現在の検索エンジンは、テキストの索引付けを科学的に行っています。現代のスパイダーは、書かれた言葉をすべて見つけて記録し、非常に効率的に結果を返してくれるので、効率化の専門家の中には、メールのファイリングシステムやウェブブラウザーのお気に入りバーをやめて、必要なものを検索に頼ることを勧める人もいます。

しかし、ほとんどの企業では、そのような深みのある検索機能はテキストだけに限られています。特に動画はブラックボックス化しており、タイトルやタグなどのメタデータを手動で入力するしかありません。

動画検索は解決しなければならない問題です。

McKinsey と IDC の調査によると、平均的なナレッジワーカーは現在、自分の仕事を効果的に行うために必要な情報を探すために、時間の約20%、毎週丸1日近くを費やしています。ビデオを使ったビジネスの共有化が進む中、ビデオ検索ソリューションを導入しなければ、この無駄な時間はさらに悪化するでしょう。

そのため、今日、ますます多くのビデオプラットフォームがビデオ検索機能を拡張しています。しかし、ソリューションの分野が拡大するにつれ、組織がナビゲートするのは難しくなっています。 なぜでしょうか?なぜなら、すべての 動画検索エンジン が同じように作られているわけではないからです。

Forrester Researchは最近、Panoptoを「the best support for video search」と評価しました。その理由は簡単で、次のチャートに示されているように、ビデオ検索に関してはPanoptoよりも深くて広い範囲をカバーしているところはありません。

動画検索エンジン実力表2015

録画して保存する価値のあるビデオは、探す価値もあります。そのためには、それに見合うだけの動画検索機能が必要です。最新のビデオプラットフォームでは、ビデオ内のコンテンツにインデックスを付けるための独創的な方法を模索しており、メタデータ、音声入力、ビジュアルコンテンツをキャプチャする新しい方法を見つけています。

でどれだけ節約できるか?
動画を検索しやすくするには?

節約コストを計算

では、動画検索エンジンはどのような機能を持つべきでしょうか。

基本的には、動画検索ツールが動画をインデックス化する場合、画面上で話されている、または表示されているすべての単語を検索して返すことができなければなりません。

この情報を得るための技術的な戦略はいくつかありますが、それらは自動化されたものと手動のものの2つのグループに分類される傾向があります。

ASRとOCRによるビデオインデックスの自動化

自動化されたビデオインデックスは、1つまたは複数のインテリジェントビデオテクノロジー に依存しており、ビデオの中で起こっていることをキャプチャして識別します。これらの自動化されたツールは、多くの場合、録画が完了した瞬間にビデオに適用することができ、コンテンツのインデックス化のプロセスを迅速に行うことができます。

一般的なビデオインデックス自動作成システムには、自動音声認識(ASR)、光学式文字認識(OCR)、スライドコンテンツインジェスチョンがあります。この3つのシステムは、それぞれ全く異なる機能を持っているので、もう少し詳しく見てみましょう。

  • 自動音声認識 (ASR)は、録音物の中で話されている各単語を識別するために使用される技術です。識別された単語にはタイムスタンプが押され、検索インデックスに追加されます。ユーザーは、話された言葉を検索し、その言葉が語られたビデオの正確な瞬間を見つけ、ビデオのそのポイントに早送りすることができます。視聴者の多くは、記憶しているアイデアやフレーズに基づいて瞬間を検索するため、ASRは動画検索エンジンの一部として非常に役立ちます。
  • Optical Character Recognition (OCR)は、動画内の画面に表示されたテキストを認識するための技術です。最近のプレゼンテーションでは、講演者がスライドや画面上のライブコンテンツ、さらには他の動画などを切り替えて話すことがよくあります。Googleなどの検索エンジンは、画像として保存されたテキストを認識できないため、OCRがなければ、プレゼンテーションの一部として表示されたテキストをインデックス化することができません。しかし、OCR技術は単語を識別して解読するように設計されているため、視聴者は動画のどこかで画面に表示されている文字通りの単語を検索することができます。
  • Slide Content Ingestion とは、動画で使用されるPowerPointやKeynoteの実際のプレゼンテーションスライドをインポートし、インデックスを付ける技術のことです。コンテンツ・インジェスチョンは、OCRとは異なり、スライドの画像を撮影して単語の識別を試みるのではなく、プログラムによってスライドから実際のテキスト文字列を抽出します。スライド・インジェスチョンは、スピーカーのメモなど、画面に表示されない追加情報も抽出するため、チームは常に、スライドに含まれるあらゆる単語に基づいて、ビデオの正確な場面を見つけることができます。

手動でのビデオインデックス作成

一方、手動による動画インデックス作成は、動画が完成した後に人間が介入することで、動画コンテンツのインデックス作成を支援するものです。

手動のインデックス作成プロセスの有用性は、追加できる情報の量によって異なります。極めて包括的なプロセスもあれば、はるかに限定的なプロセスもあります。ここでは、最も一般的な2つのマニュアル入力を見てみましょう。

  • Manual Metadata 動画ファイルに付加されているタイトル、作者、説明などの情報のこと。視聴者のメモやコメントもここに追加されることがあります。これらは動画検索の基本ですが、ビジネス動画は30~60分以上のものが多く、様々なトピックを扱っているため、マニュアル・メタデータだけでは十分な説明が得られないことがほとんどです。
  • トランスクリプト は、より包括的なアプローチで、インデックス作成のために実際のビデオトランスクリプトをビデオファイルに追加するだけで行われます。トランスクリプト制作は進化し続ける分野です。多くのサービスではまだ手動でこれらのファイルを制作していますが、プロセスを自動化することも可能です。完全なトランスクリプトは、部分的なトランスクリプトよりも価値が高く、また、画面に表示されている内容に関するメモが含まれているトランスクリプトは、ダイアログを暗唱しているだけのトランスクリプトよりも価値が高いでしょう。

 

動画検索に適しているのは?自動インデックスと手動インデックスの違い

その選択は、お客様のニーズによって異なります。テクノロジーに依存した自動インデックス作成システムは、結果が早く、多くの場合、すべての動画に適用できますが、ASRやOCRの精度は100%ではありません。トランスクリプションのような人間による手動のアプローチは、一般的に精度が向上しますが、作成に時間がかかり、しばしば追加コストがかかります。

幸いなことに、Panoptoでは選ぶ必要がありません。

Panoptoの Smart Search ビデオ検索技術は、業界で最も包括的なインサイド・ビデオ・サーチ・エンジン です。Panoptoでは、インターネットや電子メールで検索するのと同じように、ビデオライブラリを検索することができます。

  • ASRを用いて、動画内で話されている任意のキーワードで
  • OCRとスライドコンテンツインジェスチョンにより、画面上や動画内のあらゆる場所に登場する単語を検索できます。
  • タグやタイトル、視聴者のメモやコメントなど、従来のメタデータと高度なメタデータによって
  • また、オプションとして、ビデオコンテンツの完全なマニュアルトランスクリプションも可能です。

 

このビデオ検索エンジンをぜひお試しください。

あなたのビデオ検索に欠けていたものを見る準備はできていますか? Panoptoを無料で試すには、今すぐ私たちのチームに連絡してください

公開日:9月22, 2017年