツとアナリティクスによって、よりパーソナライズされた魅力的な学習が実現し、教育者が生徒の多様なニーズに合わせてアプローチを調整できるようになることが強調された。 人間味のある教育は、NSSE2023の調査結果とも一致しており、授業への参加度を示す重要な指標として、生徒と講師の相互作用の重要性を強調している。

3.データ主導の指導戦略

データ主導の指導実践は、生徒のエンゲージメントを高めることができる。 Panoptoの学生分析ダッシュボードのようなツールは、学生がオンラインコース教材とどのように接しているかについての貴重な洞察を提供する。 このデータは、コンテンツの最適化、リスクのある学生のサポート、教育機関全体のオンラインプログラムの有効性の評価に役立つ。

4.データ駆動型教育を実施するための枠組み:

ウェビナーでは、生徒のデータ収集から的を絞った介入策の実施まで、データ主導の指導の枠組みが紹介された。 このフレームワークは、指導者たちに、困っている学生を支援し、彼らのエンゲージメントを向上させ、学習機関への帰属意識を育み、最終的に学習継続率を向上させるためにデータを活用する方法論を提供する。

これらはハイライトに過ぎない。 ウェビナーをオンデマンドで視聴 し、特にオンラインまたは非同期のコースで、学生のエンゲージメントを向上させるためにビデオ分析を使用する方法について深く掘り下げる。

 

Panoptoは革新的なビデオ学習のリーダーです。

あなたの組織でトレーニングをレベルアップする準備はできていますか?

私たちのチームにご相談ください。

 

公開:12月 26, 2023