ミーティングがリモートのままでも、対面に戻っても、ハイブリッドに進化しても、ミーティングは二度と同じものにはなりません。

Zoom、Webex、Teamsなどのツールは、一般的な会議を一変させました。企業のコミュニケーションにおけるビデオ導入は、パンデミック後も継続して増加すると予想されますが、それだけではありません。

ビデオ会議の録画では何百万時間もの有用なビデオコンテンツが生成されますが、企業はその投資を活用して、録画された会議コンテンツから潜在的な価値を引き出していません。

Wainhouse社の新しいレポートによると、ビデオ会議ソリューションは今後も成長を続けると考えられています。調査によると、従業員の88%が仕事上の情報伝達にビデオが有効だと考えています。また、日常的にビデオ会議を利用しているユーザーの86%が、ビデオ会議を録画して将来的に利用できるようにしたいと考えています。

レポートの中でウェインハウスは、企業が利用できる3つの「ビデオ変革の戦術」を提案しています。

  • ビデオ会議の普及と影響力の拡大 
  • ビデオをインテリジェンスに変換するためのツールを特定する
  • ストリーミングプラットフォームの活用 

会議をより意味のあるものにするための方法については、このレポートをダウンロードしてください。

レポートのダウンロード