HTML5ビデオストリーミングの限界に挑む - Panopto Video Platform

つい先日、World Wide Web Consortium(W3C)がHTML5の仕様完了を宣言しました。HTML規格の最新バージョンでは、Javascriptを使ってグラフィックを描画するための<canvas> タグ、ウェブページのコンテンツを整理するためのstructureタグ、ウェブベースのフォームの改善など、一般的なウェブブラウザでネイティブにサポートされるさまざまな新機能が導入されています。

しかし、HTML5の新機能の中で、最も注目を集め、最も盛り上がっているのは、<video> タグでしょう。これは、W3CのHTMLワーキンググループの共同議長であるPaul Cotton氏が、最近HTML5の完成を宣言した際に述べた言葉です。

"HTML5の最も重要な機能は、おそらく<video> タグでしょう。今日のウェブは急速に動画を中心としたものに移行していますから。"

<video> タグの優れた点は、Flash や Silverlight のようなサードパーティのアドオンを必要とせずに、Web ブラウザでオンデマンドビデオの再生を可能にすることです。HTML5が開発された過去数年の間に、ブラウザベンダー、デバイスメーカー、NetflixやYouTubeなどのメディア企業がHTML5ビデオに力を注ぎ、 HTML5ビデオプレーヤー のエコシステムが生まれました。

ページの上の箱。従来のオンラインビデオの視聴体験

しかし、興味深いのは、ここ数年のHTML5ビデオの盛り上がりの中で、オンラインでビデオを視聴するユーザーの体験はあまり変わっていないということです。ほとんどの場合、オンラインビデオは「ウェブページに埋め込まれた小さなボックス」を意味しています。

既存の HTML5 動画プレーヤが洗練されておらず、高機能でないというわけではありません。 VideoJS は洗練された外観で、サイズの小ささとスピードに定評があります。JWPlayer は、プラグインによる拡張性で知られています。しかし、これらの動画プレーヤやそれを使用した動画プラットフォームは、2005年にYouTubeを動かしたのと同じ基本的なデザインを中心に構築されています。つまり、他のコンテンツに囲まれたウェブページの中に、1本の動画ストリームが置かれているのです。

YouTubeシングルストリームビデオプレーヤーの変遷

2007年(左)、2014年(中央)、2019年(右)のYouTubeでの「ページ上のボックス」動画再生体験。

 

オンラインビデオ再生のあり方を見直す時期に来ていると思います。

YouTubeが登場した2005年当時、米国では高速インターネットがダイアルアップ接続から市場シェアの大半を奪ったばかりで、米国のブロードバンド接続の実際のダウンロード速度の中央値は1.5〜2Mbps程度でした。帯域幅が限られた世界では、Webページ上の小さなボックスは、動画コンテンツを効率的にストリーミングする方法として理にかなっていました。

今から14年前。米国のブロードバンド速度の中央値は90Mbpsを超え、ブロードバンドプロバイダーは50、150、そして最大1000Mbpsの接続を一般消費者向けに標準で提供するようになり、最大50Mbpsの速度で無料接続を提供するコーヒーショップもますます一般的になっています(主に、スターバックス )。帯域幅のコストがゼロに近づいている世界では、オンラインビデオの視聴方法を見直すことが可能です。

より没入感のある、魅力的なビデオ視聴体験とはどのようなものでしょうか。 エンターテインメント系の映像であれば、1080p以上の解像度を持つ「大きな箱」がスタート地点として最適です。しかし、企業や大学で使用されるビデオの種類、つまり、教育用の録画、ビデオプレゼンテーション、トレーニングビデオ、講義、製品のデモンストレーション、町内会などでは、没入感のあるビデオ体験に必要な条件が異なります。

具体的には、ほぼすべてのビデオプレゼンテーションには、 、プレゼンターとコンテンツの2つの部分があることを考慮することが重要です。理想的には、ライブの観客と同じように、両方を同時に見ることができるのが望ましいです。しかし、従来の「ページ上のボックス」では、どちらか一方を見なければならず、どちらを見るかを自分でコントロールすることはできませんでした。それをコントロールできるのは、プレゼンテーションを記録したビデオグラファーです。

YouTube--Choosing-Between-Presenter and Presentation-v2
選ぶ必要はない

新しいアプローチ。Smart Sync機能を備えたマルチストリームHTML5ビデオプレーヤー

ビジネスやアカデミックのビデオプレゼンテーション、スクリーンキャスト、ライブウェブキャスト、その他のビデオコンテンツのニーズに応えるために、パノプトは独自のビデオプレーヤーを構築しました。これにより、会議室、講義室、役員室でプレゼンテーションをライブで見ているように、プレゼンターとコンテンツの両方を同期して見ることができます。

Smart Sync技術を搭載したHTML5ビデオプレーヤー「Panopto

Smart Syncでは、発表者とそのプレゼンテーションを同時に見ることができます。また、再生中にいつでもどちらかの映像を最大化することができます。

複数のビデオストリームを同期させる機能を、Smart Sync と呼んでいます。ビデオプレーヤーとSmart Sync機能は、完全にHTML5で動作するように設計されています。

It's Everything YouTube Isn't」です。 パノプトのビデオプラットフォームの概要& デモを見る>>

 

Smart Sync 機能は、ビデオプラットフォームに簡単にボルトで取り付けられるものではありません。複数の映像フィードの間で秒単位の同期を実現するためには、ソフトウェアのあらゆる側面に機能を組み込む必要があります。ここでは、PanoptoでSmart Syncを実現するための3つの要素をご紹介します。

  • ビデオの録画やライブウェブキャストに使用される当社のクライアントソフトウェアは、複数のビデオフィードを認識し、効率的にキャプチャします。これらのビデオフィードは、1台のPCから発信されたものでも、PC、Mac、モバイルデバイスの分散ネットワークから発信されたものでも構いません。720pまたは1080pのビデオを最大60フレーム/秒で複数回配信することができます。
  • 弊社のウェブサービスとデータモデルは、これらのビデオフィードを自動的に同期させます。その際、フィード間の品質の違い、ビデオフォーマットやフレームレートの違い、各ビデオフィードの開始時間と停止時間の違い、キャプチャポイント(カメラ、コンピュータモニタ、またはその他のビデオデバイス)から処理ポイント(Panoptoサーバー)までの様々な遅延変数を考慮します。
  • 当社のHTML5ベースのビデオプレーヤーは、潜在的に高レイテンシーのネットワーク上で複数のフィードのビデオを同時に再生する際に、より複雑になるバッファリングの問題に対応しています。

私たちは、 説明用ビデオビデオプレゼンテーション のあらゆる形態において、マルチストリームビデオの再生が今後数年間の新しいベンチマークになると考えています。HTML5ビデオとSmart Syncによってこの機能を提供することで、パノプトは最も幅広いブラウザとデバイスにプレミアムなビデオ視聴体験を提供することができます。

PanoptoのマルチカマーHTML5ビデオプレーヤー体験

どんな映像配信でも同期して再生することができます。この例では、iPhoneで撮影した顕微鏡映像にビデオカメラを自動的に同期させています。

 

PanoptoのHTML5ビデオプレーヤーについてはこちら
もしあなたの企業や大学が、社内コミュニケーションや知識共有のために動画をもっと活用することに投資していて、最新のインターネット標準に基づいて構築された最先端の動画プラットフォームを探しているのであれば、今すぐPanopto の 無料トライアルをリクエストするために私たちに連絡してください。