現在、企業では職場でのビデオ利用が当たり前になっています。 営業担当者は、直接会うことができない連絡先や顧客に連絡を取るために、 役員は、 決算報告 や組織再編などを伝えるために、社員は、スピードアップや専門知識を仲間と共有するために、それぞれ動画を活用しています。

何らかの形で、誰もがビデオに興味を持っているようです。Forrester Research(フォレスターリサーチ) は、 エンタープライズビデオプラットフォーム を利用して、上記のような様々なタスクの1つまたは複数を達成している大手企業からの情報を基にしたレポート を最近発表しました。Forrester Research社が発見したのは、動画への関心は組織全体に行き渡っているものの、導入は子会社、部門、職能のユースケースによって断片的に行われていることが多いということでした。

フォレスター社は、動画を試験的に導入した企業は、成熟しつつある企業向け動画プラットフォームを活用して、包括的な動画戦略を策定する機会を得たと考えています。これらの ビデオコンテンツ管理システム は、 コンテンツ管理システムや学習管理システムと 統合することができ、企業内外のビデオの録画、編集、保存、配信を行います。

ビジネスにおけるビデオの使用例

企業では、潜在的な顧客や従業員とのコミュニケーションに動画を多用しており、リアルタイムとオンデマンドの両方で動画を利用しています。


社内外への映像企画・配信の高度化が進む

企業は、社外および社内のさまざまなステークホルダーとのコミュニケーションに動画を活用しています。それぞれの視聴者層に対して、ほとんどのお客様がライブ放送とオンデマンドの両方を行っていることがわかりました。顧客やその他の外部向けの動画では、ライブ動画の方がわずかに人気があり、従業員や内部向けの動画コンテンツではオンデマンド動画が好まれていました。

ソーシャルメディアプラットフォームやホワイトラベルの動画ホスティングサービスには事欠きませんが、企業は従来、顧客向けの動画を YouTube などのホスティングサービスで配信してきました。YouTubeのような公開動画サイトは、 ビデオチュートリアル 、広告、ウェビナーのアーカイブなどの配信には効果的ですが、ビデオコンテンツに含まれる知的財産や企業秘密の保護を必要とする大多数の企業にとっては、いくつかの問題があります。

社内向け動画の場合、企業は、動画コンテンツを実際に共有するために、従来のファイルストレージに加えて、企業内のソーシャルネットワークやコラボレーションネットワークからのリンクを利用しなければならないと感じることがよくあります。最近の企業向け動画プラットフォームは、高度なセキュリティと権限付与のツールを備えており、機密性の高い動画を特定の社内視聴者と共有することが可能です。Forrester 社の調査によると、規制の厳しい環境で事業を行っている企業でも、このようなクラウドベースのシステムへの移行が進んでおり、個人がどのようなデバイスからでもビデオを録画、アップロード、さらにはウェブキャストできるようになっています。

 

エンタープライズビデオのためのスタッフ配置とサービスモデル

企業では、エンタープライズビデオプラットフォームを利用して、すべての従業員がビデオの録画や投稿ができるようになってきています。

 

関連記事:Untangling Complexities of Enterprise Video Streaming To Meet Growing Demand

 

企業が初めて全従業員に映像制作と知識の共有を開放する

フォレスター社がエンタープライズビデオを導入するお客様の傾向として挙げた2つ目の重要な検討事項は、従業員が職場内でビデオ録画・共有ツールを利用することの重要性が急速に高まっていることです。

従来、動画は、クリエイティブ部門やメディアサービス部門が担当し、ビデオグラファー、プロデューサー、エディターなどのチームが、制作プロセスの最初から最後までを管理していました。 ビデオホスティング ソリューションでは、従業員がビデオを視聴するためのポータルを作ることはできても、従業員が自分のビデオコンテンツを録画して同僚と共有する方法は提供されていないのが一般的でした。

最近の企業では、ビデオの制作を秘密にしておく必要はないと考えるところが増えています。プライベートでは、友人との会話や家族の思い出を残すためにビデオを活用している社員が、仕事でも知識を創造して共有したいと考えているのです。そして、先進的な企業はこの欲求を受け入れています。

ビデオベースの ソーシャル・ラーニング・ソフトウェア を提供することで、企業は従業員の専門知識を2週間後、2年後にかかわらず、保存して活用することができます。これは、退社する社員の組織的な知識を把握し、後任の新入社員のオンボーディングに特に効果的です。

現在、 フォレスター社のレポートで調査した企業の32%以上が、すべての従業員に動画投稿を許可しており、さらに多くの企業が動画投稿を行う意向を持っています。

 

映像配信用ネットワークソリューション

多くの企業がネットワーク上のビデオ需要に対応できていない中、WAN最適化とModern Streamingが明確な方法として浮上しています。

 

企業はこれまで以上に多くのビデオを制作し、消費しています。IT担当者は、企業のネットワークが需要に対応できるようにするにはどうすればよいでしょうか?

現在、動画はインターネットトラフィック全体の57%以上を占めています。自宅でNetflixを利用して映画を楽しんだり、外出先でYouTubeの動画を見たりしたことがある人にとっては驚きではないでしょうか。

しかし、動画は急速に企業ネットワークにあふれ、IT担当者にとって大きな技術的課題となっています。Gartner社は、来年までに平均的な従業員が毎月16時間以上のビデオをストリーミングするようになると予測しています。

長年にわたり、ベンダーは、お客様がイントラネット上で動画を配信するための技術を提供してきました。 ネットワーク上での動画配信の技術的な断片化と長期的な不確実性を考慮すると、Forrester社のレポートで調査した企業の25%以上が、拡大する動画の使用をサポートするネットワークソリューション をまだ導入していないのも不思議ではありません。

幸いなことに、従来のビデオプロトコルのノイズや、進化するネットワークインフラの要件の混乱の中から、明確な答えが出てきています。最新のHTTPベースのストリーミングは、既存のネットワークインフラを利用して、よりスケーラブルでコスト効率の高いビデオ配信を実現するための新たな機会を提供します。

モダン・ストリーミングとネットワーク最適化の最新動向については、 当社のホワイトペーパー を無料でダウンロードしてください。"Modern Video Streaming in the Enterprise:プロトコル、キャッシング、およびWAN最適化」をダウンロードしてください。

 

エンタープライズ・ビデオは波に乗る準備ができている

Panoptoのような動画コンテンツ管理システムを利用して企業の動画戦略を総合的に検討することで、企業はセキュリティを犠牲にすることなく、またネットワークの帯域幅を犠牲にすることなく、組織の専門知識をよりよく管理し、インターネットを介して潜在的な顧客にマーケティングを行い、営業担当者が目標を達成できるようになります。

パノプトビデオプラットフォームがどのようにお客様のビジネスにエンタープライズビデオの可能性をもたらすかについては、 当社チームのメンバーにご連絡いただき、 無料トライアルをご依頼ください