より良い教室は、より良い会議を引き起こすことができるか?

アマゾンやリンクトインのようなイノベーターは、企業の観点から見ると、 会議の形式を反転させるという点では最先端を行っているかもしれませんが 、大局的には遅れをとっています。

アカデミアは10年以上前から、 反転授業 で先導してきました。

反転授業 のコンセプトは、教育と同様に古くからある問題を解決するために生まれました。つまり、個人の学習速度が異なる場合に、グループ全体を効果的に教える方法です。何世紀にもわたって「講義& 宿題」という古典的なシステムが続いた後、学習速度の速い人も遅い人も教師のペースに合わせることを余儀なくされていましたが、新しいモデルが登場しました。

反転授業は企業の会議にも最適なモデル

反転授業では、学生は授業の前にその日の授業内容を で確認します。 。また、授業の前には、Panoptoなどのソフトウェアを使って事前に録画しておいた短い講義のプレゼンテーションを行います。これにより、学生は必要に応じて資料を読み直したり、ビデオを巻き戻したりして、各科目を学ぶのに必要な時間を取ることができます。

教室では、先生がガイド役となって、準備の整ったクラスでディスカッションをしたり、毎日の課題(旧モデルでは宿題)に取り組んだりします。疑問が生じたときには、家に帰ってから推測するのではなく、クラスメートや先生が近くにいるので、準備時間があったことで、生徒たちは活動に集中することができます。

反転授業では、学生が授業を受けるのに必要な柔軟性を与えた上で、授業時間を有効に活用し、学生が自分で考え、仲間と確認し、教授と意見を交わすことができるようにします。

反転授業は実際に効果があります。事前に資料を確認したり、講義をインタラクティブな作業セッションに変えたりすることで、エンゲージメントやテストのスコア、長期的な学習全体に統計的に有意な改善が見られるという研究報告があります。

アマゾンやリンクトインをはじめ、世界中の何百ものインテリジェントな企業が、反転させたコンセプトを会議に活用しています。

最新の無料ホワイトペーパー「Turn Your Meeting On Its Head: A guide to flipped meetings」を今すぐダウンロードしてください。

おすすめ記事