• 未分類

REC:all Lecture Capture Workshopを振り返って

リチャード・デグルート

Last week I attended a REC:all workshop in Belgium on scaling up the use of lecture capture – or as we would call it in the Netherlands, weblectures – at universities. I was joined by one of my colleagues and some Panopto users from Newcastle University, who spoke about their own experiences of mass lecture recording and classroom capture. The event offered delegates from all over Europe the opportunity to discuss best practices for expanding weblectures across an entire campus. Included were case studies from several European institutions, a vendor panel discussing the future of weblectures, and seminars on technology and pedagogical considerations.

私にとってワークショップで最も説得力があったのは、講義の録画が学生の学習に与える影響についてでした。最も基本的な質問の1つは、学生が学習や復習のために録画した講義を利用しているのかということでした。参加した大学からの回答は「イエス」で、試験前の時期が視聴のピークとなっていました。これにより、ウェブ講義は従来の試験準備を補強し、学生がより効果的に教材を復習するのに役立つという点が強調されました。これは、講義ビデオが検索可能で、学生が復習したい特定のコンテンツを見つけられる場合に特に当てはまります。また、講義ビデオの内容をブックマークすることができるのも、学習の助けになると考えられます。要するに、1時間の講義ビデオの中で学生をナビゲートすることができれば、非常に大きなメリットがあるということです。

教職員にとっては、学生がどのようにウェブレクチャーを利用しているかを理解するためのアナリティクスの役割について、大きな議論となりました。誰がどの講義をどのくらい見たのかを知ることは、様々な意味で貴重な情報となります。まず、録画されたコンテンツを視聴している人とそうでない人を示すことで、リスクのある学生を特定するのに役立ちます。次に、コンテンツのどの部分がよく見られているかを分析し、学生がより多くのサポートを必要とするトピックを示すことができます。これらの指標にアクセスすることで、講師は、学生が最も支援を必要としている分野に焦点を当てていることを確認するために、自分の教育実践を「リバースエンジニアリング」することができます。

In terms of rolling out weblectures campuswide, the message from universities was that a phased approach works best – starting with departmental deployments, then sharing technological and pedagogical best practices with other departments. There were also discussions about technologies that automate class recordings and on the use of software-based solutions for scaling-up weblecture deployments.

The workshop left me thinking – when you roll out a system across a whole university, this is only the start of the journey with video. Flipping the classroom, creating MOOCs, running distance-learning programmes and offering students bite-sized learning chunks are just some of the natural follow-ons from recording lecture and classroom content. It was exciting to see the possibilities opening up for the institutions attending the event. As we continue to expand our presence in Benelux and across Europe, I’m looking forward to working with institutions to help them transform their teaching and learning using Panopto’s lecture capture solution.