学習のためのユニバーサルデザイン(UDL)は、学習環境で繁栄するために必要なリソースをすべての学生に提供することに焦点を当てた教育へのアプローチです。 それは存在するかもしれない不必要な障壁を取り除き、障害を持つかもしれない人々を含むすべての学習者の能力に応えるために働きます。 

教育におけるユニバーサルデザインの方法論は、学習教材が学生に提示される方法、彼らが教材とどのように関わり、彼らが学んだことを実証することができるかに柔軟性を提供します。 これは、以下を含むすべての形態の学習に適用されます。 オンライン学習、講義、教室でのディスカッション、グループワーク、配布資料、フィールドベースの学習、およびその他の学術活動。  

学習のためのユニバーサルデザインの原則

UDLとは何か、そしてUDLを授業計画や評価にどのように適用できるかをさらに理解するためには、教育のユニバーサルデザインを支える 3つの基本原則 を認識することが重要です。 これらの原則は、すべての学習者が成長し、知識のコミュニティに参加できる公平な学習環境にアクセスできるようにするために、あらゆるコースまたは分野に適用することができます。 

  • エンゲージメント.学習への関心を高めるためのオプションを提供する。フィードバック、コラボレーション、コミュニティを通じて努力を管理する。モチベーションを高める自己規制の方法を提供する。
  • 表現.聴覚情報と視覚情報の両方を表示するための代替方法を提供することに焦点を当てる。テキストと記号の翻訳をサポートし、構造、語彙、構文を明確にする。背景情報の提供、重要なアイデアの強調、情報処理の支援を通じて、理解の機会を最大化する。
  • アクションと表現。 ツールへのアクセスを強化する物理的なアクションを提供する。コミュニケーションと構成のための複数のツールとメディアを提供する。また、計画、情報管理、進捗状況の追跡を通じて目標設定を支援します。  

教育におけるユニバーサルデザインの利点は何ですか?

の基盤を構築することを超えて アクセス インクルーシブな学習環境と、教育にユニバーサルデザインを組み込むことには多くの利点があります。 また、次のこともできます。 

  • 多様な学習能力に関連する潜在的なスティグマを軽減し、選択した少数の学生だけでなく、すべての学生がさまざまなオプションを利用できるようにします。 
  • 生徒が自信がないかもしれない分野に焦点を当てることによって自分の強みを伸ばすことができるように、学習に柔軟性を与えます。 
  • さまざまな学習スタイルを持つ学生に存在する可能性のある障壁を打破します。
  • 生徒に複数の学習方法を提供する。

UDLは講義の作成と配信にどのように影響しますか?

ユニバーサルデザインが教育に適用されるとき、それはコースがどのように構造化され、作成されるかの性質に影響を与えます。 かどうか 非同期 または同期的、講義の作成に関しては、教師はすべての学生がアクセスできる配信方法を提供することを任されています。 これは、すべての人に肯定的な学習環境を提供し、コンテンツにアクセスして対話できる学生の数を増やすことで、講義の作成と配信に影響を与えます。 

UDL を実装するには、スライドで提供される情報が、読みやすく、字幕があり、オーディオ リーダーなど、すべての学生のニーズに適合するようにする必要があります。 学期の初めに、教師は前向きな教室環境を構築することから始め、特別な宿泊施設や障害関連のニーズを持つ生徒を招待する声明を送り、誰もが聞いていると感じる進歩的なオープンドアポリシーを生成することができます。 

実践学習のためのユニバーサルデザイン 

UDLの原則を利用する教育方法は数多くあり、クラス気候、相互作用、配信方法、フィードバック、評価、宿泊施設、物理的な製品、情報技術などの特定の目標に焦点を当てています。 相互作用の一例は、学生が互いに支え合い、さまざまな多様なスキルを重視するグループ課題を割り当てることです。 評価の面では、グループと個人の両方のパフォーマンスを等しく考慮し、それぞれの組み合わせのメリットを判断する例が考えられます。 

UDLに関しては、非同期講義とコース教材には、次のようなアクセシブルな要素を統合できるという利点があります。 講義録画、再生、キャプションなど、 公平な学習環境 すべての学生のために。

パノプトで録音

UDL の成功

無料トライアルの制限なし。インストールの必要はありません。ユーザーアカウントやクレジットカードも必要ありません。

録音開始

公開しました。6月30, 2022日