革新的なクラスルーム・テクノロジーの導入を考える - SCHOMS 2014に参加しました!

来週から、 2014 SCHOMS Annual Conference が始まります。ここパノプトでは、このイベントのゴールドスポンサーを務めさせていただきます。

SCHOMS 2014 - Panopto Video Platform

SCHOMS(The Standing Conference for Heads of Media Services)は、英国の高等教育機関から様々な上級専門家が集まり、革新的な教室技術の導入による卓越した教育・学習の実践を支援し、最先端のAV機器に関するアドバイスを行い、学習空間のデザインに関する新しい考え方を促進します。

今年のイベントでは、組織のミッションの最後の要素である、様々なタイプの学習スペースが学生に与える影響や、物理的環境が教育的アプローチに与える影響を調査するというテーマが人気を集めています。

最近、多くの教育機関で発展している24時間365日の図書館文化について、私たち自身の考えを紹介しました。 、「伝統的な」図書館が、学生の期待の変化に合わせて、より協力的でグループ指向のワークスペースに変化しています。

もちろん、影響を受けるのは図書館だけではなく、すべての教育スペースであり、大学は今日の学習者をよりよく受け入れるために教室や講義室を再考している。Educause によるこれらのタイプの学習スペースについての レポートでは、次のような幅広いシフトについて述べています。"協調的な知識の発見と創造に基づいた学生中心のモデル」への幅広いシフトについて述べています。さらに、このレポートでは、新しい教室のセットアップが、"より多くの探究や調査を可能にする代替的な教育法を可能にする "方法についても述べられています。

これは、従来の講義室が「共同学習スペース」に改装されることを意味しているのでしょうか?

しかし、必ずしもそうではありません。多くの学生は、今でも講義を大学生活に不可欠なものと考えています。そのことは、Times Higher Education( )が発表したレポートでも証明されています。このように、レクチャーホールはもうしばらくの間、存在し続けるようです。

しかし、変化しているのは、講堂が学生が学習を受けるための主要な、あるいはデフォルトの方法であるという考えです。従来の講義室にフレキシブルな学習スペースが設置されているのと同じように、レクチャーキャプチャーに加えてビデオの新たな利用法が生まれています。 レクチャーキャプチャー の最も盛んなユーザーの多くは、 教室を反転させる 、学生に独自の ビデオ課題の作成に参加してもらう 、iPadやiPhoneを使ってフィールドトリップを録画するなどの実験を行っています。

多くの場合、学生が自分のペースで消化できるように、講義シリーズ全体を撮影することができるので、講師は学生の学習者とつながるための新しい方法を考えることができ、多くの講師がビデオを使用しています。

SCHOMSでパノプトに会いましょう
SCHOMSでは、このようなビデオの新しい使用例についてお話し、私たちのプラットフォームがどのように講義のキャプチャを超えられるかをご紹介したいと思います。6月18日のSCHOMSでのPanoptoのデモのご予約や、お客様の機関でのビデオについてのご相談は、 fandrews@panopto.com までメールでお問い合わせください。 または、スタンド16にお越しください。 お会いできるのを楽しみにしています。