あなたは仕事に役立つ情報を得るために、どのくらいの頻度でYouTubeの動画を見ますか?月に1回ですか?週に1回ですか?毎日ですか?

調査によると、全従業員の半数が週に1回以上、仕事関連の情報を得るためにYouTubeの動画を見ているそうです。

さらに驚くべきことに、約4分の1の人がそうしています。 デイリー.

人は視覚的に伝えられた概念を最もよく学ぶ傾向があり、抽象的な概念を理解するには実演を見た方がよいという認知科学的な背景は新しいものではありません。

ラーニング&ディベロップメント、ヒューマンリソース、コーポレートコミュニケーションなど、組織内のラーニングとコミュニケーションの向上に責任を持つリーダーたちは、実績のある強力なメディアであるビデオを何年にもわたって使用してきました。また、動画ツールや技術により、 動画コンテンツの制作、共有、検索が簡単にできるようになったことで、大多数の企業がこれまで以上に学習やコミュニケーションの支援に動画を活用しています。

ビデオ学習の効果

Wainhouse Research (WR) は最近、1,800人の社会人を対象に、ビデオ・ラーニングに関する経験と態度を調査しました。そして、ほぼ全員がビデオ学習の効果に同意しています。

ビデオ学習は、仕事に関する情報を従業員との間でやり取りするための効果的かつ効率的な方法です。

ソースはこちらビデオ学習効果の分析 - Wainhouse Research

 

社員の90%が の調査によると、あらゆる規模の企業において、ストリーミングビデオ(ライブとオンデマンドの両方)は仕事上の情報を伝達するための効果的なツールであると考えています。 より具体的には、従来の企業のトレーニングやコミュニケーションツールだけの場合と比較して、オンラインビデオツールは仕事関連の学習や 知識共有の向上に役立つと労働者は考えています。

WR社の調査によると、従業員がビデオ学習を効果的だと感じる理由はいくつかあるようです。

ビデオ学習はよりフレキシブル

ビデオベースのオンライン学習やコミュニケーションでは、学習者が学習のタイミングをコントロールできるため、集中しているときや新しい知識を適用する準備ができているときに、より多くのコンテンツを吸収することができます。WR社の調査によると、79%の従業員が、このような柔軟性とコントロールによって職場での学習の質が向上すると感じています。

オンライントレーニングで、専門家へのアクセスが向上

約4分の3の従業員が、オンライントレーニングでは講師へのアクセスが良く、講師との対話は従来のクラス内トレーニングと同等かそれ以上であると考えています。

オンラインやオンデマンドのビデオコースでは、普段は一緒に学ぶことができないリーダーやSME(Subject Matter Expert)にアクセスすることができます。チームのリーダーやSMEは、多方面から優先順位をつけられ、1対1のトレーニングに時間を割くことができないことが多い。しかし、ビデオがあれば、SMEは他のメンバーが求める説明や回答を録画することができ、たとえ彼らが不在であっても、誰もが彼らの専門知識を得ることができます。

関連記事: Video Learning Facts You Can Use to Make Case for A Video Platform

 

動画で学ぶことが好きな社員

また、WR社では、ビデオラーニングの効果を分析するにあたり、 トレーニングにビデオを使用している企業とそうでない企業で回答者をセグメント化しました。そして、研修にビデオを使用している企業では、ビデオ研修を行っていない企業の社員に比べて、ビデオ研修を「非常に効果的」と感じている社員が3倍も多かったのです。つまり、社員がビデオを使ったトレーニングを利用すると、それを気に入ってくれるのです。

動画を使った学習方法を採用している企業は、従業員がコンテンツに興味を持ってくれる可能性が高い。

ソースはこちらビデオ学習効果の分析 - Wainhouse Research

Panoptoの 無料のビデオ・スクリーンレコーダー>> で、オンライン学習用に最適化された 従業員トレーニングビデオ をいかに簡単に録画し、安全に共有できるかをご覧ください。

 

ビデオで企業の教室を拡大する

Panoptoを使った企業内でのビデオトレーニングの14の活用方法多くの企業が数十年前からトレーニングの改善に動画を利用してきましたが、現在では、動画コンテンツの録画、ホスティング、共有、検索のためのツールにより、動画を大規模に活用することがより簡単かつ安価にできるようになりました。今日の学習・開発担当者は、動画が提供する可能性をすでに理解しており、動画を効率的に使用するための適切なツールが必要なのです。もし、あなた自身が 企業の YouTube を持っていたらどうでしょうか?

マイクロソフト社がクラスルームトレーニングからビデオラーニングに切り替えたところ、社員一人当たりのイベント費用が320ドルからわずか17ドルにまで下がりました。

企業のYouTubeは、トレーニングの質、一貫性、スピード、そして効果を向上させるのに役立ちます。ビデオを使えば、あなたのチームは以下のことができます。

  • マイクロラーニング」のチュートリアルでスキルギャップの課題を解決する
  • ソーシャル・ラーニングで従業員が専門知識を交換できるようにする
  • コンプライアンスコースをオンデマンドで提供
  • リモートスタッフ向けのトレーニングや社内イベントの放送
  • 通常のメールを超えた ビデオメッセージ で社員をエンゲージする。

新しいホワイトペーパーでは、公式・非公式の学習・開発を支援するためのビデオ活用の14のアイデアと、今こそビデオを使ったトレーニングを始めるべきだと企業を説得するためのガイドをご紹介しています。

ホワイトペーパーのダウンロード>>