WindowsレコーダとリモートレコーダをHLS対応にする

Panoptoでは、お客様が常に最高のストリーミング体験を得られるように、ビデオプラットフォームを継続的に更新しています。12月2014のリリース(バージョン4.7)では、最新のストリーミング技術、具体的にはH.264とAACでエンコードされたHTTP Live Streaming(HLS)プロトコルで完全に構築された新しいメディアパイプラインを導入しました。HLSは、2009年にアップル社が発表したプロトコルで、その後、インターネットとイントラネットの両方のビデオ配信に最も広く採用されているストリーミングプロトコルです。パノプトでは、ウェブブラウザやデバイスの機能に応じて、HTML5やFlashを用いて、シングルフィードやマルチフィードの動画を幅広いデバイスに配信することができます。

4.7リリース以降、Windowsアプリとリモートレコーディングアプリでは、HLSプロトコルを使用してビデオをキャプチャし、ライブストリーミングを行っています。これまで、HLSに対応したレコーダーへのアップグレードはオプションとなっており、旧バージョンのレコーダーでも、WMVやVC1コーデックを使ってビデオをキャプチャしたり、Silverlight SmoothStreamを使ってストリーミングしたりすることができました。

お客様にHLSベースのストリーミングのメリットを享受していただくために、7月24日より、パノプトクラウドに接続するすべてのWindowsレコーダーとリモートレコーダーに、最新のリリースであるバージョン4.9を要求します。HLSのサポートに加えて、4.9のレコーダーには、最新かつ最高の機能、パフォーマンスの改善、バグの修正が施されています。オンプレミスやプライベートクラウドでPanoptoをお使いのお客様は、この要件の影響を受けません。もちろん、これらのお客様には、HLSのメリットや最新リリースのその他の改善点を享受するために、Windowsおよびリモートレコーダーの最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。

4.9へのアップグレードに関して、よくあるご質問にお答えします。

4.9以前のWindows Recorderを使用している場合はどうなりますか?
パノプトのホステッドクラウドをご利用のお客様は、7月24日にWindowsレコーダーを起動すると、レコーダーのアップデートを促すメッセージが表示されます。その際、「今すぐダウンロード」ボタンをクリックして、最新バージョンのソフトウェアをインストールしてください。詳しくはこちらの 説明書 をご覧ください。

Panopto Recorderバージョンの更新 - Panopto Video Platform


4.9以前のバージョンを使用しているリモートレコーダーにはどのような影響がありますか?
パノプトのホステッドクラウドをご利用のお客様は、7月24日よりリモートレコーダーのアップデートが必要となります。これを行うには、お客様のPanoptoクラウドのサイト([your-panopto-site].hosted.panopto.com)にログインし、最新のリモートレコーダーパッケージをダウンロードして、リモートレコーダーとして動作する各コンピュータにインストールします。詳細については、以下の 説明書 を参照してください。

Mac Recorderを使用している場合はどうすればいいですか?
変更の必要はありませんが、最新のバグフィックスや改良の恩恵を受けるために、常に最新かつ最高のバージョンのMac Recorderにアップデートすることをお勧めします。

今からアップグレードしてもいいですか?
そうですね。今すぐクライアントをアップグレードするプロセスを開始することをお勧めします。Panopto CloudインスタンスからのWindows RecorderとRemote Recorderのダウンロードは、すでにバージョン4.9に設定されています。今すぐアップグレードを開始することで、7月24日に旧バージョンのレコーダーが接続できなくなる前に、プロセスを完了することができます。

ご不明な点は、support@panopto.com までお問い合わせください。

ありがとうございます!そして、ハッピー・レコーディング

公開されました。7月16, 2015日