部門横断的なトレーニングは、新しいアイデアではありませんが、ほとんどの企業ですでにトレーニングカリキュラムの一部となっているわけではありません。あなたの組織ではそれができていませんか?

部門横断的な研修(「クロストレーニング」と呼ばれることもあります)は、物事の進め方や特徴など、会社についての知識を深めることで、社員のモチベーションを高めるための方法です。

組織が効果的にクロストレーニングを行う方法は数多くあります。ジョブシャドウイングやロールシェアリングのようなオンロケーションの方法は一般的な例ですが、最近では、大規模なクロストレーニングの経験を効果的に共有する手段として、チームの仕事の経験を共有するシンプルな日常の ビデオ録画に注目する企業が増えています。

チームが自分たちの仕事の役割、責任、要件についての洞察をいかに簡単に共有できるかを示す例として、当社のエンジニアリングチームが行った仕様検討ディスカッションの例 をご覧ください。

 

クロストレーニングは、従業員やマネージャーに、他人の足で1マイル歩いてみたり、全体像を把握したりする能力を与えるだけでなく、従業員の停滞を防ぎ、学習や専門的な開発の機会を広げ、知識、ノウハウ、スキル、仕事のパフォーマンスを全体的に向上させるのに役立ちます。

また、このような無形資産だけではなく、 クロストレーニングによる金銭的なメリットも大きいです。

まず、各チームの仕事の基本を共有することで、クロストレーニングは、組織が単一の専門家やサイロに依存することを減らします。コンサルタントのJohn Reh は、 この方法論は、従業員の管理に必要な柔軟性をもたらし、欠勤や離職による生産性の低下の影響を受けにくくするのに役立つと主張しています。

第二に、クロストレーニングを行うことで、従業員は新しいスキルを習得し、会社にとってより価値のある人材になることができます。また、特定の任務や機能、責任に縛られることで生じる退屈を解消することができ、離職率の低下にもつながります。

関連記事:人事チームがより多くのことをより少ない労力で行うための4つのアイデア

 

クロストレーニングを行う上での注意点

大勢の人を対象としたトレーニング戦略と同様に、結果を出すためには、メッセージやメッセージの伝え方を洗練させることが重要です。

部門横断的なトレーニングプログラムを実施する際に、最初のハードルとなるのは、スタッフの間で「単に報われない責任を増やしている」という認識があることです。重要なのは、その作業を楽しいものにすること、そしてその目的が余計な仕事ではなく、真の豊かさであることを従業員に示すことなのです。

もちろん、このようなプロジェクトは決して小さなものではありませんが、だからこそ実施される機会が少ないのかもしれません。

業界アドバイザーのClaire Belilos は、クロストレーニングは慎重に計画され、学習の機会として提示されるべきであり、組織の基本的な年間トレーニング計画に組み込まれ、すべてのポジションと部門をカバーする必要があると書いています。

ロケ地でのクロストレーニングはコストがかかるかもしれませんが、ビデオの共有性を利用すれば、そのようなトレーニングを素早く、便利に、そして手頃な価格で行うことができます。Panoptoのような最新のビデオプラットフォームは、どんなラップトップでも動作する単一のソリューションで、ビデオの録画、共有、検索を簡単に行うことができます。Panoptoでは、ほとんどのカメラでビデオプレゼンテーションを録画し、録画したものを自動的に 安全なビデオライブラリ にアップロードして、どのデバイスからでも共有、閲覧、検索することができます。

ビデオを使えば、真の部門間クロストレーニングの価値は、もはや手の届かないものではありません。

 

社員教育用ビデオ

部門を超えたトレーニングの改善にビデオを使用することについては、こちらをご覧ください。

ビデオテクノロジーは、トレーニングの質、スピード、効果を向上させ、トレーニングコストを削減するなど、今日の最も一般的なトレーニングの課題を解決するのに役立ちます。詳しくは、最新のホワイトペーパーをご覧ください。 14 Ways to Use Video for Formal and Informal Learning .

無料でダウンロードできます >