近年、動画はキャンパスでますます重要なツールとなっています。教育機関が教育へのアクセスを拡大し、能動的な学習方法を実施し、卒業生や家族とコミュニケーションを図り、学生が学習体験を自分のものにできるようにするために、動画は不可欠な要素です。

Internet2のBen Fineman にご参加ください。このラウンドテーブルQ&Aウェビナーでは、キャンパス動画の課題に対する実践的なソリューションについて議論します。パネルゲストは以下の通りです。

  • オーバーン大学、情報技術スペシャリスト、ラスティ・プレスリー氏
  • ブラウン大学 CISアカデミック・テクノロジー部門シニア・メディア・アプリケーション・スペシャリスト、カイル・スローン氏
  • ワシントン大学 アカデミックエクスペリエンス・デザイン&デリバリー、インフォーメーション技術、ディレクター、トム・ルイス氏
  • Laura Baldwin, Service Manager, Academic Experience Design& Delivery, Information Technology, University of Washington

ベンは45分にわたり、学術機関がキャンパス動画ソリューションに求めているものを中心に、以下のような議論を展開します。

  • 動画プラットフォーム購入のきっかけとなった初期のニーズ
  • 動画プラットフォームを選択する際の基準
  • キャンパス全体で動画を採用し、拡大するためのステップ
  • 導入のためのベスト・プラクティス
  • 動画の現在の使用例と将来予想される使用例

ウェブセミナーの視聴をご希望の方は、このページのフォームにご記入ください。

ウェビナーを見る