学生のプレゼンテーションをスケールアップして記録する。

学生が学校で身につけたプレゼンテーションやコミュニケーションのスキルは、社会に出てから最も価値のある資産となります。残念ながら、学生のプレゼンテーションは従来、貴重な授業時間を奪っていました。

Panoptoを使えば、生徒はノートPC、タブレット、スマートフォンを使って、マルチメディアプレゼンテーションを宿題として録画することができます。講師は各生徒の動画をオンデマンドで確認し、録画した動画に直接コメントやフィードバックを与えることができます。

Panoptoを使った動画プレゼンテーションの記録については、こちらをご覧ください。>

「お金をかけずに自分たちだけの "メディアラボ "を作りました。視聴覚機器が内蔵されていない普通の学生用会議室に、Panoptoの入ったノートPCを設置して、録画ボタンを押しました。6つの会議室を同時に使用して、40のプレゼンテーションを90分以内に録画することができました。」

キャメロン・モレル、ブリティッシュコロンビア大学サウダー校ビジネススクール
Panoptoの学生用録画機能により、オンカメラでの練習が簡単にできます。

オンカメラでの実践的な学習

練習は学習プロセスの重要な部分を占めています。動画を使えば、講師や仲間がレビューや批評をしやすい形式で、生徒がより多くの練習時間を確保できるようになります。

Panoptoは、MBAの学生がビジネスピッチを記録するために、エンジニアリングの学生がプロジェクトを実演するために、外国語の学生が習熟度を示すために、看護学や医学の学生がシミュレーションを撮影するために、最適なツールです。

UBC Sauder Schoolでは、動画を使って学生のプレゼンテーションを大規模に録画しています。>

講師はPanoptoのビデオレコーダーを使って、学生の課題に対するビデオベースのフィードバックを行うことができます。

動画ベースのフィードバックで赤ペンを廃止

動画は、生徒の作品に対するフィードバックを行うための魅力的なツールです。

筆記課題の場合、講師はウェブカメラ、スマートフォン、ドキュメントカメラなどを使ってフィードバックを記録することができます。動画課題の場合、講師は生徒の録画にタイムスタンプ付きのメモやコメントを残すことができます。

どちらの場合も、フィードバックは各生徒と個人的に共有することができ、課題を通して文脈に応じた適切なフィードバックを提供することができます。

Panoptoを使った学生へのフィードバックについてはこちらをご覧ください。

"Panoptoを使用することで、各生徒の個別の録画を直接配信することができます。これにより、自己評価と相互評価の両方が促進され、教務担当者は各生徒のパフォーマンスについて形成的・総括的なフィードバックを効果的に行うことができ、全体的な学習体験を向上させることができます。"

ナターシャ・モリソン、エセックス大学BSc看護学科講師
インタビュー、デモンストレーション、スピーチ、ツアー、フィールドアクティビティなどの動画を録画し、Panoptoで講師専用のドロップボックスにアップロードすることができます。

クリエイティブな動画プロジェクトに挑戦してみませんか。

動画は、従来のエッセイ、評価、読書課題などの宿題の枠を超えて、教育者をサポートします。

PanoptoとノートPC、タブレット、スマートフォンがあれば、学生はインタビュー、デモンストレーション、スピーチ、ツアー、フィールドアクティビティなどの動画プロジェクトを録画することができます。 その後、お客様の機関のPanoptoサーバー上のプライベート投稿フォルダに作品をアップロードし、オンラインで動画を編集し、レビューやフィードバックのために投稿することができます。

Panoptoの動画収録ソフトウェアで、学生は発表を動画で収録し、課題を提出して、フィードバックを受けることができます。

講師を反転して、受動的な学習に終止符を打つ

生徒のアイデアを講義の一部にすることで、生徒がトピックに没頭できるようにします。講師の反転は、反転授業のコンセプトに基づいて、生徒がその日の授業の情報を提供することに挑戦します。

学生は、次回の授業のためにマイクロレクチャーを作成したり、講義や読み物に対する簡単な反応を録画して共有することができます。講師は、これらの回答をクラスで再生し、他の人が学ぶべき例として、あるいは議論や討論のきっかけとなる会話のきっかけとして利用することができます。

講師の反転の詳細はこちら