Panoptosビデオプラットフォームで会議を録画する方法

どの企業でも、会議は同僚がアイデアを共有し、ブレインストーミングを行い、仕事を進めるための詳細を検討するための重要な手段です。しかし残念なことに、会議で共有されたアイデアの多くは、会議報告のメールで失われてしまうことが多いのです。メールを書くのに時間がかかるだけでなく、社員の増え続けるメールボックスの中で見落とされてしまうこともあります。

なぜ、議論が終わると会議の価値も終わるのでしょうか?

パノプトでは、ますます多くのお客様が、私たちのビデオ・プラットフォームを使って、会議を 記録し、共有されたアイデアや情報が確実に把握され、組織全体の従業員に提供されていることを実感しています。

会議を録音する?なぜそんなことをするのか?

お客様との話し合いの中で、会議室にビデオを導入する主な動機は3つあることがわかりました。

  1. 会議の欠席がなくなる: 会議のセッションを録画することで、誰もが議論を欠席することがなくなります。録画したビデオは、スケジュールの都合や地理的に離れているために参加できなかった社員にも共有され、全員が同じ情報にアクセスできるようになります。
  2. 意思決定プロセスの記録を残す: 会議で共有された他のアイデアが、意思決定の際に失われてしまうことがよくあります。会議のビデオは、検討された他のアイデアの記録や、最終的にどのように決定されたかを知るための資料として役立ちます。必要に応じて、チームは最初の議論に戻り、その時点ではまだ実行できなかったアイデアを評価し、プロジェクトの成長に役立てることができます。
  3. メモを取る必要性の削減: 会議中に提起された重要なポイントは、出席者が前のポイントをメモすることに集中していたために見落とされることがよくあります。ビデオがあれば、ビデオ内の検索機能を使って、見逃したポイントに戻ることができるので、社員はより深く議論に参加することができます。また、ビデオには会議の要約が含まれているため、会議後に長文のフォローアップメールを作成する必要もありません。

 

関連資料:なぜ会社の会議を録画して共有することがビジネスに有効なのか?

 

そして、ここPanoptoでは、私たちの ビデオプラットフォーム を使って、部署内の小さなチャットから 会社全体の全員会議 まで、あらゆるタイプの会議を録画し、全員が最新の情報を得られるようにしています。


 

Panoptoで会議を録画するには

パノプトでは、会議の記録を簡単に行うことができます。iPhone、iPad、ノートパソコンと搭載されているウェブカメラがあれば、すぐに始めることができます。

まず、会議の前に時間があれば、他の参加者が到着する前に会議室を見渡し、録画の準備をします。 Panopto recorder (WindowsとMac、iOS用のPanopto Mobile ) を開き、カメラが撮影したい場所に向いていることを確認してください。

Panoptoのデスクトップレコーダーアプリケーションを使用している場合は、会議参加者が座っている場所で話し、マイクが適切に音を拾っているかどうかを確認して、簡単なサウンドチェックを行うことをお勧めします。音の良し悪しが録音の良し悪しを左右しますので、全員の声が聞こえるようにしておきたいものです。オーディオに関するその他のヘルプは、 プレゼンテーションのオーディオ録音のヒントのブログ記事 をご覧ください。

ビデオとオーディオの設定が完了したら、いよいよ録画開始です。録画ボタンを押して、会議を開始してください。会議が終了したら、「録画停止」ボタンをクリックします。会議のビデオは、御社の Panopto ビデオライブラリ にアップロードされ、自動的にエンコードされてあらゆるデバイスにストリーミングされ、組織のメンバーが利用できるようになります。

さらに、Panoptoでは、会議中に話されたすべての単語をインデックス化して検索することができ、特定のポイントやアクションアイテムを見逃した人は、正確な単語やフレーズを検索して、会議中の正確なポイントに移動することができます。

関連記事:会議を自動的に記録し、すぐに共有できるようにする。

 

ミーティングを録音する準備はできましたか?

今すぐPanoptoを無料でお試しください そして、より多くの組織が会議をビデオで撮影している理由をご覧ください。

公開:12月 17, 2014