ビデオは高等教育機関において、学習やコミュニケーションの媒体として急速に普及しています。Panoptoは最近、若者のトレンドの専門家であるVoxburnerと共同で、学生がビデオ学習技術についてどのように考えているかを調べるために新しい調査を行いました。英国の135の高等教育機関から500人以上の大学生が参加しました。

ここでは、学生の回答から得られた10の重要な教訓を紹介します。

1.ほとんどの学生は、テクノロジーが学習体験を向上させると考えている。

90%の学生が「テクノロジーは私の学習能力を向上させる」という記述に同意または強く同意しました。

テクノロジーが学習プロセスを向上させると学生が感じた理由について、いくつかのコメントを紹介します。

  • "テクノロジーのおかげで、関連する情報を素早く簡単に見つけることができます。また、講師もより効果的な方法で情報を発信することができます。"
  • "学習障害のある学生として、テクノロジーは私の仕事を100倍向上させてくれます(...)。
  • "学習にはデータがすべて。粘土がなければレンガは作れない。テクノロジーは粘土を提供してくれる。"

 

2.大多数の学生は、『録画された講義は有用な教育ツールである』と考えている。

92%の学生がこの声明に同意しました。その理由を聞いたところ、次のような回答がありました。

  • "復習の時間に録音が役に立つ"
  • "講義で何かを見逃したり、必要なメモを取る時間がなかったり、あるポイントをもう一度確認する必要がある場合、オンデマンドの録画があることは必須です。"
  • "私は失読症なので、メモを取って講義についていくのが難しいのですが、講義を録音しておけば、聞き逃した部分を見直すことができます」。

 

3.ビデオは大多数の生徒にとって自然な学習媒体である。

大半の学生が既存の学習ツールを補完するためにビデオプラットフォームを利用している

調査対象となった学生の78%は、新しいスキルを身につけたり、知識を得るために、すでに YouTube や Vimeo などのオンラインビデオプラットフォーム を利用しています。具体的には、学生はオンラインビデオを、コースワークやプロジェクトに役立てたり、受験する大学を調べたり、新しい言語を学ぶために利用しています。

4.学生が通う大学のほとんどは、すでに講義の少なくとも一部を録画し、オンデマンドで利用できるようにしています。

  • 30%が「すべての講義が録画されている」と回答
  •  35%が、講義の一部が録画されていると答えました。
  • 35%が、自分の講義はまだ一度も録画されていないと答えました。

 

5.いつでもどこでもコンテンツにアクセスしたいという学生にとって、モバイル学習の重要性はますます高まっています。

また、「これがなければ生きていけないというテクノロジーは何ですか」という質問には、携帯電話が何度も出てきました。 ある学生は、携帯端末 の重要性を次のように要約した。

"・・・周りの人とつながり、情報を得て、関心を持ち、自分自身を教育することができます。"

 

6.学習用のハウツービデオの利用が急増しています。

33%の学生が、講師から「ハウツー」のチュートリアルビデオを渡されたことがあると答えています。

この数字は、昨年からほぼ倍増しています。

 

7.書籍よりもビデオでの学習を好む学生が多い。

私たちは、新しいテーマについて学んだり、調べたりするときに、どのような媒体を使うかを聞いてみました。その結果は以下の通りです。

学生は、本だけで学ぶよりもビデオで学ぶことを好む。

 

8.大多数の学生は、フォーマルな学習方法とインフォーマルな学習方法の融合が最も有効であると考えている。

学生たちに、最も効果的に学習できる環境について聞いてみました。

  • 28%が、よりフォーマルな環境(教室のような環境)を好むと回答しました。
  • 11%は、よりインフォーマルな環境(仲間との共同作業やオンラインでの情報収集など)を好むと答えました。
  • 61%が「インフォーマルな学習環境とフォーマルな学習環境が同じくらい好き」と答えています。

 

9.フォーマルな学習とインフォーマルな学習の融合を好む理由が明確であった。

さらに、フォーマルな学習とインフォーマルな学習の融合の重要性についてのコメントもありました。

  • "私は、情報を説明してもらい、基本的な理解を得たいと思っています。その後、自分で調べて興味のある分野を追求することができる」。
  • "私は普段から、仕事をする時間を決めておくことで、気が散らず、集中できるようにしています。また、内容を教えてもらうことで、より理解しやすくなります。インフォーマルな環境は学習をバックアップしてくれます。"
  • "私は環境によって学び方が異なります。個人的には、最初は構造化された環境で何かを学ぶ必要があります。しかし、非公式な環境では、より抽象的な方法でアイデアを探求することができるため、より深く理解を深めることができると感じています」。
  • "両方の方法から得られるものは違います。構造化されたクラスは、あなたが知るべき内容と基本を与えてくれます。そして、友人とのチャットや自主的な読書によって、これを拡大することができます。"
  • "教室では、情報を吸収するための一定の時間があり、気が散ることも少ないので、うまく学習できると思います。しかし、非公式な環境では、概念をより深く理解できることがあります..."

 

関連記事:Tracking The Digital Student Experience In Higher Education

 

10.自分でビデオコンテンツを録画する学生が増えています。

33%の学生が個人的なイベントや理由でビデオコンテンツを録画したと答え、10%が教育的な理由でビデオ録画を作成したと答えました。

 

パノプトが2018年に行った学生の学習動向に関する調査この調査を同僚と共有することに興味がありますか? ビデオトレンドインフォグラフィックの全容をダウンロードするにはこちら.