• 未分類

マイクロソフトがビデオで犯した数百万ドルの過ちを繰り返さないために

そこで、2007年にある先進的な企業が、知識の共有、トレーニング、エンゲージメントを目的として、従業員が作成したコンテンツのためのビデオポータルを作成しました。

その会社がマイクロソフトだった。 そのシステムの構築と維持にかかる費用は、最初の3年間で620万ドル、直接的なITコストだけで249万ドルである。  

同社はこれをマイクロソフト・アカデミーの動画ポータルと呼んでいるが、コストに見合うものであったと言うだろう-同社は、ROI 、年間1,390万ドルのコスト削減を達成したと述べている。 システムの成功を詳述したホワイトペーパー.反論するのは難しい数字だ。

しかし、ほとんどの組織にとって、この値段は高い。 特に今日では、動画コンテンツ管理システム(動画CMS)技術がその何分の一かのコストで容易に入手できるようになったため、そう言える、特に今日では、動画管理システム(CMS)技術が、そのわずかなコストで容易に利用できるようになったため、社内の動画ライブラリを立ち上げることが比較的容易になり、録画ライブ配信、編集、閲覧、トランスコーディング、レポート作成などを可能にする機能が完備されている。

 

そもそも、なぜビジネス動画ライブラリを構築するのか?

マイクロソフトは、いくつかの目標を念頭に置いてアカデミー・ポータル・プロジェクトを開始した:

  • 高価な講師によるオンサイトトレーニングやその他のライブイベントの数を大幅に減らし、開催されたライブイベントの映像をより簡単に共有すること。
  • サブジェクト・マター・エキスパートによるナレッジ共有を促進すること(ここでは、「あなたの組織のほぼ全員が何らかの形でSMEである」とも指摘されています)。
  • 特に、異なるチーム間でのナレッジ共有のスピードと利便性を向上させ、企業の競争力を高めます。
  • オンデマンドで視聴可能なビデオコンテンツの集中管理を社員に提供する。
  • モバイルアップロードやコンテンツの検索・購読など、ビデオ関連の追加機能をユーザーに提供するため。
  • 階層的ではなく、よりオープンな企業文化を奨励すること、そして最後に
  • 人々が持つ3つの重要なニーズ、すなわち「共有」「学習」「接続」を満たすことで、従業員のエンゲージメントを促進する。

上記の目標を念頭に置き、マイクロソフトは、4つの主要なビジネスシナリオと考えられる共通のニーズに対応するため、アカデミーポータルの開発に着手しました。

  • マネージャーやその他の主要な意思決定者による知識の共有。
  • 高価なオンサイトの社員研修の代わりになります。
  • 会議をはじめとする大小のイベントへの代役
  • ピアツーピアの知識の共有と学習。

 

マイクロソフトのエンタープライズYouTubeを構築する

企業向けYouTubeであるアカデミー・ポータルの構築は、大規模な事業だった。 以下はその一部である:

  • 社内の膨大な利害関係者からなる経営幹部の承認
  • カスタムソフトウェアエンジニアリングは、単一の全社的なライブラリ、デバイス間で動画を再生可能にするトランスコーディング、個々の動画にタグ付けして共有する機能など、動画管理の本質の一部を作り出そうとしている。
  • 動画ポッドキャストの作成と管理を支援するために、専用の予算と従業員を備えた動画ポータル・コンテンツ・チームを設置する。
  • 社内の従業員へのプロモーションとマーケティング。これには、従業員へのビデオカメラの貸与や、プラットフォーム・ブランドの確立とプロモーションのためのマーケティング会社の起用が含まれる。
  • コンテンツのアップロード、検索タグの追加、コンテンツ説明文の作成などを支援する専任スタッフを含む、カスタム・コンテンツ管理サービス

それ以来、マイクロソフトは、継続的なメンテナンス、継続的な技術強化、プログラムと製品の管理、およびプロモーション活動のために、さらなる費用を負担してきました。

 

その価値はあったのか?マイクロソフト、ROIを算出

マイクロソフトは、ケーススタディの最後に、Academy portalについて算出した投資収益率を詳しく説明していますが、その結果は驚くべきものでした。カテゴリー別に見てみると

  • 教室でのトレーニングを代替する場合、ROIは18倍になると計算されました。
  • 小規模な対面イベントへの置き換えでは、ROIは5倍となりました。
  • また、大規模イベントの代替では、ROIは79倍でした。

"3年の寿命の間にアカデミーに費やしたお金は、全体で1年あたり約210万円でしたが、1年あたりで節約・回避できたコストは約1,390万円でした。3年間のROIは569%と見積もられています」と、彼らのケーススタディは述べている。

 

コスト比較。もしもマイクロソフトがVCMSを買っていたら?

マイクロソフトにとっては、ビデオコンテンツ管理システムを構築するための膨大な努力、高額な費用、そして長いプロセスに見合うだけのメリットがありました。

しかし、もし彼らが代わりに1つを調達していたとしたら?

まず、マイクロソフトはお金を貯めていたでしょう。

マイクロソフトは、アカデミーポータルの価格620万ドルのうち40%(総額249万ドル)を、ハードウェアやソフトウェア、管理、ホスティング、サポート、導入などのIT関連の直接費用に充てています。残りは、プログラムマネージャーやアカウントマネージャー、ビジネスオペレーション、マーケティングプロモーションなどの間接費や運営費に充てられています。

マイクロソフトのような巨大なグローバル企業で、全社的に動画CMSを一斉に導入する場合、3年間のアカデミーポータルの導入率からすると、Panoptoのようなオンプレミス型の動画CMSを導入すれば、7桁のコスト削減になる。 多くの組織(たとえ大組織であっても)は、マイクロソフトが支払った費用のごく一部で済むだろう。

第二に、マイクロソフトはより高度なビデオプラットフォームを手に入れたでしょう。

マイクロソフトは、VCMSを調達するための費用が少なくて済んだだけでなく、数年にわたるセットアッププロセスを経ることなく、計画したすべての機能とそれ以上の機能をすでに備えた、完全で機能的なVCMSに、事実上すぐにアクセスすることができました。

そこで、組織全体でビデオを実現するためには、どちらが良いのでしょうか。作る」か「買う」か?

完全な議論、コストと機能の比較、そしてその質問に対する答えについては、最新のホワイトペーパー「あなたの会社のYouTube」をダウンロードしよう:構築か購入か?