レクチャー2.0。サフォーク大学がPanoptoを導入し、従来のクラスルームとバーチャルクラスルームの両方を充実させる

Praneeth Machettira氏は、教室での経験は黒板に書かれたノートだけではないことを知っています。

サフォーク大学のロゴ - Panoptoのケーススタディ

ボストンにあるサフォーク大学ソーヤー・ビジネススクールでは、8年以上にわたり、学生が机に向かうことなく、新しい概念の習得、重要なアイデアの研究、重要な教材へのアクセスを可能にする情報技術インフラを構築してきました。

テクノロジーと学習の関連性を鋭く理解している彼は、多くの新技術をいち早く導入し、Sawyer Business Schoolは、サフォーク大学のネットワーク全体でテクノロジー導入のトップドライバーの1つとなっています。

そのため、Sawyer Business SchoolがオンラインのMBAプログラムを学部プログラムにも拡大する計画を立てたとき、技術担当ディレクターであるMachettira氏は、サフォーク大学の増加するバーチャル学生をサポートし、キャンパスにいる学生の体験を豊かにし、大学の既存の技術インフラとシームレスに統合できる革新的な技術ソリューションが必要であると考えました。

レクチャーキャプチャーを探る 前提条件

秋学期には新しいオンラインコースが予定されており、Machettira氏は、ITチームが教授陣や学生の進化するニーズに対応できるよう、新しい講義キャプチャソリューションの評価を始めました。彼の主な目標の1つは、オンラインの学生にメリットをもたらすだけでなく、ウェブに精通しつつあるサフォークのキャンパスにも対応できる講義キャプチャソリューションを見つけることでした。

大学がBlackBoardを導入したことで、サフォークのコミュニティではオンラインサービスへの依存度が高まっていました。教授たちはBlackBoardを定期的に利用して、講義のPowerPointスライドを掲載したり、補助教材へのリンクを提供したり、教室での議論を喚起するフォーラムを作成したりしています。大学の新しい環境保護活動も、このウェブ移行に拍車をかけました。教授たちは、配布資料の紙を無駄にしないために、より多くの資料をオンラインに掲載することを選択したのです。

しかし、教授たちは、 録音された講義 をどのように学生と共有するかについて、まだ悩んでいました。Machettira氏によると、大学には様々なマルチメディア録音ソリューションが用意されており、これらのソリューションは基本的な機能要件を満たしていましたが、録音プロセスに対する教授のコントロールは制限されていました。

既存のソリューションでは、教員が大学のレコーディングスタジオに予約を入れ、数ヶ月前から講義を録画し、ITスタッフが録画したファイルをデジタルコード化してBlackBoardにアップロードするまでの時間を確保しなければなりませんでした。また、これらのソリューションには高度な編集ツールがないため、教授は講義内容を更新するたびにビデオを作り直さなければなりませんでした。

ダイナミックなカリキュラムを持つ、世界的な教育プログラムの一員である教授たちにとって、このような制限は問題でした。というのも、教材がすぐに古くなってしまい、以前に録画した講義に新しい情報を加えることができないからです。また、スタジオ収録された講義では、質疑応答や学生のコメントなど、インタラクティブな講義の醍醐味が味わえないことも指摘されました。

マチェティラによると、「教員からは、マルチメディアを記録するプロセスは簡単ではない、もっと良い方法があるのではないか、時間がかかりすぎる、などの苦情がありました。これらはすべて正しい視点でした」。

このような限界を認識した上で、マチェティラのチームは、教授が録音プロセス全体を管理できるようにすると同時に、BlackBoardのような既存のテクノロジーと簡単に統合できる補完的なソリューションを探すことにしました。

しかし、大学のIT予算に見合うソリューションを見つけることは困難でした。というのも、多くの講義キャプチャプログラムは、収録場所ごとに高価なハードウェアの導入とライセンスが必要だったからです。サフォーク大学には、全学部の講義を収録するために必要な何百ものライセンスやハードウェアを購入する余裕がないことを知っていたマチェティラは、すぐに別の選択肢が必要だと考えました。

動画プラットフォームでの解決の可能性

他のソリューションを探した後、マチェティラはPanoptoに出会いました。 ウェブベースのビデオプラットフォーム 、レコーディングスタジオの外で音声、ビデオ、PowerPointスライドをデジタルで録画することができ、教授はIT部門への依存から解放されました。

Panoptoを使えば、教授は講義用のカメラを教室に持ち込むことができ、教室のカメラとシンプルなウェブカメラを使ってバーチャルセッションを作ることができます。教授は、何ヶ月も前に撮影しなくても、自分の都合に合わせてオフィスでビデオを作成できるようになります。

"このソフトウェアは、教室、オフィス、自宅のいずれかのコンピュータに常駐しています。録音を開始するのも、止めるのもあなたです」とマシェティラは言う。 「高等教育において、標準化された技術でいつでもどこでも録音できる機会は大きなものです」。

また、Panoptoは完成したファイルをMP3/MP4形式で配信し、ウェブサイトやブログ、フォーラムに即座に埋め込んで共有することができました。これにより教授は、ITスタッフがコード化してファイルをアップロードするのを何週間も待つことなく、録画したコンテンツを作成したその日に投稿することができました。PanoptoはBlackBoardに直接統合されており、教授はいくつかのボタンをクリックするだけで、ビデオを他のコースドキュメントに含めることができます。

また、Panoptoはクライアントサーバー型のソフトウェアソリューションなので、キャンパス全体に展開するために必要なハードウェアはほとんどありませんでした。また、Panoptoは既存の教室のビデオカメラを認識しており、 Webカメラを使用することで、教室外での録画をコスト効率よく行うことができました。

"多くの組織にとって、コストは大きな問題です。高画質のビデオカメラをすべての教員に配って持ち歩かせる余裕はありません。しかし今では、かなり安価なウェブカメラを教員に提供することができるようになりました。今、私たちはそれを実行しています。キャンパス内のすべてのデスクトップにウェブカムを導入しています」。

Panoptoは、ビジネススクールが2005年に電力消費量の削減と機器の統合のために導入したサフォークの仮想サーバーにインストールすることができ、大学の環境保護活動にも高い評価を得ました。

講義ビデオをクラスのトップに持っていく

Machettira氏はすぐに、興味を持ったSawyer Business Schoolの教職員のコアグループでPanoptoのベータテストを始めました。また、サフォーク大学の他の学部の同僚にもPanoptoを紹介し、大学全体の賛同を得ました。

Panoptoへの初期のフィードバックは非常にポジティブなものでした。ユーザーは、レコーディングスタジオに行ったり、IT部門のサポートに頼ることなく、ビデオセッションを即座に録画できる柔軟性を高く評価していました。

"サポートは別として、このソリューションで気に入っているのは、レコーディング& パブリッシングのプロセスにITがほとんど関与しないことです。 コンテンツの関連性は、いかに早く利用可能にするかにかかっています。Panoptoはその能力を提供します 」と指摘しています。

Machettira氏はまた、ベータテストの参加者からは、ビデオクリップの録画、編集、閲覧のための使いやすいウェブインターフェイスが好評だったと付け加えています。

サフォーク大学は、キャンパス内でのビデオ撮影にPanoptoを使用して7年目を迎える準備をしながら、キャンパス内外のすべてのビジネススクールの教職員と学生、そしてサフォーク大学の学校ネットワーク全体のすべてのユーザーがこのソリューションを利用できるようにする計画を続けています。

Machettira氏は、Panoptoが今後もサフォーク大学の講義キャプチャプロセスを豊かにし、キャンパスとオンライン教室の境界線を曖昧にし、すべての学生がより豊かで充実した学習体験を得られるようにすると確信しています。

詳細はこちら
Panoptoがどのようにして講義を撮影し、教室を反転させ、教育機関での学習体験を豊かにすることができるかについて、より詳しく知りたい方は、 デモのために私たちのチームに連絡するか、 または 無料トライアルにサインアップする

公開:8月 12, 2014