学校と大学 - BETTで私たちを訪れるべき理由

フランシス・アンドリュース - Panopto EMEA

今年、私は初めてBETTショー にパノプトと一緒に参加しますが、私は他の教育テクノロジー企業で働いていたこともあり、BETTには慣れています。パノプトに入社して約8ヶ月、学生の体験を向上させるために映像技術をどのように使っているのか、あるいは使いたいと思っているのかを知るために、多くの学校やカレッジを訪問してきました。すでにいくつかの学校や高等教育機関では、当社のような教室キャプチャソフトウェアを教育・学習戦略に組み込んでいますが、業界全体としてはまだ始まったばかりだと言っていいでしょう。だからこそ、BETTで私たちが学校やカレッジに提供できるものを紹介し、さらに多くの先生方にお会いして、ビデオが教育や学習にどのような影響を与えているかをお聞きすることをとても楽しみにしています。

しかし、私たちはこの展示会に出展している数百社の中の1社に過ぎず、すべての出展者が、自分たちの技術が先生方にとって重要である理由を示すことを目的としていることをよく理解しています。では、もし私が、先生方が学校や大学でクラスルームレコーディングを使いたいと思う理由、そして結果的にBETTで私たちに会いに来るべき理由をまとめるとしたら、何と言えばいいのでしょうか?さて、BETT 2014の Stand B68で私たちに会いに来ていただくべき私のトップ3の理由は以下の通りです。

Panoptoのビデオ検索は、学生の効果的な復習をサポートします。
ビデオはすでに様々な方法で記録されていますが、Panoptoのビデオはスマートです。パノプトのソフトウェアは、パワーポイントのスライド上の単語を取り込み、キャプション、メモ、コメントと一緒にメタデータとして使用することができるので、学生は復習の際に録画を全部見る必要はありません。BETTにお越しの際は、この検索機能を実際にご覧いただけます。

Panoptoは教室を変えるのに役立ちます。
現在、多くの先生方が反転授業モデルを模索しています。生徒が授業の前に重要なポイントを復習することで、対面での時間をより深い議論のために使うことができます。Panoptoは、ラップトップやiPhone、iPadを使って、一口サイズの学習コンテンツを撮影し、生徒に素早く簡単に配信することができます。また、誰がコンテンツを見たかを確認できるので、学生が必要な時に教材に取り組んでいるかどうかを確認することができます。今回のBETTでは、その例をご紹介する予定です。

ベストプラクティスを共有するために、スタッフの継続的な専門能力開発(CPD)にPanoptoを使用することができます。
Panoptoを使用することで、スタッフは自分のレッスンを振り返って、内容や伝え方に磨きをかけることができます。これは、ベストプラクティスの例を他の先生方と簡単に共有できることを意味しています。BETTでは、教師のトレーニング目的でビデオをどのように使用したいかをお聞かせください。

今回のBETT 2014では、スタンドB68に出展します。もし、私がPanoptoのデモをしたり、学校でのビデオについて議論したりするための特定の時間を予約したい場合は、 fandrews@panopto.com にメールしてください。会場でお会いできるのを楽しみにしています。

公開日:1月16, 2014