退職者に知識を持ち帰らせていませんか?

イギリスで行われた新しい調査では、「専門家が退職した後も、その知識をいかにして組織に残すか」という切実な問題に、さらなる拍車がかかりました。

英国の人事・人材開発の専門機関であるCIPD によると、 英国の既存の労働力の約3分の1 が今後20年以内に退職すると予想されています。

パノプトのビデオ・ラーニング・プラットフォームを活用し、従業員の退職に伴う知識の喪失を抑制する。

CIPDの公共政策責任者であるベン・ウィルモットは、企業が将来的に大幅なスキル不足に直面することを警告し、スタッフの大量退職による課題に対処するためには、既存のスタッフから新入社員への知識の移転をより戦略的に行う必要があると主張しています。

もちろん、このような問題は英国に限ったことではなく、 世界中のさまざまな業界で展開されています。

ハーバード・ビジネス・レビュー誌に掲載された「What's Lost When Experts Retire?」という記事には、退職の波に直面しているある企業の例が紹介されており、合計27,000年以上の職務経験を持つ700人の従業員を失うことになります。また、現在進行中のベビーブーマー世代の退職は、あらゆる業界に影響を与えると考えられますが、一部の業界では、より深刻な影響を受けることになるでしょう。 例えば、石油・ガス業界では、今後5〜10年の間に、経験豊富な従業員のうち、 50%が退職すると言われており、この市場で事業を展開する企業にとって大きな課題となっています。

専門家を失う方法 - 専門家を失うことなく

CIPDのレポートでは、この課題の規模を説明する一方で、経験豊富で高度なスキルを持つ労働者の大幅な減少によってもたらされるリスクを軽減するために、企業ができる5つの主要な方法を紹介しています。その中でも最も重要なのは、 トレーニングとスタッフ開発への投資である。 また、経験豊富な従業員が、メンタリング、コーチング、新人のスキルアップを通じて、その知識を伝える機会を特定することも重要である。

ニューヨーク・タイムズ紙が指摘しているように、ビデオは、 組織の知識を記録、保存、共有するための貴重なツールとなってきています 。データベースの更新方法やサーバーのトラブルシューティングなどの簡単な画面記録から、製品の組み立て方法、現場での設置方法、顧客のエコシステムをどのように修正すれば最良の結果が得られるかなど、携帯電話やウェブカメラで撮影した便利なビデオまで、専門家はビデオを使って自分のノウハウを効率的かつ徹底的に記録することができます。

また、ビデオは簡単に保存して後で見ることができるので、退職する社員の組織的な知識を記録しておけば、たとえ在職期間が重ならなくても、将来の社員が彼らの経験から学ぶことができます。

入社した社員と退社した社員の間で知識の伝達を促進するためのスマートな方法がビデオです

しかし、新入社員が読むには長すぎるし、内容も濃すぎる、あるいはレベルの高いレビューであってもすぐに陳腐化してしまうなど、多くの企業がエキスパートの洞察を文書化しようと試みてきました。

では、ビデオは何が違うのでしょうか?深さ。

他のメディアでは失われてしまう複雑なプロセスや手順を、ビデオが捉えてくれる
スタッフの大量退職の影響を最も受ける産業の中には、高度に専門的で高度に技術的なプロセスに依存しているものがあります。手順を文書化することは、知識を伝えようとする人にとっては時間がかかり、新しい学習者にとっては混乱を招くことになります。しかし、専門家が手順を実際の現場で撮影することで、そのプロセスをより迅速かつ効果的に伝えることができます。伝える」よりも「見せる」ことで、知識伝達のプロセス全体が向上します。

ビデオを使ったソーシャルラーニングにより、チームがつながり、詳細なプロセス情報を共有することができます。

ビデオは、誰かの知識の「何」だけでなく、「どのように」を保持します。
経験豊富な従業員が表す価値の多くは、 何をするか だけではなく、 どのようにタスクを実行するかにあります。しかし、多くのスタッフは、自分の日常的な活動を行う方法の中にある無数の微妙なニュアンスに自分自身で気づいていません。ビデオは、このような隠れたニュアンスの多くを照らし出し、従業員と一緒にビジネスを去ってしまうような「商売のコツ」を明らかにすることができます。

経験豊富な営業担当者がベストプラクティスを共有するために、"録画 "を押すだけで簡単に動画を作成することができます。

ビデオは、スキルアップを目指すスタッフにとって魅力的なメディアです。
ミレニアル世代のやる気を起こさせるホワイトペーパーアイコン当社のホワイトペーパー「Motivating Millennials with Video」で詳述したように、将来の労働者世代は、入社前の学習経験を通じてビデオに没頭した状態で入社してきます。多くの企業にとって、この世代の社員と長年勤務している社員をつなぐことは、退職する社員と新しい社員の間に一貫性を持たせるために重要です。ビデオのような魅力的なトレーニングとコミュニケーションの媒体を選択することで、新入社員が社員教育やスキルアップのプロセスに完全に参加する機会を最大限に増やし、経験豊富な同僚が退職した後でも、理解度を確認するために何度も見返すことができるリソースを提供することができます。

組織内で効果的に知識を伝達し、従業員のトレーニングを強化する方法をお考えの方は、 無料トライアルを設定するために、当社にご連絡ください 。