ビデオがコミュニケーション、トレーニング、知識共有のためのツールとして急速に成長している中、より多くの企業や大学が、チームが作成するすべての新しい録画をよりよく管理し、ストリーミングするために、 ビデオコンテンツ管理システムを導入しています。

これらの集中型ビデオライブラリは、 コンテンツの管理視聴デバイスの互換性の確保ビデオ検索 のためのバックエンドツールとしてスタートしたかもしれませんが、今日、これらの「Corporate YouTub」の多くは、その名の通り、組織のビデオを見ようとする社内オーディエンスの目的地サイトとなっています。

しかし、すべての視聴者が組織のビデオライブラリーを訪れるわけではありません。特に、時間や注意力のない視聴者や、どこを見ればいいのかわからない社外の視聴者にとってはそうでしょう。

あなたが必要としているのは、あなたのビデオを視聴者に届ける簡単な方法です。 - 最も価値のある時に、最も価値のある場所で。

そのため、Panoptoでは、どんなウェブページにも、 動画を簡単に埋め込むことができます。

Panoptoは、ライブラリ内のすべてのビデオに対して、既存のイントラネットや公共のウェブサイトにビデオを埋め込むことができるコードを自動的に生成します。このコードは、 設定 ダイアログボックスの 共有タブからアクセスでき、ビデオの作成者や管理者は、コピー&ペーストするだけで、オンライン上のどこでもビデオを共有することができます。以下の手順で設定してください。

ウェブページにPanoptoの動画を埋め込む方法

Panoptoは、お客様のビデオコンテンツを迅速に共有することができるだけでなく、お客様が共有する各ビデオでお客様の組織のブランドを拡張します。お客様のPanopto組み込みプレーヤーは、包括的な 60秒のブランディング機能 に含まれており、お客様のブランド・アイデンティティ、カラースキーム、ロゴを反映したプレーヤーのルック&フィールを簡単に調整することができます。

では、最終的にはどのようになっているのでしょうか?自分の目で確かめてください。

 

 

動画を埋め込むことで、より魅力的なWebページを作ることができます。調査によると、視聴者 は、動画を含むウェブページをより長く見て、 より深く関わっていることがわかっています。リンクを提供するだけでは、同じ効果は得られません。

企業や法人のお客様にとって、動画を埋め込むことは、社内コミュニケーションの活性化につながります。Forrester Research社によると、従業員は文書や電子メールを読むよりも、動画を見る方が75%も多いそうです。動画を埋め込むことで、動画に簡単にアクセスできるようになれば、チームはより効果的にメッセージを受け取ることができます。すでに今日、企業は動画を共有する新たな場所を見つけています。社内ウェブサイト、企業ブログ、チャネルコミュニケーション、セールスイネーブルメント資料、マーケティングプラットフォーム、トレーニングシラバスなど、さまざまな用途に利用されています。

教育者にとって、ビデオを埋め込むことは、共有したいビデオに学生が簡単にアクセスできるようにするための簡単な方法です。オンラインシラバスや定期的なコミュニケーションの中にビデオを埋め込むことで、学生がすべてのビデオを確実に見ることができ、基本的なリンクのように混乱を招くこともありませんので、反転授業の実践には非常に役立ちます。

動画を他のページに埋め込むことは、組織の動画コンテンツ管理システムの価値をさらに高め、視聴者がメッセージをよりよく理解できるようにする手っ取り早い方法です。

パノプトでは、動画をどこにでも埋め込んで共有することのメリットが非常に重要であると考え、それを簡単に行えるようにしました。Panoptoでは、ウェブ開発の高度な知識がなくても、コピー、ペースト、そして共有するだけで、動画をオンラインにすることができます。

Panoptoを実際に試してみてください。

Panoptoでどれだけ簡単に動画を埋め込むことができるか、また、Panoptoがお客様の組織で動画を使って知識を共有するためにどのように役立つかについては、 当社のチームに連絡して、当社のソフトウェアの無料トライアルをリクエストしてください.

YouTubeにはない魅力がある

このウェビナーでは、Panoptoのビデオプラットフォームの概要とデモをご覧いただけます。