あなたの組織は、従業員を交換可能な商品として見ていますか?それとも、長期的な成功への道の一部として育成されるべき重要な資源と考えていますか?

本当ですか?

最新のデータによると、多くの企業は従業員のエンゲージメントを促進することに関して、まだ十分な努力をしていないようです。WeSpire社が最近発表した調査結果 によると、 57%の回答者が、従業員のエンゲージメントに関して雇用主にもっと努力してほしいと考えています。 この数字は、30歳以下の従業員では、 76% という驚異的な数字になっています。

従業員が求めているのは、エンゲージメントだけではありません。自分の仕事の詳細だけでなく、企業の戦略的ビジョンから個人の役割が企業全体の目標にどのように貢献しているかまで、組織全体の透明性の向上も求められています。

上記のことがあなたの従業員に当てはまるなら、あなただけではありません。Deloitte Human Capital Trends レポート によると、87%の組織が文化とエンゲージメントを最重要課題のひとつとして挙げています。

文化はトップから

企業のリーダーであるCEOは、文化やエンゲージメントの改善をトップダウンで推進するのに最適な立場にあります。 実際、2014年にMcKinsey& Companyが行ったインタビュー では、広報会社EdelmanのCEOであるリチャード・エデルマンが、社会の信頼を得るためのCEOの役割について語る際に「Chief Engagement Officer」という言葉を使っています。この言葉は、リーダーシップやエグゼクティブ・コミュニケーションを通じた、企業内におけるCEOの役割にも通じるものです。

従来のメールや社内メモではなく、社員とのコミュニケーションを図りたいとお考えなら、会社のビデオプラットフォームが最適です。ノートパソコンとウェブカメラ、またはスマートフォンがあれば、会社のニュース、プログラムの発表、功績の表彰、その他のコミュニケーションなど、従業員が自由に見ることができるビデオを録画することができます。Panoptoを使用している場合は、 スクリーン 、プレゼンテーションのスライドなどを録画して、さらに魅力的な ビデオプレゼンテーション を作成することができます。

NYSE Technologies社の元CEOであるStanley Young氏が、ビデオを使って世界中の従業員とトレーニング、コミュニケーション、コミュニケーションを図った例を以下のビデオでご覧ください。

 

 

組織はどれくらいの節約になりますか
動画を録画しやすくすることで?
節約コストを計算

 

CEOがビデオメッセージを使って社員とのコミュニケーションを図る3つの方法

1.従業員のオンボーディングと紹介ビデオ

企業のビジョンやミッションは、企業がどのような存在で、どこに向かっているのか、そしてどのようにしてそこに到達するのかを示す重要な道標です。この重要な指針をビデオメッセージにすることで、新入社員が見やすく、覚えやすいものにすることができます。そして、新入社員にとって、あなたから直接聞くのが一番良い方法です。

2.ライブ「Ask Me Anything」ウェブキャスト

有名人や著名人、専門家が質問に答えるRedditのAMA(Ask Me Anything)セッションの人気を受けて、 Deutsche BankVistaprint などの企業が独自にAMAセッションを開催し始めています。Q&A セッションを開催し、社員がほぼ何でも質問できるようにすることで、会社と社員の間に信頼と透明性を育むことができます。

Panopto社のお客様は、システムの ライブストリーミングソフトウェア を使って、世界中の社員にCEOのAMAセッションを放送することができます。内蔵されているライブQ&A機能を使って、聴衆からの質問をリアルタイムで受けることができます。セッション終了時には、ウェブキャストの録画が自動的に 安全なビデオポータル にアップロードされ、チャットを見逃した社員は、どのデバイスからでもオンデマンドで視聴することができます。

3.社員表彰およびその他の表彰

レコグニションの力を過小評価してはいけません。研究によると、一生懸命働いたことを認められた社員は、より忠誠心が高く、生産性が高いことがわかっています。適度な頻度であれば、CEOや他の役員が従業員の稀な業績やマイルストーンを表彰することは、特に強い動機付けとなります。表彰の方法は、全社的なメールにメモを入れる程度でも良いのですが、よりインパクトを与えたい場合は、従業員の努力を説明する短いビデオメッセージをスマートフォンで録画し、社内で共有して誰でも見ることができるようにすると良いでしょう。

エグゼクティブ・コミュニケーションの効果を高める 

企業が企業コミュニケーションに動画を使用する12の方法今日、企業のコミュニケーションのプロフェッショナルは、ノイズを突破し、より効果的に従業員にエンゲージメントと情報を提供するために、ライブおよびオンデマンドビデオを活用しています。しかし、投資を最大限にするには、適切なビデオツールが必要です。

最新のホワイトペーパーでは、テクノロジーが ビデオベースのコーポレートコミュニケーション 戦略をどのように変化させているか、また、費用対効果の高いビデオ制作において、最も柔軟性と俊敏性の高いツールは何か、について深く掘り下げています。

ホワイトペーパーのダウンロード>>