少し前に、アパラチア州立大学のThomas Mueller教授がウェビナーに参加し、彼のオンライン授業の経験と、これからウェブベースのコースを開催したいと考えている人にお勧めしたい7つの注意点を紹介してくれました。

ミューラー教授のプレゼンテーションをSlideShareに追加しましたので、以下にその概要をご紹介します。

 

 

 

では、ミューラー博士が考える、オンラインビデオを成功させるための7つの留意点とは?

1: "ポータル "を定義する

生徒が講師であるあなたと交流したり、課題を受け取って返却したり、質問を投稿したり、他の生徒とディスカッションをしたりするための場所が必要です。

多くの学校では、すでにLMSの形でそのようなウェブサイトが確立されています。例えば、アパラチアン州立大学ではMoodleを使用しています。

2: オンライン・コミュニケーション・チャンネルを最大限に活用する

ポータルサイトだけでなく、さまざまなコミュニケーションチャネルを使って授業を行う方法を考えておくことも重要です。

電子メールやメッセージングツールは、1対1または1対多の特定のメッセージを伝えるだけでなく、相互作用の仮想ペーパーを作成するのにも便利です。

学生フォーラム、ニュースフォーラム、FacebookやGoogle+などのソーシャルグループ、その他関連するWikiページは、選択したトピックについてクラスでの議論を促進するのに役立つツールです。

Panoptoのようなインタラクティブオーディオ/ビジュアルツールは、オンラインクラスのエンゲージメントを高め、講義の経験をよりよく再現するための貴重な手段です。

また、学生のパフォーマンスを測定するためには、テスト、クイズ、課題提出などのツールが必要となりますが、ポータルにはこれらのツールはありません。

3: 学生にコネクティビティの計画を求める

これは、ポータルやその他のオンラインシステムとの互換性を確保するために、最新のWebブラウザにアップデートすることや、信頼性の高い合理的に高速なインターネットへのアクセスを確保することを意味する場合があります。

どのような方法であっても、接続とアクセスは学生の責任であることを前もって明確にし、学生がここで失敗しても、授業を欠席したり、課題を延滞したり、オンライン活動に参加しなかったりすることは許されないことを明確にすることが重要です。

その4:モバイル対応を期待する学生へ

学生がウェブアクセスやコンピューティングのニーズを満たすために、ますますモバイルデバイスを利用するようになってきているのは周知の事実です。学生の中には、従来のデスクトップやラップトップを持たず、タブレットやスマートフォンだけで授業のオンライン要素にアクセスしている人もいることでしょう。

そのため、ポータルや使用予定のオンライン・コミュニケーション・ツールのモバイル機能を確認しておくとよいでしょう。多くのポータルや学習ツールには、 ネイティブ・モバイル・アプリが用意されています。また、ほとんどのポータルや学習ツールは、ウェブサイトのモバイル専用バージョンを提供しています。

学校のポータルがモバイルを考慮していない場合や、特定のアクティビティがデスクトップやラップトップのブラウザに制限されている場合は、学校の技術チームに相談して、「モバイルファースト」の学生のための回避策や代替手段を検討してください。

5: ITサポートを事前に検討・テストする

すべての学校のシステムは少しずつ異なっており、テクニカルサポートを提供するための手順も学校ごとに異なります。

授業の初日までに使用する予定のものをすべてテストし、必要に応じてサポートを受ける方法を理解しておくとよいでしょう。どんなシステムにもダウンタイムがあります。予期せぬ技術的な問題が発生した場合の対応方法を理解しておくことが大切です。

同様に、学生が技術サポートにアクセスする方法を教えておくことも重要です。また、技術的な問題は一般的に学生自身が管理するものであり、技術的な問題があったからといって、コースへの参加や課題の締め切りが免除されるわけではないことを、教室の方針として必ず伝えてください。

その6:アカデミック・インテグリティを貫く

ウェブは匿名性が高いため、ユーザーの中には、あまり悪質ではない行動をとれると考える人もいます。早めに授業の方針を決め、従来の授業と同様に、オンライン上での誠実さについては自主規制を期待することを全員に伝えましょう。最初の授業をこのテーマについてのディスカッションに充てるのもいいかもしれません。

さらに完全性を確保するためにテクノロジーを導入したいと考えた場合、テストのオンラインプロクタリングツールの使用を検討することができます。Panoptoのようなビデオキャプチャーソリューションを使えば、録画、アップロード、レビューを簡単に行うことができます。

7: 積極的なアプローチをする

オンラインコースを成功させるためには、最初に期待値を設定し、初日から必要なものがすべて用意されていることを確認することです。

生徒の中には、これが初めてのオンライン授業となる人もいるでしょう。彼らがどのようにオンライン学習に取り組むべきか、また、あなたがどのようなインタラクションを期待しているのか、期待を持たせてあげたいと思います。

ドキュメントからメールアドレス、フォーラムへのリンクまで、学生が必要なものをすべて見つけられるようにし、クラスの期間中、これらの情報やツールを一貫して使用するようにします。

最後に、あなたが選んだテクノロジーを受け入れ、使いこなすことです。学生は、あなたが導入したオンライン学習ツールで何ができるのか、何をすべきなのか、あなたが手本を示してくれることを期待していますし、使い方に関する基本的な質問に答えてくれることも期待しているでしょう。他のツールと同じように、使い方を本当に理解していれば、オンライン学習テクノロジーをより有効に活用することができます。

オンライン授業を可能にするレクチャーキャプチャーソリューション をお探しですか? Panoptoを無料でお試しいただけます。