E-Learningは大人の学生に適しているか?

本日、Times Higher Education紙は、英国の高等教育機関が今年、記録的な数の熟年学生をコースに受け入れたと報じている 講義室 - Panopto e-Learning Video Platform

英国の大学入学者選抜機関であるUCASが発表した最新のデータによると、20歳以上の学生の入学許可は6%増、25歳以上の学生の入学許可は7%増となっています。

大学にはますます多様な学生が集まるようになり、「伝統的な」学齢期の学生と、長い空白の期間を経て教育現場に戻ってくる学生とでは、学習やサポートのニーズが異なることを考慮しなければならなくなっています。これは、教室での学習テクノロジーの役割について、興味深い問題を提起しています。結局のところ、教室や講義室へのテクノロジーの統合拡大を切望しているのは、成熟した学習者ではなく、デジタル・ネイティブではないのか?e-ラーニングは大人の学生にも適しているのだろうか?

さて、サリー大学のレポート「Understanding the Support Needs of Mature Students」に詳述されている最近の研究によると、成熟した学生は、非成熟した学生に比べて、授業中のテクノロジーに自信があると強く同意する傾向が低いことがわかりました(それぞれ47%に対して28%)。しかし、興味深いことに、これらの「非伝統的」な学生は、伝統的な学生に比べて、 e-learning に対して全般的に肯定的であった。これは、家庭や仕事などの優先事項と学業とのバランスをとるために、テクノロジーを活用した学習が役立つ可能性があるからではないかと研究者は推測している。

成熟した学生がeラーニングや学習テクノロジーに肯定的な理由は他にもある。ニューカッスル大学の成熟した学生であるDaniel Doyle氏は、 のゲストブログに投稿した記事の中で、講義のキャプチャやビデオ録画が彼の学習経験に与えた影響について詳しく述べています。録画された講義へのアクセスは、「私の学習経験を向上させ、試験の復習のための非常に貴重なリソースとなっている」と投稿しています。

ドイルは、なぜこのような録音が役立つのかを詳しく説明してくれました。最初のポイントは、彼自身が(自分の言葉で)「紙のメモを取るのが下手」だということです。これは、彼が大人の学生であることと直接関係しています。結局のところ、仕事というのは、スタッフが大量のメモを取らなければならないような仕事はあまりないのです。

Panoptoのレクチャーレコーディングでは、学生が必要とする時にレクチャーの関連セクションを再生し、キャプチャされたセッションにデジタルノートを追加することができます。また、ライブの講義では、学生は同時にノートを取ろうとするのではなく、言われていることに集中することができます。これにより、学生はライブ講義の全体像をよりよく理解することができ、自分の都合のよい時間に学習内容を定着させたり、ノートを書いたりすることができるので、プレッシャーが軽減されます。これは、家庭を持っている学習者や、学業と仕事を両立している学習者にとって、特に重要なことです。

Daniel氏のブログでは、もう1つの意外なポイントとして、録画を利用して学生同士の対面でのディスカッションを促進する方法が挙げられています。e-learningは学生を孤立させ、実社会での交流を妨げているという批判もありますが、Danielは講義の録画を再視聴するために集まった研究グループを結成し、重要な学習ポイントを議論し、共同でメモやブックマークをしたことを話しています。多くの教育機関では、成熟した学生が大学の活動に参加するのは難しいと考えられていますが、それは多くの場合、学校を卒業した年齢の学生に合わせて作られています。しかし、オンラインで利用できるリソースを増やすことで、教育機関は成熟した学生が自分の都合の良い時間に仲間とコラボレーションできるようにします。これは、他の仕事と両立している「非伝統的」な学生にとって、特に重要なことです。

サリー大学の報告書が示唆するように、成熟した「非伝統的」な学習者は、eラーニングが提供する可能性について非常に肯定的である。教育システムへの入学者数が増加していることから、教育機関は、若い「デジタル・ネイティブ」の学習におけるテクノロジーの役割を再考しなければならないのと同様に、このグループの学習者のために学習テクノロジーをどのように統合するのがベストかを検討する必要がある。

ますます多様化する学生の学習ニーズをサポートするために、Panoptoがどのように役立つかを知りたい方は、 無料トライアルにサインアップする または デモをリクエストする ビデオプラットフォームソフトウェアを今すぐご利用ください。

公開:8月 22, 2014