ブルームタキソノミーとは

1956年に教育心理学者のベンジャミン・ブルームによって作成された ブルームタキソノミー は、難易度があがっていく6つの段階の目標を達成していくことによって、学習を進めていく多層的で階層的な教育フレームワークです。 

このフレームワークでは、学生は低次の思考から高次の思考に少しずつ移行していき、物事を覚えることではなく、概念や発想、原則、手順における評価と分析に焦点を当てます。

ブルームタクソノミーの学習領域

ブルームは、認知、情動、感覚/精神運動の3つの学習領域があると提言しました。認知モデルが最も注目される部分で、ブルームタキソノミーと呼ばれています。そこでは6つのレベルの目標があります。感情領域は態度や感情に関する領域に対して、感覚モデルは、運動協調、身体能力、および協調性に関するものです。

ブルームタキソノミーにおける学習目標

ブルームタキソノミーは2001年に改訂され、もともと静的だった言語をより現代的で動的な言語に置き換え、生徒など学習する人たちに明確な目標を提供しました。 学習目標の 6 つのレベルは次のとおりです。

  1. 要確認: 詳細と一般的な概念を思い出す
  2. 理解する: アイデアや概念を説明する
  3. 適用: 新しい設定で情報を使用する
  4. 分析: アイデア間のつながりを描く 
  5. 評価: 調査結果や結論を正当化する 
  6. 制作:新しく作品を開発・制作する
ブルームタキソノミーは、動画教育の現場で実際に活用されています。

ブルームタキソノミーが注目される理由

ブルームタキソノミー・フレームワークは、高等教育だけでなく専門的な職業訓練など、あらゆる教育現場で使用できます。 個々の学習に焦点を当てており、各学生が自分の強みに集中しながらも弱点を伸ばすよう奨励しています。個人学習や教育のメリットは、改善のためのフィードバックをすぐに提供できることです。 

目的は達成可能な目標を作成することなので、教師はこれらの目標を達成することを念頭において授業を計画しますが、そのための十分な時間を確保することができます。これは企業における社内研修や人材開発においても理想的と言えます。 

ブルームタキソノミーがうまく適用された場合、学生は新しいスキルを習得するか、新しい知識を習得し、教師はフレームワークの各段階を通過するのを監視したり、評価することができます。

さらに、生徒が自己反省を通じた評価をするようにすることで、学習意欲を向上させることにもつながります。自己評価は、学習における自分自身の進歩を確認し、成果を出したことを認識できる強力なツールです。

ブルームタキソノミーの例

では、ブルームタキソノミーは実際にどのようなものなのでしょうか? 特定の行動における秩序を提供することに焦点を当てているため、さまざまな場面で使用できます。 教育現場では、次のようなさまざまな目的に使用できます。 

  • 評価の作成
  • 授業の計画
  • 宿題の難しさの評価
  • オンライン授業のカリキュラムチャートのデザイン
  • 動画授業の作成

動画学習でブルームタキソノミーを活用する

認知スキルの開発に焦点を当てることで、ブルームタキソノミーは教師が効果のある授業を作成するのに役立ちます。 ビデオトレーニング プログラムや授業を計画する際に役立ちます。 ここでは、動画 教育にブルームタキソノミーを使用する方法をいくつか紹介します。

  1. 記憶する: 学生に覚えておいてほしい一般的な概念を概説した教育動画を作成します。 
  2. 理解する: 知識をテストし、情報がどの程度よく理解されているかをテストします。 そのために、動画内で小テストを行います。.
  3. 適用する: 授業で学んだ内容を、オンライン授業やオンラインの動画シミュレーションで実際に活用します。たとえば、カスタマーサービスに関する教育を行う場合は、教育動画に短いクイズを埋め込んで、特定の状況で学習者がどのように反応するかを判断します。 また学習者に、学んだ知識を実演してもらうこともできます。 非同期式ビデオ Panoptoなどのツールを使用したシミュレーションツールを利用しましょう。 
  4. 分析する: 生徒と教師がオンラインフォーラムで互いに交流し、アイデアを交換することを奨励します。 Panoptoを使用すると、学生やトレーナーは ディスカッションを始めて、 教育動画にコメントすることで、ある瞬間に動画で示された特定の概念を分析します。
  5. 評価する: 分析結果に基づいて、学生は自分の回答を通じて、学習内容の変更を提案することができます マイクロラーニングビデオまたは、未来の学習者のためのメンターとして相談に乗ることもできます。 反転授業 新しい、更新された授業教材の開発を行うことも可能です。
  6. 創造する: 学んだ概念に基づいて全く新しい作品を制作します。同期的に、従業員はカスタマイズされた信頼構築のためのセッションを作成できます。非同期であれば、グループで協力して、評価で収集された情報に基づいてプロセスを改善またはプロセスを変更する方法をまとめた、動画のプレゼンテーションをまとめます。 

 

パノプトがあなたのビジネスのために何ができるか見たいですか?

私たちのチームは、質問に答えるためにあなたに連絡し、私たちのビデオプラットフォームのデモンストレーションと無料トライアルのためにあなたをスケジュールします。

今すぐ始めましょう!

公開:8月 15, 2022