ソーシャルラーニングは、企業全体の専門分野の専門家の知識を活用する企業が増えるにつれて、企業の学習開発部門にとって急速に話題になりつつあります。デロイトのベルシン社の報告書 によると、従業員が少なくとも10,000人いる企業は、過去2年間に比べて3倍も ソーシャルツールにの費用を使いまました 。ブランドン・ホール・グループのレポート によると、 調査対象組織の 73% は来年の間にソーシャルラーニングへ力を入れていくと考えています

しかし、ソーシャルラーニングの定義は何ですか?企業でなぜ重要性を増しているのですか?

ソーシャルラーニングって何ですか?

ソーシャルラーニングは新しい学習方法ではありません。実際、社会的・協調的学習は、人類で最も古い学習形態の1つである可能性があります。本質的に、 ソーシャルラーニングは 、他者から学ぶ継続的なプロセスです。私たちは他者を観察し、質問し、知識リソースを共有するとき、社会的に学習しています。

しかし、近年、ソーシャルラーニングの定義は、職場で適用できるよう磨かれています。ビジネス学習のコンテキストでは、ソーシャルラーニングは、特にブログ、Wiki、ディスカッションフォーラム、主題ディレクトリ、動画などのソーシャルテクノロジーを通じて、同僚から学ぶという非公式の方法によって定義されます。ソーシャル学習をサポートする企業には、組織全体において、 学習者間の会話やコラボレーションを促進する環境があります

職場におけるソーシャルラーニングのメリット

経済が改善し続けるにつれ、企業は従業員のスキルと俊敏性を向上させる新しい方法を模索しています。

職場での社会的学習環境をサポートする主な利点は、従業員が自分の個人的な学習に責任を持つことができることです。通常、従業員研修は、所定の研修イベントとして、インストラクター主導の正式なチャネルを通じて行われます。-多くの場合、従業員が物理的にオフィス外から研修セッションに参加するには、彼らの通常業務を中断する必要があります。大抵の場合は交通費や宿泊のための追加コストが発生します。また、研修セッションに参加するだけでは、学習者が教えられたすべてのものを保持できるとは限りません。Rusted and Coltheart社による研究では、30分のトレーニングセッションを終えた後では、従業員は教わった事項の58%しか覚えておらず、-7日後には、35%だけが記憶に留まると示しています。

ウェビナーを見る> > 学習と開発に動画を使用

 

対照的に、ソーシャルラーニングはジャストインタイムベースで行われます。ディスカッションフォーラムを使用したり、Wiki を検索したり、隣にいる人の肩をタップするだけでも、学習者はオンデマンドベースで周囲の専門知識を活用して、必要な時点で必要な情報を正確に取得できます。次に、学習者はその情報をすばやく適用して、タスクを完了したり、目標を達成したりできます。

ソーシャルラーニングは継続的なトレーニングもサポートします。近年、企業は従業員のキャリアを通じて学習をより継続的にするのに役立つツールを探しています。 ブランドンホール報告書によると、企業の60%以上は、毎日または週単位で従業員に学習資料に触れてしてほしいと望んでいました。-しかしそれは難しいかもしれません。特に、イベント型の公式なトレーニングセッションは多くの場合、1時間以上も続くからです。ソーシャルラーニングでは、従業員は必要なものを正確に学習するためにしか十分な時間を費やさないため、日常のワークフローの中断を最小限に抑えることができます。

最後に、ソーシャルラーニングは企業文化を強化し、職場のコラボレーションを促進します。人間は、自然に社会的存在であり、グループの一部を感じる必要があります。他の学習者がサポートし、サポートを受けることができる学習者は、彼らがより大きなものの一部であると感じる可能性が高くなります。そして、その気持ちを他の従業員に伝えるよう動機づけられます。

ソーシャルラーニング動画の例を見る:

 

ソーシャルラーニングに動画プラットフォームが不可欠である理由

ソーシャルラーニングプラットフォームにより、組織全体で知識を簡単かつ迅速に共有することができます。ブログ、Wiki、ディスカッション掲示板などのテキストベースのチャンネルが一般的に使用されていますが、動画は情報を共有するための好ましい方法になりつつあります。動画プラットフォームで、ノートパソコンやWebカメラ、あるいはスマートフォンだけでも、従業員は問題を録画し、ベストプラクティスを共有し、インサイトを録画し、ボタンをクリックするだけで会社全体で共有できます。

たとえば、 現場の営業担当は 、スマートフォンを使用して、新しく見つけた情報や戦略をすばやく記録し、同僚が今後の営業トーク中に使用することができます。御社のテクニカルサポートスタッフが 、Google Glass を使用して、複雑な機器の設置に関する臨場感のある動画を記録すれば、新しい技術者がすぐに慣れることができます。または、 もし多くのベテラン社員が定年退職を迎えようとしていたら、組織の知識の膨大な量を録画することができます

現場の営業担当者間で内部知識を共有するために動画を使用する方法の例をご覧ください。

 

 

しかし、使用すると決めたのであれば、動画は貴重なソーシャルラーニング用ツールです。従業員が最新な状態の資料を保持でき、従業員がエンゲージできるツールです。

 

 

ソーシャルラーニングプログラムの構築方法を学ぶ

当社の最新のホワイトペーパーでは、 どのように動画であなたの社会的学習の取り組み強化するために 、あなたの組織がソーシャルラーニングを受け入れるための方法が学べます。開始するための6つのアイデアがあります。企業用動画プラットフォームがソーシャルラーニングプログラムにテクノロジー基盤を提供する方法を理解いただけます。

今すぐコピーをダウンロードください

 

 

公開日:1月16, 2019