職場でのコミュニケーションや学習の手段として動画がますます重要になるにつれ、企業ネットワークに保存される動画コンテンツの量は、ここ数年で急激に増加しています。このような企業ビデオの増加に伴い、増え続けるビデオライブラリの中から特定のコンテンツを探す方法が問題となっていました。特定のビデオコンテンツを検索するには、ビデオ全体を見るか、スキップしてビデオのタイムラインを検索する必要がありました。

この問題をさらに悪化させたのが、トレーニングセッションやイベントのビデオなど、より長い録画の中から特定のコンテンツを探すのにかかる時間でした。 平均的なナレッジワーカーは、自分の仕事を効果的に行うために 情報を検索するだけで1週間のうち19%を費やしていることを考えると、コンテンツを素早く効率的に探す能力は、従業員が仕事中にできるだけ生産性を高めるための重要な要素となります。

このようにして、インサイドビデオ検索の必要性が生まれたのです。

でどれだけ節約できるか?
動画を検索しやすくするには?

節約コストを計算

従来、動画の検索は、タグやタイトルなどのメタデータを手動で入力する方法に限られていました。動画検索の重要性を認識した上で、Panoptoの設計目標の一つは、動画コンテンツのインデックス性を高めることでした。この目的のために、私たちは、視聴者が録画されたプレゼンテーションの中から特定のコンテンツを素早く見つけられるように、プレゼンテーションのスライドからのテキストやユーザーが作成したメモなどの追加データを組み込むことから始めました。

今年は、インサイドビデオの検索機能を拡張し、業界で最も包括的な ビデオコンテンツ検索機能である 「Panopto Smart Search」 を導入しました。Smart Searchでは、ビデオライブラリ全体から特定のコンテンツを検索することが、Eメールを検索するのと同じくらい簡単です。Panopto の ビデオ録画ソフトウェア を使ってビデオを撮影したり、録画済みのビデオを Panopto ビデオライブラリ にアップロードしたりすると、システムは自動音声認識(ASR)と光学式文字認識(OCR)技術を使って、話したり画面に表示されたりするすべての単語に自動的にインデックスを付け、タイムスタンプを付けます。特定の単語やフレーズを検索すると、その単語が含まれている箇所まで自動的にビデオが早送りされます。プレゼンターの発言、パワーポイントのスライドに表示されたコンセプト、カメラで撮影されたテキストなど、どのようなものでもPanoptoは検索し、ビデオの中の関連するポイントに連れて行きます。

簡単そうでしょう?スマートサーチの動作を確認するには、以下のビデオでデモをご覧いただくか、 ここをクリックしてご自身でお試しください

 

 

自分の動画を検索する
鵜呑みにしてはいけません。 Forrester が「ビデオ検索を最もよくサポートしている」と評価したビデオコンテンツ管理システムを今すぐお試しください。 無料トライアル のために私たちのチームに連絡してください。

YouTubeにはない魅力がある

このウェビナーでは、Panoptoのビデオプラットフォームの概要とデモをご覧いただけます。

公開日:7月21, 2014