アドバイザリー会社であるCEBは、 人事上の重要な優先事項トップ5を発表しました。多くのスマートなアイデアが共有された中で、私たちが注目したのは、 何を 学ぶかだけでなく、 どのように 学ぶかを従業員に教えることの重要性が高まっていることでした。

しかし、CEBの調査によると、「ラインマネージャーの4人に3人は、学習への参加率が高い社員でも、適切なスキルを持っておらず、余分な学習活動は多くの無駄を生み出している」と報告しています。さらに、CEBの報告によると、従業員は 11%程度の時間を 自身の組織が非生産的と考える学習に毎日費やしています。

どのくらい節約できる
ビデオベースのeラーニングでは?
節約コストを計算

 

社員教育を改善することができる

この記事では、この問題の規模を概説した上で、最も効果的な企業は、スタッフがより多くのコンテンツを消費することを奨励するだけでなく、より良い「学習行動」を身につけるための学習テクノロジーを導入するだろうと述べています。そのため、知識の定着と継続的な学習を促進するために、社員がL&Dの教材をより積極的に利用しようとする企業が増えています。それに伴い、 e-learning software は、このような取り組みを支援するために設計され、一般的になってきています。

しかし、最も効果的な学習行動とはどのようなもので、どのようにすれば効果的に実施できるのでしょうか。

多くの企業は、大学やカレッジの の例を参考にしており、教育機関がどのようにビデオを導入して教育・学習プロセスをサポートしているかを研究しています。

これまで対面でしか提供されていなかったトレーニングや教育コンテンツを録画することで、学習者はより効果的に知識を定着させ、自分のペースで難しい概念を吸収し、必要に応じて重要な資料を見直すことができます。また、正式な教育が行われる前に、中核となる概念を紹介するためにビデオが使用されており、対面式の時間を、主題に対するより深い理解と、学んだことの実践的な応用に再び集中させることができます。

関連記事:エンゲージメントの高いeラーニングを実現する4つの動画タイプ

 

教室での教え方の工夫が、会議室でも生かされている

教室で始まった学習方法は、今や役員室にまで浸透しています。多くの企業が、対面式の正式なトレーニングプログラムと、大学の講義や大学のゼミで行われる構造化された学習との間に共通点を見出し始めている。人事部やL&Dの専門家は、学生がコースの内容をオンデマンドで視聴できることで得られるメリットは、スタッフが参加したトレーニングセッションの一部を視聴したい場合にも同様に適用できると考えています。

もちろん、トレーニングセッションの録画を見ることができる機能だけでは、CEBの記事で指摘されている問題を解決することはできません。 しかし、 Panopto のような従業員トレーニングソフトウェア は、より良い学習行動を促進するための適切な環境を作り出すのに役立ちます。例えば、ビデオプラットフォームでは、スタッフは必要に応じて録画されたトレーニング教材を見直すことができるため、最初は理解できなかった難しいコンセプトも時間をかけて習得することができます。このような柔軟性により、L&D の取り組みの結果、より多くのスタッフが適切なスキルを身につけることができます。

Panoptoのビデオプラットフォームは、市場で入手可能な最高の ビデオ検索 も提供しています。つまり、CEBによって指摘されたもう一つの問題である、スタッフが非生産的な学習で無駄にしている時間をユーザーが解決できるということです。従業員がキーワードを検索して、そのキーワードが話されている、画面に表示されている、またはスライドデッキに含まれている録画の特定の部分に移動できるようにすることで、従業員が確認しようとしているコンテンツにたどり着くまでの時間を劇的に短縮することができます。

ビデオ技術を従業員のトレーニングに活用することは、L&D イニシアチブが実際の学習につながり、従業員が新しいスキルを習得してビジネスパフォーマンスにプラスの影響を与える機会を増やすための、シンプルで拡張可能なステップとなります。

Panoptoが組織の学習行動の改善と業績の向上にどのように役立つかについては、無料トライアルについて当社のチームにお問い合わせください。

社員教育にビデオを活用する14の方法

公開日2020年5月4日