実績紹介

ウェビナー - なぜ人事部はすべての社員総会を録画する必要があるのか?

課題

Synapticsは、革新的で直感的なユーザーエクスペリエンスをインテリジェントデバイスにもたらし、デジタルライフをより生産的で安全かつ楽しいものにする製品を実現します。

Synaptics社は、社員全員が自社製品を理解し、サポートし、改善できるように、最先端の知識ベースを明確に文書化することを望んでいました。しかし、実務レベルでは、このようなドキュメンテーションを維持するのは大変なことでした。社内に正式な知識共有手段がなく、チーム間にも構造的、地理的、言語的な障壁があったため、社員個人の専門知識を社内の他の社員と効果的に共有することは困難でした。  

Synapticsのチームは、社員一人ひとりが公式・非公式な制度上の知識を保存、提示、共有できるような知識共有の文化を創造することを目標としています。多様なプロフェッショナルユーザーにとって拡張性があり直感的な方法でそれを実現しました。  

新入社員のオンボーディングを組織全体で一貫したものにするために動画を使用する

ソリューション

Synaptics社は、Panoptoを採用し、情報共有のための動画の作成、キュレーション、保存、検索、共有、ストリーミングなど、社員が動画を利用する際のあらゆる面を標準化しました。

Synaptics は、独自の社内動画ポータルを作成し、チームが簡単に動画を表示、共有し、安全で集中的なライブラリに動画を投稿できるようにしました。従業員はPanoptoを使用して、専門家による詳細なウォークスルー、プロジェクトのキックオフおよびアップデートミーティング、手順の概要など、知識を共有するほぼすべての活動を、いつでもどこでも、すでに使用しているノートパソコンやモバイルデバイスで録画することができました。

インパクト

Synaptics 社の Learning Solutions 部門では、社内の動画プラットフォームによって年間約 7,000 時間の生産時間を節約していると見積もっています。

「Panoptoを使用することで、組織内の情報共有がより効率的かつ合理的になりました。

Stijn Van Achter氏 教育イノベーション・コーディネーター
学習動画管理システム使用者

新しい教育的アプローチで教室に戻る

同社は、Panoptoによる専門知識共有のための完全な動画対応ソリューションによって、グローバルな社員の知識共有を拡大しました。このソリューションは、チーム構造、言語の壁、地理的な課題を克服し、同社が持つ組織的知識への前例のないアクセスを可能にしたのです。