PanoptoのSoftware-as-a-Service ビデオプラットフォーム は、柔軟性を重視して設計されています。Panoptoのビデオは、ほぼすべてのコンピュータやモバイルデバイスで見ることができます。どのウェブブラウザからでもビデオライブラリにアクセス、管理、検索することができます。

また、講義やイベント、プレゼンテーションなどの映像を撮影する際には、自分の好きな機器で録画することができます。

当社のビデオ録画およびライブウェブキャスティングアプリは、幅広いビデオカメラ、キャプチャカード、およびUSBデバイスで動作する柔軟性を備えています。これには、低コストのUSBウェブカメラやモバイルデバイスから、プロシューマービデオカメラ、プロフェッショナルカメラ、IPカメラ、専用の職場記録ツール、さらにはリモート制御パン/チルト/ズーム(PTZ)システムまで、あらゆるものが含まれます。

講義の録画やイベントのストリーミングをサポートするビデオキャプチャハードウェアの中で、ソニーのPTZカメラのラインは群衆の中で際立っています。具体的には、SRG-120DH、SRG-300H、発表されたばかりのSRG-120DUなどの同社のSRGシリーズのカメラは、当社のビデオプラットフォームでテストおよび認定された最高品質のカメラの1つです。

ソニー PTZ カメラでレクチャーキャプチャと教室での録画

左から右に向かって今回発表された「SRG-120DU」、「SRG-300H」、「SRG-120DH」。

講義やイベントの記録に適したカメラの特徴とは?

1.最高の講義録を生み出す光学的品質

それは素晴らしい光学系から始まります。3台のカメラはすべて、最大で1080pの解像度、60fpsのビデオを撮影し、ライブストリーミングすることができます。これは、業界で初めて60fpsのオンデマンドとライブストリーミングに対応したパノプトのメディアパイプラインと完璧にマッチしています。 以前のブログ記事 で説明したように、60fpsはオンラインビデオ配信の新しい基準となります。60fpsは、最もリアルな映像を提供し、ブレや映像の乱れを抑え、視聴者に実際に部屋の中でプレゼンターと一緒にいるような感覚を与えることができます。

SRGシリーズの光学的品質は、ソニーの高速EXMOR CMOSセンサーとView-DRテクノロジーに起因しています。これらの技術を組み合わせることで、非常に広いダイナミックレンジを実現しています。企業や大学にとっては、中小規模の会議室のような低照度下での撮影や、投影された映像の横にプレゼンターが立っているようなハイコントラストな状況での撮影に適していると言えます。

無料の電子書籍をダウンロードする:講義をキャプチャするための部屋を設定する方法

 

2.多くの教室に最適なハイズーム機能

高画質であることに加え、12倍(SRG-120DH、DU)、30倍(SRG-300H)の光学ズーム機能を搭載しています。SRG-120DHおよびDUは、会議室や役員室、小・中規模の教室に最適です。SRG-300Hは、大規模なレクチャーホールやオーディトリアムで、部屋全体を見渡したり、プレゼンターに近づいて撮影したりすることができます。いずれの場合も、光学ズームを使用しているため、ズーム範囲内で1080p/60のフル画質を維持することができます。

 

SRG-300HとSRG-120DHの概要について

 

3.HDMIまたはUSB3接続で簡単セットアップ

カメラをPanoptoのラップトップやデスクトップに接続する場合、SRG-120DHと300HはHDMI出力を備えています。キャプチャーマシンとしてデスクトップを使用する場合は、 Datapath のようなビデオカードを使用すると、高性能なデータ転送でHDMIに直接接続できます。ノートパソコンでビデオをキャプチャする場合は、Magewell の XI100D のようなポータブルHDMI-USB3ドングルを使用すると、高速で高品質な接続が可能です。いずれの場合も、カメラを接続するとすぐに、Panoptoはビデオキャプチャソースとして自動的に認識し、デフォルトでは最高品質の録画とストリーミングのためにカメラを設定します。

ソニーは今朝、SRG-120DUをUSB3経由で直接接続することを発表しました。 これは、プロ品質のこのカメラをウェブカメラのように簡単に使用できることを意味しています。カメラをノートPCやデスクトップPCのUSBポートに接続するだけで、Panoptoを使った録画やライブストリーミングの準備が整います。このカメラはUSB Video Class(UVC)ドライバーを使用しているため、追加のドライバーをインストールする必要はありません。このカメラは、真のプラグアンドプレイで放送品質のビデオを提供します。

4.リモコンで簡単撮影

カメラの操作は、付属の赤外線リモコン、またはソニーのリモートコントローラーRM-IP10を使って簡単に行うことができます。RM-IP10の優れた点は、IPネットワーク上でカメラをコントロールできることです。この機能は、Panopto社の リモートレコーディングソフトウェア を使用するイベントや講演会で特に有効です。ビルの別の場所やキャンパス内のコントロールルームから、リモートレコーディングアプリとRM-IP10を組み合わせることで、AVチームはカメラをパン、チルト、ズームしながら撮影されているイメージを見ることができます。すべてのPTZ機能は無音で、カメラはデスクトップや天井に取り付けることができるので、小さな教室や会議室でも目立たないようになっています。

5.イベント用マルチカメラ録画& デモンストレーション

最後に、ソニーのSRGカメラは、Panoptoのマルチカメラおよび 分散型ビデオキャプチャー のサポートと見事に調和しています。大学や企業が複数のカメラアングルでイベントを記録する場合、複数のSRGカメラを1台のPanoptoキャプチャーPCに接続するか、あるいはロジスティックなセットアップに応じて異なるPCに接続することができます。どちらの方法でも、Panoptoは自動的にビデオフィードを同期させ、ウェブベースのビデオエディターを使えば、ポストプロダクションでのカメラ切り替えも簡単です。

 

講義やイベントの記録についてもっと知る

私たちは現在、シアトル本社で2台のSRGカメラを使用し、会議やプレゼンテーションの録画やライブストリーミングを行っています。これらのカメラは、Panopto社の誰もが感銘を受けており、非常にお勧めできる製品です。

ソニーのPTZカメラとPanoptoが、講義の録画、ビデオプレゼンテーションの撮影、イベントのライブストリーミングに最適なソリューションであることについては、 までご連絡ください。 デモのご依頼

無料の電子ブック

講義録画用のルームを設定する方法