従業員オンボーディングは、 人的資源管理協会によると、「新入社員が新しい仕事の社会的およびパフォーマンス的側面に迅速かつ円滑に適応し、組織内で効果的に機能するために必要な態度、知識、スキル、および行動を学ぶのを助けるプロセス」です。

職務固有のトレーニング、福利厚生の登録、企業文化の伝達など、効果的で包括的なオンボーディングプロセスは、すべての組織の新規採用計画の重要な部分です。 従業員のオンボーディングが成功すると、従業員の定着率と満足度が向上し、ビジネス成果が向上し、より前向きな企業文化が生まれます。

 

オンボーディングを最適化し加速させる5つの戦略

非同期ビデオでエンゲージメントを大規模に強化し、オンボーディング プログラムの影響を測定する方法をご覧ください。

ebookのダウンロード

 

このガイドでは、

  • 新入社員を効果的にオンボーディングする方法
  • 非同期従業員オンボーディングとは何ですか?
  • 動画はオンボーディング エクスペリエンスをどのように改善しますか?
  • 仮想従業員のオンボーディングに不可欠なツール
  • 効果的なビデオオンボーディングプロセスを開発する方法

 

新入社員を効果的にオンボーディングする方法

従業員のオンボーディングには、従業員を会社に迎え入れ、新入社員が自分の役割で成功する準備ができていることを確認するためのトレーニングタスクが含まれています。 従業員のオンボーディングプロセスは、新しい人材をできるだけ早くスピードアップさせ、ビジネスに生産的に貢献し始めるように設計されています。優れた従業員のオンボーディングプラクティスは、仕事の満足度の向上、仕事のパフォーマンスの向上、および組織へのコミットメントの強化につながります。 競争力を維持するために、学習と開発(L&D)の意思決定者は、新入社員ができるだけ早く生産的になり、価値を付加できるように、従業員のオンボーディングとトレーニングを標準化、最適化、加速する必要があります。

では、L&Dのリーダーはどのようにして新入社員を効果的にオンボーディングするのでしょうか?

効果的な従業員オンボーディングプログラムは、次の 2 つのことを達成します。

  • 新入社員を企業文化に順応させ、エンゲージメントと生産性を維持するためのつながりの構築を開始できるようにします。
  • 会社の目標を達成するために必要なトレーニングとコーチングを提供する

オンボーディング プログラムには、日常業務をレビューする対面トレーニング、企業文化を強調する配布資料、セキュリティプラクティスなどのトピックをレビューする会社固有のビデオなどがあります。 しかし、企業や文化が進歩するにつれて、従業員のトレーニングプログラムは、非同期の従業員のオンボーディングなど、効率とスケーラビリティを向上させるための新しいテクノロジとプロセスの組み合わせを含むように変化しています。

 

💡 オンボーディングプロセスを最適化する ことで、早期の離職率を最大25%削減し、新しい空席を埋めるために約11,000ドルの費用を節約 できます。

 

非同期従業員オンボーディングとは何ですか?

リモートおよびハイブリッド作業環境の増加に伴い、L&Dチームは新入社員とのコミュニケーションを維持するために進化してきました。 多くの企業は、非同期の従業員のオンボーディング、つまりライブセッションではなくオンデマンドで利用可能なオンボーディングを採用しています。

非同期通信は、メッセージ間または一方向通信の間で遅延を伴うやり取りであり、対象ユーザーが都合の良いときに受信できます。 オンボーディング プログラムで非同期通信を利用するということは、新入社員が主に、電子メール、録画された会議、オンデマンド ビデオ メッセージなど、以前に作成したメディアを通じてトレーニングを受けることを意味します。 非同期オンボーディングは、1 回限りのライブ会議やビデオ会議ではなく、従業員にとって最も有用な時間、場所、方法で資料に取り組めるようにし、非常に効果的です。

 

 

動画はオンボーディング エクスペリエンスをどのように改善しますか?

安全で内部的なビデオ学習ライブラリにより、先見の明のある企業は魅力的で効果的なオンボーディングプログラムを大規模に提供できます。 ビデオ従業員のオンボーディングの利点は次のとおりです。

  • トレーニングコストの削減: 現状では、従業員のオンボーディングは高価な作業です。 経営コンサルタントのマーク・スタイン氏とリリス・クリスチャンセン氏の著書『オンボーディングの成功』によると、企業はオンボーディングの過程で新入社員の年俸の最大30%を費やしているという。 非同期ビデオにより、コストのかかる対面トレーニングの必要性がなくなるため、トレーニングコストは指数関数的に削減されます。
  • 知識の保持率の向上: 概念や詳細を覚える人々の能力を向上させるためにビデオが示されていることをご存知ですか? オンボーディング中にビデオを使用することで、従業員は情報を保持する可能性が高くなります。 追加のボーナスとして、堅牢なビデオ管理システムは、オンボーディングの完了後に質問がある場合に、ユーザーがビデオで話し言葉や書き言葉を検索できる検索機能を提供します。
  • 一貫性のある最新のコンテンツ: ビデオは、L&Dチームがすべてのトレーニングセッションで一貫性を維持し、必要に応じてトレーニングビデオを簡単に更新する機能を保証します。
  • 従業員のエンゲージメントとつながりの向上: ビデオは個人的なものです。 チームメンバーを紹介したり、人間的な要素でメッセージを配信したり、5フィートまたは5,000マイル離れた場所にいるチームをつなぐために使用できます。
  • 測定可能な結果: 動画管理プラットフォームを通じて提供される分析により、L&Dチームはオンデマンドのオンボーディング動画に対する従業員のエンゲージメントをよりよく理解できます。 これらのメトリックは、どのトレーニング ビデオが最も多く使用されているか、新入社員が追加の学習を必要とする可能性がある場所、および従業員がコンプライアンスの目的で必要なトレーニングを完了しているかどうかを共有します。

 

 

 

仮想従業員のオンボーディングに不可欠なツール

ビデオはすでに分散した世界で知識を共有する方法の基盤となっており、多くの L&D リーダーは非同期ビデオを活用してオンボーディングとトレーニングを実施しています。 オンデマンドのオンボーディングビデオは、柔軟で詳細なコミュニケーション媒体を提供します。 視聴者はいつでも、どこからでも動画を視聴でき、後で検索してもう一度視聴できます。

ビデオオンボーディングプログラムを効果的に管理するために、コミュニケーションエコシステムには3つの主要なツールがあり、L&Dリーダーが必要なときに必要な場所で貴重な知識をキャプチャ、共有、アクセスし、その結果、新入社員のエンゲージメントと生産性が向上します。

 

 

  • ビデオ会議ソフトウェア。 Zoom、WebEx、Microsoft Teamsなどのビデオ会議ソリューションは、リアルタイムのトレーニングの機会を提供します。Panoptoでオンデマンドの従業員オンボーディングを体験
  • 学習管理システム。 多くの L&D チームは、Cornerstone、Docebo、SAP SuccessFactors などの学習管理システムを使用して、トレーニングコンテンツを 1 か所にまとめ、配信、追跡しています。
  • ビデオ管理システム。 Panoptoのようなビデオ管理システムは、組織のオンボーディングリソースのための一元的で安全で検索可能なチャネルです。 オンボーディング資料をオンデマンドの知識に変換し、いつでもアクセスできる企業 YouTube と考えてください。

 

 

📣 「Panoptoを使えば誰でも、どこでも同じ情報を得ることができる、効率的で便利なツールです。研修を迅速化し、何百時間もの時間を節約することが可能となりました。」

ジェイミー・ビックネル、マーケティングマネージャー、 アメリカン1信用組合

 

効果的なビデオオンボーディングプロセスを開発する方法

非同期ビデオ オンボーディングは、最適化されたスケーラブルなソリューションを提供し、新しい従業員のエクスペリエンスを向上させます。 ビデオのオンボーディングはどの組織でも実現可能であり、難しいことではありません。 効果的なビデオ従業員オンボーディング プログラムを計画および実行するために従うべき 7 つの主要な手順があります。 

ビデオベースのオンボーディングプロセスを設計するための7つのステップ

    1. すべての新入社員の一連のコア オンボーディング トレーニング活動を特定します。
    2. オンデマンドビデオトレーニングで最適化できるオンボーディングアクティビティを決定します。
    3. 各新入社員の最初の 60 日間または 90 日間の毎週のオンボーディング スケジュールを綿密に計画します。
    4. 役割、部門、および場所固有のビデオで上記の手順を繰り返します。
    5. プロセスを文書化し、他の部門と共有して、コンテンツを追加できるようにします。
    6. オンボーディング エクスペリエンスを自動メッセージと一貫性のあるものにします。
    7. ビデオ分析を使用して、視聴アクティビティを監視します。

 

📣 「私たちはグローバルに成長しています。 過去10年間で規模は倍増し、今日では米国だけでなく、国際オフィスに多くの従業員がいます。

では、どうすればそれをサポートし続けることができるのでしょうか。 ソフトウェアに大きな変更があった場合、インストラクター主導のトレーニングのみを行っている場合、そのメッセージをどのように伝えることができますか? 12人もの人が外に出てクラスを率いるためにお金を払わなければならないでしょう、そしてそれは高価な提案です。

そのセッションを部屋で一度開催し、Panoptoを使用してそのクラスをリモートオフィスの100人にライブでブロードキャストし、録画してオンデマンドで利用できるようにする方が賢明な選択肢だと思います。

ケン・デイビス、シニアラーニングテクノロジースペシャリスト、 クアルコム

 

 

Panoptoを試して、ビデオトレーニングの作成がどれほど簡単かを確認してください

無料トライアルの制限なし。インストールの必要はありません。ユーザーアカウントやクレジットカードも必要ありません。

録音開始

 

公開しました。6月16, 2022日