将来を見据えたハイブリッドL&D戦略の立て方

 

米国では73%の企業が 欧州では65%が 今後、ハイブリッド型のワークモデルを採用することで、学習・開発(L&D)のリーダーは、以下を実現する責任を負うことになります。 安定した、柔軟かつ効果的な 研修プログラムを、リモート社員と対面している社員の両方に提供しています。

ハイブリッド・ラーニングを初めて導入する場合でも、既存のハイブリッド・研修プログラムを拡張する場合でも、将来を見据えたハイブリッドL&D戦略を構築するための実用的なガイドとして、「ハイブリッド・トレーニングのための必須プレイブック」を開発しました。


ハイブリッド・トレーニングの準備はできていますか?

ハイブリッドワークは、エンゲージメント、生産性、キャリア開発に関する長年の考え方や期待に疑問を投げかけています。このような変化に直面している研修マネージャーは、今日の困難な課題に取り組み、明日の未知の領域をナビゲートするために、ハイブリッド学習の戦略的文化を発展させる機会を持っています。

「ハイブリッド・トレーニングのための必須プレイブック」をダウンロードしてご覧ください。

  • 将来を見据えたハイブリッド・トレーニング戦略を構築するための6つのステップ
  • 企業の動画学習ライブラリを構築するためのベスト・プラクティス
  • 研修の取り組みを強化するための実行可能なチェックリスト
  • L&D のリーダーの事例と教訓

働き方や学び方が進化し続ける中、競争の激しいビジネス環境で成功するためには、対面式の社員と遠隔地にいる社員の両方を効果的に研修することが不可欠です。

準備はいいですか?

プレイブックのダウンロード