現代の保険会社が市場での優位性を得るためにビデオをどのように活用しているか

今日の保険会社は困難な状況にあります。

これまでのところ、新世紀の大災害事件の急増により、通信事業者はCATの貯蓄予算を上方修正することを余儀なくされ、コスト管理に新たな圧力がかかっています。

損害保険会社にとって、多くのダイレクトライターの電子商取引の成功は、従来の独立したキャプティブエージェントチャネルを同様に覆し、大規模で名高い組織に、より小さな市場で競争するか、収益性を追求するために重要で困難なビジネス変更を行うように促しました。ICON - CTA - 保険会社向けビデオ - Panopto Video Platform

一方、米国の健康保険組織は、アフォーダブルケア法によって生み出された新しいビジネス環境への対応を任されています。特に、サポートされているものとサポートされていないもののすべての変更について、最後の法廷闘争を監視することを意味します。

全体として、人口統計としてのエージェンシーチャネルは老朽化が進んでおり、継続性が懸念され、エージェンシーネットワークとコンソリデーターの新しい波への扉が開かれ、保険エージェンシービジネスの様相が急速に変化しています。

さらに、規制機関、判例、政府の監視など、すでに非常に複雑で難解なシステムの上に、これらのことが行われています。

保険業界は、怪我や紛失時に人々が回復するのを助けるために絶対に不可欠な製品を提供しています。しかし、そのすべての監督、これらすべての要件、および大規模な変更コストのおかげで、保険契約を魅力的な読取りと見なす個人はまれです。

このチャンスをお見逃しなく

コストアップ。労働力の高齢化。 このような状況の中で、保険会社は優位性を得るためのツールを必要としています。つまり、自分自身を際立たせることが難しいように設計された市場の中で、優位性を生み出すためのツールです。

そして、ますます多くの保険会社にとって、ビデオはそのツールとなっています。最新のホワイトペーパー、 9 Ways Insurance Carriers Are Driving Down Combined Ratios - with Video では、保険会社がトレーニングやコミュニケーションの規模を拡大したり、退職した専門家の知識を維持したり、顧客やチャネルパートナーとの関係を強化して競争上の優位性を生み出すために活用している、今日の最も一般的なビデオ戦略について詳しく説明しています。

今すぐダウンロードください。

公開しました。2月12, 2015日