今日の消費者ブランドは、見込み客が来店してから帰宅するまでの、文字通り一瞬一瞬の顧客との対話が、ブランドを構築し、売上を伸ばし、リピートビジネスの基盤を築くために不可欠であることを認識するようになりました。現在、成熟したカスタマー・エクスペリエンス(CX)プログラムは、オンライン、オフライン、販売前、販売後など、ビジネスのほぼすべての側面に影響を与えています。

しかし、カスタマー・エクスペリエンス・マネジメントの手法が拡大しても、多くの消費者向け企業にとって、ある特定のCX分野は常に最も重要なものです。

リテール・マーチャンダイジングはカスタマー・エクスペリエンスに影響を与える

小売業のマーチャンダイジングとは、企業が販売する商品を陳列するためのデザインと構造のことであり、特に小売業においては、顧客に接する企業が顧客に適応し、顧客とコミュニケーションをとり、顧客を説得する方法として長い間定着しています。どのブランドが中央の棚に置かれるか、どのカテゴリーがフィーチャーされるか、さらには衝動買いを促進するためにどの商品を前列に置くかなど、今日のあらゆる小売環境の雰囲気は、大小さまざまなマーチャンダイジングの決定の結果である。

しかし、大きな組織のビジュアル・スタイリングを管理することは、フロアプランを記入するよりもはるかに複雑です。

今日のお客様は、お気に入りのブランドの店舗に入るときには、一貫性を求めるようになっています。サンフランシスコのダウンタウンにある店舗でも、テネシー州の田舎にある店舗でも、お客様は本当に慣れ親しんだ環境であるかのように店舗をナビゲートできることを望んでいます。

なぜなら、個々のブランドブロックや製品セクションをデザインすることは簡単でも、各店舗の最前線の従業員がマーチャンダイジングプランを迅速に理解し、正確に再現できるようにすることは容易ではないからです。

マーチャンダイジングプランの伝達には、ビデオが有効です。

従来、マーチャンダイジングの期待値を伝えるためには、ブランドは次の2つの選択肢のどちらかに多額の投資をする必要がありました。

  1. 新しいレイアウトの長大で複雑な図を作成し、会社からのメモとして提出する。
  2. マーチャンダイジングチームのメンバーを派遣して、主要な店舗に直接出向き、店舗の外観が仕様に合っているかどうかを確認するための費用を支払う。

しかし、メモは分かりにくく、誤解を生みやすいものでした。また、旅費が高騰し、多くのブランドがシーズンごとに店頭のディスプレイを何度も更新するようになったため、チームメンバーを派遣することは現実的に不可能になりました。

幸いなことに、より良い選択肢があります:ビデオです。  

 

 

ビデオがリテールマーチャンダイジングコミュニケーションをシンプルかつスケーラブルにする

大手企業が 動画を採用して学習・開発の取り組みを拡大していく中で、 大小問わず、シンプルなオンデマンド動画が、社員の情報共有方法の大幅な改善に役立つことを実感する企業が増えています。

小売店など、実店舗での接客を行う企業にとって、動画はマーチャンダイジングのコミュニケーションを飛躍的に簡素化するのに役立ちます。たった数コマのビデオでも、ディスプレイのサンプルを見て歩くだけで、何ページにもわたって書かれたテキストのメモではわからない説明図を明確にすることができます。今日のビデオ技術では、 マルチカメラでの録画も可能です。 これにより、マーチャンダイジングチームは、各店舗の新しいプランを完全に提示することができます。これは、チームメンバーを直接派遣することに次ぐもので、ROIも大幅に向上します。

何よりも、ほんの数年前までは、このような教育用コンテンツを定期的に制作・共有するには、専門のAVスタッフとの広範な調整が必要であり、現場のスタッフが視聴することは困難でしたが、今日の最新の 企業向けビデオプラットフォーム では、ビデオの録画と視聴のほぼすべての面で非常に簡単になりました。マーチャンダイジングチームは、ラップトップやモバイルデバイスから、ディスプレイのサンプルを撮影し、任意のカメラで複数のアングルから撮影することができます。また、小売店のスタッフは、個人のスマートフォンや店内のタブレット端末で簡単にチュートリアルを見ることができ、さらにそれらの端末をディスプレイの前に持っていき、ステップごとにフォローすることもできます。

ビデオマーチャンダイジングコミュニケーションは、ブランドにとって重要な店舗の外観を、スマートかつシンプルな方法で、お客様に正確に見せることができます。

あなたのビジネスがビデオを使って、コミュニケーションや情報共有の方法をどのように改善できるかを確認する準備はできましたか? パノプトのビデオプラットフォームの無料トライアル については、私たちのチームにお問い合わせください。

公開日:1月29, 2019