Aberdeenグループのアナリストによると、正式なオンボーディングプロセスを採用している企業の平均従業員維持率は86%であり、採用していない企業よりも30ポイントも優れています

適切に実行されたオンボーディングの重要性は、ほとんどの人事チームと学習および開発チームに知られています。また、従来よりもスマートな従業員のオンボーディングが、どのように役職の満足度、より良い仕事のパフォーマンス、組織的コミットメントを高めるかを示す追加の研究もあります。

今日のオンボーディングの内容は、多くの企業が新入社員にとって十分であると考えていた従来の迅速な導入研修をはるかに超え、新入社員がドアを通り抜ける前に始まり、少なくとも在職期間の最初の90日間は続く新人の期間に効果を発揮します。

新入社員のオンボーディング:何が含まれていますか?

現在のオンボーディングには、新しいスキルトレーニングから福利厚生パッケージに関するコミュニケーション、エグゼクティブのウェルカムメッセージ、非公式のチームビルディング演習まで、さまざまなアクティビティが含まれる場合があります。オンボーディングプロセスの形式が何であれ、最終的な目標は同じです。つまり、新入社員をできるだけ早くスピードアップし、より広いチームに統合するプロセスを開始することです。前者は、新入社員ができるだけ短い時間枠で仕事に効果的であることを保証し、後者は、忠誠心と定着率を高める職場の絆を固める上で役立ちます。Panoptoが動画を従業員のオンボーディングプロセスに統合

テクノロジーは、企業のトレーニングとコミュニケーションのほぼすべての側面で使用されているため、新入社員のオンボーディング活動を改善する上で重要な役割を果たします。そして、ますます多くの企業にとって、その「e-オンボーディング」エクスペリエンスの重要な要素は動画です。

動画オンボーディングには、次のような利点があります。

  • スタッフが、
    オンデマンドでトレーニング資料を見直せるようにすることで、新しい学習を統合できる能力を身に付ける。従来の教室ベースのトレーニングと比較して大幅な節約を実現することで、企業がコスト・パフォーマンスに優れた規模でオンボーディングできる可能性。
  • より一貫性のあるメッセージングを作成する機会 – チームが異なるオフィスの場所に分散していて、従業員をリモートでオンボーディングする場合は特に重要です。
  • 「エンゲージメントファクター」 – 動画は、書面による文書では失われることが多いスタッフの文化や慣習のニュアンスを捉えることができるという事実。これは、新入社員が新しい組織でのやり方に慣れるのを助ける上で重要な要素になる可能性があります。

もちろん、動画は、オンサイトとリモートの両方のオンボーディングを改善するために、さまざまな方法で使用できます。また、独自のオンボーディング動画を作成することは、予想するほど難しくはありません。Panoptoの無料の動画およびスクリーンレコーダーを使用すると、リンクをクリックして、録画入力を選択し、録画ボタンを押すのと同じくらい簡単です。

動画オンボーディングプログラムを構築するためのシンプルで無料のソリューションが必要ですか?

Panopto Expressで録画を開始>>

 

新入社員を歓迎するために、これら5種類のオンボーディング動画を作成してみてください。

5種類の従業員オンボーディング動画を作成してみよう

 

1.「チームへようこそ」オンボーディング動画

新入社員がその勤務を始まる前であっても、チームの一員であると感じるほどスタッフの関与の舞台を設定するものはありません。動画を使用すると、新入社員がオフィスに足を踏み入れる前に連絡を取り、ドアを通り抜けたときに自宅にいるように感じることができます。

ウェルカム動画メッセージは、会社のCEO、新入社員のラインマネージャー、または到着時に一緒に作業するスタッフの主要メンバーからのものである可能性があります。メッセージを伝える人は誰でも、このタイプのアウトリーチは初日の緊張を和らげ、多くの従業員が長期間勤務することを想定している会社に求める、包括的で魅力的でオープンな企業文化を示します。

 

 

2.「知識の引き継ぎ」動画

多くの新入社員は、以前に同じ仕事をしていた人から直接引き継ぎを受けることはありません。これは、次のスタッフが主要なスキルを習得し、さまざまなプロセスの複雑さを理解するのにかかる時間に大きな影響を与える可能性があります。企業は、このギャップを埋める方法として動画コンテンツを検討し始めており、新入社員が到着したときに参照するために、その仕事から出立するスタッフメンバーから重要な知識を取得しています。

 

 

3.「主要な会社方針」のオンボーディング動画

ほとんどの導入プロセスの重要な部分は、新しい初心者に重要な会社の方針の概要を説明することです。これは、対面式のプレゼンテーションを介して行われることもあれば、関連するプロセスと手順に関する広範なドキュメントを新入社員に提供することによって行われることもあります。

与えられる情報の多くは複雑で詳細であるため、これらの配信モードは理想的とは言い難いものです。ただし、経験豊富な人事担当者が動画コンテンツを使えば、新人さんが記憶をリフレッシュする必要がある場合に、将来見返すことができる魅力的な形式で複雑な方針をビギナーでも理解できる言葉で概説することができます。

 

 

4.「クイックスタートジョブスキルトレーニング」動画

もちろん、新入社員の仕事のやり方に最も大きな影響を与えるオンボーディングプロセスの一部は、日々の活動に合わせて特別に調整されたトレーニングです。動画トレーニングは、オンボーディング手順をしばしば悩ませるような「情報過多」を軽減するのに役立ち、新入社員に、短時間で仕事をする方法についての大量の学習を効果的に吸収するための最良の機会を提供します。

Panoptoのような動画コンテンツ管理システムでは、オンデマンドで再生するオプションを提供するだけでなく、従業員が自分のメモを録音に追加したり、他の同僚と共同メモを作成して、録音されたトレーニングをさらに活用したりできます。

 

 

5.「些細なことが重要」動画

働き始めたばかりの会社で、備品のコピー機の特定のモデルをどのように使用するかわからないことに気付いた経験はどれくらいありますか?あるいは、建物内を移動する方法がわからないことはどうでしょうか?または、重要なドキュメントがどこに保存されているかわからないということはどれくらい頻繁にありましたか?すべての新入社員から文具の注文を行う方法やエレベーターのコードについて質問されるまで待つのではなく、オフィスの基本に関する一連の短い動画チュートリアルで全員の時間を節約できます。

 

動画で従業員のオンボーディングを強化する15の方法

動画オンボーディングについてさらに詳しく

適切な動画プラットフォームとオンボーディングプログラムを導入することで、従業員は詳細を学び、より多くのつながりを感じ、忠実な時間を長く維持し、企業にとって大幅なコスト削減を実現できます。

最新のホワイトペーパーでは、オンボーディングプログラムで動画を使用する利点について詳しく説明します。ぜひいますぐに無料でダウンロードしてください:

ダウンロード:「動画で新入社員のオンボーディングを強化する15の方法