職場に友人がいるのは良いことだと誰もが知っています。しかし、それはどれほど重要なことなのでしょうか?

最近のGallup社の調査 によると、職場で強い社会的つながりを持つ従業員は、生産性が高く、仕事に情熱を持って取り組んでいるそうです。したがって、同僚が社会的なつながりを形成する機会を提供することは、生産性の高い職場文化を育むための重要な要素となります。

しかし、国内、あるいは世界各地に複数のオフィスがある場合、新しい同僚と知り合うことが難しいという問題があります。ビデオ会議やオンラインチャットなどの技術により、地理的に離れた場所にいる従業員が一緒に仕事をすることは非常に容易になりましたが、多くの場合、そのような交流は目の前の仕事をこなすことに限定され、お互いをより個人的に知るための時間はほとんどありません。

新入社員の "About Me "ビデオ。オンボーディング中のソーシャル化をサポートする簡単な方法

新入社員を各オフィスに招いて、新入社員の顔を覚えてもらうために飛行機で移動することも考えられますが、もっと効率的で経済的な方法があります。 ビデオです。

シアトル、ピッツバーグ、ロンドン、香港、北京にオフィスを構えるパノプトでは、私たちの仲間が世界中に散らばっています。私たちのビデオプラットフォームは、 社員のオンボーディングプロセス で活用されています。新入社員全員に、ラップトップやスマートフォンを使って会社を紹介する短いビデオを作成してもらっています。これらのビデオは、 社内のビデオライブラリ にアップロードされます。このライブラリは、 検索可能な 同僚のディレクトリとして、会社全体がアクセスできるようになっています。

パノプトの社員紹介ビデオライブラリーから2つの例をご紹介します。

 

私たちは、社員紹介ビデオを見るのが大好きです。なぜなら、日々のオフィスでのやりとりだけでは知ることのできない、新しい同僚の生活を垣間見ることができるからです。これらのビデオは、「エンジニアリング部のJenn」だけでなく、「登山が趣味で、サウンダーズの大ファンでもあるエンジニアリング部のJenn」というように、同僚を知るための素晴らしい方法です。

これらのユニークな「私について」のビデオは、現職の社員がオフィスの新人を知るためだけのものではありません。裏を返せばそれだけ役立つということです。 新入社員が の初日を迎える前に、社員のビデオにアクセスできるようにしておけば、新入社員はこれから会う人たちの顔に慣れ、会社の文化を知ることができます。

自分のAbout Meビデオを録画しよう

Panopto Express 、弊社の 無料スクリーンレコーダー 、「about me」ビデオやその他の ビデオプレゼンテーション を簡単に録画して共有することができます。 試してみてください。