Panopto 4.9 の新機能は? Salesforceアプリ、グループ、共有など

企業や大学では、ビデオが急速に影響力の大きいコミュニケーションに適したメディアになりつつあります。企業のトレーニング営業支援、講義のキャプチャ、反転授業のいずれの場合でも、ビデオは、テキストだけの場合よりも表現力豊かで魅力的な形式で知識を共有するのに役立ちます。

従来、ビデオとの通信には、高価で特殊なハードウェアとAVエキスパートのチームが必要でした。しかし、近年、安価なWebカメラ、カムコーダー、HDカメラを搭載したモバイルデバイスにより、誰でも高品質のビデオをキャプチャできるようになりました。また、Panoptoでは、誰でも簡単にすべての動画コンテンツを安全に共有、管理、検索できる動画プラットフォームを構築しています。

今日、私たちはPanopto 4.9の発売により、企業や大学内でビデオを世界中からアクセスできるようにするための次のステップを踏み出しました。最新リリースの新機能のスナップショットは次のとおりです。

  • Salesforce内でビデオコンテンツを記録、管理、検索するための独自のアプリ
  • 大規模なグループ権限にアクセスして管理するための新しいダッシュボード
  • ビデオやプレイリストを共有するためのより簡単で高速な方法
  • ビデオキャプチャソースとの相互運用性を提供する仕様

 

SalesforceとChatterにビデオをもたらす

Salesforceは、顧客関係管理(CRM)ソフトウェアの世界的リーダーです。昨年、GartnerによるCRM支出の世界的な市場シェア分析では、Salesforceがこの分野のトップベンダーの中で最大の市場シェアと最高の成長率を示しました。このソフトウェアは、マーケティングコミュニケーションや販売の実現から、見込み客や機会の管理、カスタマーサービスや技術サポートに至るまで、顧客のライフサイクル全体でますます使用されています。そして本日より、これらのやり取りはすべて、Salesforce用のPanoptoビデオ管理アプリを介してビデオを使用して行うことができます。

アプリのいくつかの機能は次のとおりです。

シングルサインオン:アプリケーションがインストールされると、既存の Salesforce 資格情報を使用して、ラップトップ、タブレット、またはスマートフォンの Panopto に安全にログインできます。権限は Salesforce と Panopto の間で自動的に同期されます。

フレーム付きSalesforceSSOSalesforceは、デスクトップおよびモバイルデバイス上のPanoptoのIDプロバイダーになりました
 

任意のサイズのビデオを添付する:Salesforce オブジェクトにファイル (ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートなど) を添付できるのと同様に、取引先、商談、およびケースにビデオを添付できるようになりました。Salesforce の添付ファイルとは異なり、ビデオファイルのサイズに 25 MB の制限はありません。これにより、営業担当者、マーケティング担当者、およびカスタマーサービスチームが顧客インタラクションを管理する方法を改善するためのさまざまな可能性が広がります。

Salesforce統合-オポチュニティに添付されたビデオビデオはSalesforceアカウント、商談、およびケースに添付できます
 

たとえば、営業担当者は、GoToMeeting、Vidyo、join.meなどのツールを使用して、Web会議を介してクライアントとやり取りすることが増えています。これらのツールのほとんどには、会議を記録する機能が含まれています。 Panoptoビデオ管理アプリを使用すると、記録されたWeb会議をアップロードして、Salesforceのアカウントに添付し、ディスカッション、質問、およびアクションアイテムの詳細な記録を提供できます。

同様に、営業担当は、簡単なビデオの要約を記録してSalesforceアカウントレコードに添付することにより、クライアントとのオフラインのやり取りをログに記録できます。通話を記録するこのアプローチは、特に担当者が外出中の場合、従来のテキストベースの入力よりも効率的であることがよくあります。

テクニカルサポートチームは、ビデオ添付ファイルを使用して、顧客の問題を追跡および解決する方法を改善することもできます。 Panoptoのスクリーンキャプチャソフトウェアを使用すると、顧客の問題を記録してSalesforceのケースに添付し、サポートチームのメンバーに問題の視覚的な再現を提供できます。ケースが解決されると、そのソリューションを記録してケースに添付し、顧客と共有して、ソリューションの視覚的なウォークスルーを提供できます。

電子メールにビデオを埋め込む:ビデオは、販売の見通しと機会の関与のための最も効果的なツールの1つです。 Implixによると、ビデオを含む紹介メールのクリック率は2倍近く増加し、最近のForresterの調査では、ビデオを電子メールで使用するとクリック率が2〜3倍に増加することがわかりました。 Panoptoビデオ管理アプリを使用して、マーケターと営業担当者はSalesforce内からビデオメールを作成できるようになりました。ビデオメールには、Panoptoレコーディングにリンクするサムネイルが埋め込まれています。見込み客やクライアントへのメッセージに動画を埋め込むことで、営業担当者やマーケティング担当者は、よりパーソナライズされたメッセージを配信し、競合他社との差別化を図り、エンゲージメントを促進し、結果を測定できます。

Salesforce統合-メールプレビューSalesforceを介して送信されるビデオメールのプレビュー
 

PanoptoレコーディングおよびWebキャストソフトウェアを起動します。Panoptoのビデオプラットフォームには、Windows PCおよびMacからビデオ、オーディオ、およびプレゼンテーションをキャプチャするための統合アプリケーションが含まれています。 Salesforce用のPanoptoアプリケーションを使用すると、組織はSalesforce内から直接ビデオキャプチャソフトウェアを起動できます。記録は自動的にPanoptoにアップロードされ、Salesforce内から利用でき、アカウント、商談、およびケースに添付できます。
ビデオとの従業員のコラボレーション: SalesforceのPanoptoアプリもChatterと統合されています。これにより、従業員はChatterアクティビティフィード内から任意のサイズのビデオをアップロードおよび共有して、より魅力的な内部コミュニケーションと知識共有を実現できます。

Salesforce統合-Chatterフィード5-12-15Panopto 動画は Chatter アクティビティフィード内で直接共有できます
 

検索フェデレーション: Panoptoには、Smart Searchと呼ばれる独自の検索エンジンが含まれています。これにより、顧客はビデオライブラリ全体およびビデオコンテンツ内で、話したり表示したりした単語を検索できます。 Salesforce用のPanoptoアプリケーションを使用すると、顧客はSalesforceを離れることなくスマート検索機能にアクセスできます。アプリがインストールされると、SalesforceとChatterからの検索で、SalesforceとPanoptoからの結果の組み合わせリストが返されます。

Panopto Salesforce 統合-フェデレーションサーチ 2SalesforceとChatterの検索結果は、Panoptoのフェデレーションスマート検索を使用してPanoptoビデオを返します
 

本日より、このアプリはすべてのPanoptoのお客様に無料で提供され、まもなくSalesforceAppExchangeに投稿されます。

改善されたグループ管理

Panopto を組織全体で大規模に展開する企業や大学が増えています。その一環として、管理者はグループを通じて権限を管理できる必要があります。Panopto 4.9 では、グループの作成、アクセス、管理をより簡単に行える新しいダッシュボードが導入されました。

ユーザーグループ-Panopto4.9ビデオプラットフォームユーザーグループダッシュボードは、グループのアクセス許可と管理へのアクセスを提供します
 

[ユーザーグループ] ダッシュボードは、[システム] タブで使用できます。グループ所有者、メンバー数、ID プロバイダとともに、すべてのグループのリストが表示されます。プロバイダは、内部 Panopto グループ、または Panopto 統合によってサポートされる ID プロバイダーのいずれかになります。これらには、Active Directory およびその他のSAMLプロバイダー、SharePoint、Jive、Salesforce、Blackboard、Moodle、Canvas、Sakaiなどが含まれます。

管理者はダッシュボードを使用して、新しいグループをバッチで簡単に作成できます。 AD、CMS、またはLMSに数百または数千の既存のグループがある組織の場合、Panoptoへのグループのインポートを数分で実行できるようになりました。

グループバッチ作成-Panopto 4.9 ビデオプラットフォームグループはバッチで作成可能
 

動画とプレイリストを共有する新しい方法

ビデオコンテンツを大規模に管理するためのもう1つの要件は、個々のビデオとビデオコレクションを直感的に共有する方法です。 Panopto 4.9では、内部および外部のオーディエンスとの共有を簡素化する多くの拡張機能が追加されました。

まず、ビデオとビデオフォルダを一括で共有できるようになりました。複数のビデオまたはフォルダを選択すると、Panoptoインターフェイスの上部に新しい共有ボタンが表示されます。ボタンをクリックすると、これらのアイテムを個人やグループと共有できます。ビデオとフォルダは、外部オーディエンスが一括して公開することもできます。

バッチ共有-Panopto 4.9 ビデオプラットフォームビデオとフォルダはバッチで共有できます
 

次に、共有インターフェースを簡素化し、URL にアクセスし、動画やフォルダーへのリンクを埋め込むための単一の場所を提供しました。

UI の共有-Panopto 4.9 ビデオプラットフォーム新しい共有インターフェースにより、ビデオリンク、埋め込みコードなどに簡単にアクセスできます
 

第三に、動画の新しい共有オプションを追加しました。具体的には、内部または外部の視聴者に対して、動画を非公開に設定できます。掲載されていない動画は、Google ドライブ、Dropbox、YouTube、Vimeo など、他の動画やファイル共有アプリと同様の機能を提供します。動画が非公開に設定されている場合、Panopto の検索結果や Panopto ビデオライブラリを閲覧するときには、動画は表示されません。代わりに、ビデオへの直接リンクによってのみアクセスできます。

非公開動画-Panopto4.9ビデオプラットフォーム内部または外部の視聴者に対して、動画を「未リスト」に設定できるようになりました。
 

最後に、サブフォルダのアクセス許可の継承を追加しました。新しいサブフォルダが作成されると、親フォルダから個人およびグループの権限が自動的に取得されます。

ビデオコンテンツを普遍的に記述するための仕様

近年、企業や大学でのビデオの使用の増加により、ビデオキャプチャソフトウェアの市場はますます細分化されています。私たちが協力している組織の多くは、さまざまな部門でさまざまなスクリーンキャスト、ビデオ録画、Web会議、およびライブブロードキャストツールを使用しています。これは2つの問題につながります:

  1. メディア資産はコンテンツサイロ(個々のデスクトップ、内部ポータル、ファイル共有)に分散され、貴重なコンテンツの検出可能性を低減します。
  2. メディアコンテンツとそのメタデータはさまざまな形式で保存されるため、標準化、カタログ、共有が難しくなります。

これらの課題に対処するために、あらゆるソースからのメディアコンテンツを普遍的に記述するための新しい仕様を導入しています。Universal Capture Specification は、シンプルなオーディオおよびビデオファイルから、複雑なマルチストリームプレゼンテーション、イベント録画まで、任意の数のフィードとメタデータでメディアを表現するために使用できる、シンプルな XML ベースのフォーマットです。

ユニバーサルキャプチャ仕様 XSD-Panopto ビデオプラットフォームユニバーサルキャプチャ仕様スキーマのサブセット
 

この仕様は、オーディオ、ビデオ、スライド、添付ファイル、キャプション、タイムラインイベント、およびメタデータのサポートにおいて独自のものです。複雑さに関係なくあらゆるメディアを説明できる語彙を提供することで、既存の標準を超えています。 YouTubeやその他のビデオプラットフォームで一般的に見られるような単純なシングルストリームビデオの場合、数行のXMLを使用して、ビデオの場所を識別し、タイトルや説明などの基本的なメタデータを記述することができます。ビジネスプレゼンテーション、大学の講義、ライブイベント、マルチカメラビデオ会議など、より複雑なメディアの場合、ユニバーサルキャプチャ仕様は、メディアをアーカイブ形式でカタログ化できる唯一のオープン形式であり、すべてのビデオの忠実度を維持します。およびオーディオソース、および関連するプレゼンテーションファイル、トランスクリプト、添付ファイル。

Panopto 4.9は、データモデルおよびRESTAPIを介してユニバーサルキャプチャ仕様をネイティブにサポートします。これにより、ビデオキャプチャ、Web会議、およびビデオ会議のベンダーは、メディアアセットを標準化された形式でエクスポートし、Panoptoに直接取り込むことができます。 Panoptoにアップロードされるすべての動画と同様に、仕様と関連するAPIを使用して取り込まれた動画は、検索用に自動的にインデックスが作成され、HTML5とHLSプロトコルを使用して任意のデバイスで再生できるようにトランスコードされます。

仕様のスキーマとドキュメントは http://panop.to/universal-capture でダウンロードできます。

詳細はこちら

Panopto 4.9の新機能について、または当社のビデオプラットフォームがお客様の組織の動画をより効率的にキャプチャ、管理、検索するのに役立つかについて知りたい場合は、当社のチームに連絡してデモを依頼するか、ソフトウェアの無料トライアルをリクエストしてください

公開日2020年5月4日