検索は、私たちが職場や家庭で日常的に使用している最も価値のあるデジタル・ユーティリティと言っても過言ではありません。ノートパソコンでウェブを検索したり、スマートフォンで道順や地元企業を検索したり、電子メールのメッセージを検索したり、Ctrl-F(Macの場合はCommand-F)を押してドキュメントやスプレッドシート、プレゼンテーションのコンテンツを検索したりと、私たちは所有するすべてのデバイスで何らかの形で検索を行っています。近年の検索技術の進歩により、私たちが日常的に管理しなければならないすべての情報について、厳格な階層構造を作る必要がなくなりました。また、企業や大学では、 ビデオコンテンツ を検索する機能がますます重要になってきています。タグやその他の手動で入力されたメタデータだけでなく、ビデオ内のあらゆる場所で話されている言葉や表示されている言葉を検索することができます。

Panopto Smart Search

3月2014、パノプトは、独自のビデオ検索エンジンであるSmart Searchを発表しました。これにより、ウェブを検索するように簡単にビデオコンテンツを検索したり、電子メール、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション内を検索したりすることが可能になります。Smart Searchは、ビデオコンテンツにインデックスを付ける5つの方法を提供します。

  1. 自動音声認識(ASR) - Panopto は、話した言葉をテキストに変換し、タイムスタンプを付けて、検索インデックスに追加します。
  2. 光学式文字認識(OCR) - 録画されたデモンストレーションやその他のスクリーンキャスト中にスクリーン上に表示された単語は、Panoptoによって認識され、タイムスタンプが付けられ、検索インデックスに追加されます。
  3. スライドの取り込み - PanoptoはPowerPointと直接統合し、スピーカーがプレゼンテーションを行っている間にスライドのテキストを取り込みます。このテキストを利用して、スライドに表示されている任意の単語を見つけ、即座に早送りすることができます。
  4. 手動で入力されたメタデータ - Panoptoは、ビデオのタイトルと説明に加えて、視聴者がビデオを見ている間に取ったコメントやデジタルメモをインデックス化します。
  5. オプションのトランスクリプション - Panoptoは、話し言葉、画面上のテキスト、PowerPointスライド、手動で入力されたメタデータを自動的にインデックス化することに加えて、検索可能で508条に準拠したクローズドキャプションを生成するためのトランスクリプションサービスをオプションで提供しています。



Panopto Smart Searchの概要
 

スマートサーチを使えば、大学や企業の関係者は、膨大なメディアライブラリを検索したり、個々のメディアファイル( )の中を検索したりして、話したり見せたりした言葉を探すことができます。スマートサーチは、パノプトのビデオコンテンツマネジメントシステム(VCMS)内、およびiOSとAndroid用のパノプトのアプリを介してモバイルデバイスからアクセスできます。

でどれだけ節約できるか?
動画を検索しやすくするには?

節約コストを計算

OpenSearch - 検索結果を共有するための業界標準

企業や高等教育機関のお客様は、SharePoint On-PremisesやWordPressなどの既存のコンテンツ管理システム(CMS)や、Blackboard、Moodle、Canvas、Desire2Learn、Sakaiなどの学習管理システム(LMS)とPanoptoを統合するケースが増えています。これらのポータルは、通常、独自の検索機能を備えており、また、組織の情報共有やコラボレーションの目的地となることが多いため、これらの製品との統合の重要な要素は、 検索フェデレーション であると言えます。サーチフェデレーションは、複数の検索エンジンの検索結果を1つのリストに表示することができます。

私たちのお客様は、さまざまなCMSやLMSを使用しているため、検索フェデレーションへのアプローチが既存の製品に適応できること、そしてオープンな業界標準に基づいていることを確認したいと考えました。そこで登場したのがOpenSearchです。

OpenSearch は、検索結果を共有するためのシンプルな XML ベースのフォーマットの集合体です。2005 年に発表された OpenSearch 規格は、過去 10 年の間に、主要なコンテンツ管理システム、 コラボレーションソフトウェア 、ウェブブラウザ、オペレーティングシステムに幅広く採用されました。現在、OpenSearch は、SharePoint On-Premises、Jive、EMC Documentum、Drupal、WordPress、Chrome、FireFox、Internet Explorer、Safari、Windows File Explorer、その他さまざまな製品やオンラインサービスでサポートされています。

Panoptoにおけるオープンサーチ

最新のリリースでは、パノプトの検索結果を他のアプリケーションと連携させることを容易にするために、OpenSearch規格を実装しました。


サーチビデオコンテンツの模式図 - Panopto Video Platform
PanoptoサイトはOpenSearchエンドポイントを公開し、他のアプリがビデオ検索結果をクエリに追加できるようにします。
 

PanoptoとOpenSearchの連携についてご紹介します。

  1. Panoptoの各サイトでは、OpenSearchのエンドポイントを公開しています。このエンドポイントは、他のシステムと安全に共有したい動画のフォーマット、URL、名前、説明、サムネイルを記述したファイルです。
  2. Panoptoを統合するアプリケーションは、その検索エンジンをこのOpenSearchエンドポイントに向けます。この設定方法は対象となるアプリケーションごとに異なりますが、SharePointを使った例を以下に示します。
  3. ユーザー名とパスワードは、アプリケーションの検索要求の一部としてPanoptoに提供され、検索結果がPanoptoからアプリケーションに安全に渡され、適切な文脈で表示されることを保証します。
  4. 検索結果は、入力された検索クエリごとにフェデレーションされ、単一のリストとして表示されます。


SharePoint Search Federationの設定 - Panopto Video Platform
SharePointでの連携検索クエリソースとしてのPanoptoの設定
 

Panoptoは、検索結果をRSSフォーマットで共有することもサポートしています。これにより、様々なアプリケーションにスマートサーチを組み込む際の柔軟性が高まります。検索結果は、動画名、サムネイル、メディアリンク、その他のプロパティを記述した要素を持つ、適切にフォーマットされたXMLドキュメントとして返されます。企業は、コンテンツ管理システム、ポータル、その他のアプリケーションに最も適した方法でXMLデータを統合し、フォーマットすることができます。

Webブラウザから直接Panoptoの結果を検索することができます。

OpenSearchの興味深いユースケースの一つに、Webブラウザがあります。Firefox、Chrome、Internet Explorer、SafariはすべてOpenSearch規格をサポートしているため、パノプトのお客様はウェブブラウザの検索バーでパノプトを検索エンジンとして使用し、スマートサーチの結果を直接ブラウザに返すように設定することができます。下のビデオをクリックすると、Firefoxでの動作例が表示されます。



FirefoxでPanoptoを検索プロバイダとして追加する
 

ビデオ検索は、企業や大学が情報を見つけてアクセスする方法の本質的な部分となりつつあります。OpenSearchは、技術にとらわれないフェデレーションのアプローチを提供し、実装を簡素化し、ユーザーがどのウェブサイト、ブラウザ、デバイスからでも検索機能にアクセスできることを保証します。

Panoptoのビデオ検索エンジンの詳細はこちら。
動画コンテンツをどこからでも検索できるようにしたいとお考えの方は、 無料トライアルをご希望の方は、今すぐ当社チームにご連絡ください

公開しました。2月12, 2015日