どの組織にもあり得ること。

誰しも、作業中に他のメンバーからの回答を待っている間、作業が滞ってしまうことがあります。

同僚が情報やアドバイスを求めたとき、当社メンバーの大半は私たちの専門知識を共有することを喜んでいます。しかし、私たちが決して聞かれなかったり、利用できなくなったり、別の場所で新しい仕事を始めるために会社を去った場合、私たちは知っていることを共有することはできません。そして、それは不満と非効率性の両方につながります。

このレポートは、これらの非効率性に価値を置いてます。さまざまな業界の1001人の米国人従業員を調査し、同僚の精度的知識を使用した(また使用せずに対処した)経験について、できるだけ学びました。わかったことは、企業は2つの方法で知識の共有に苦しんでいるということです。1つは従業員のオンボーディングの効率を低下させること、もう1つは日常業務の生産性を低下させることです。

調査結果は驚くべきものでした。報告書の全文と、あなたの会社がどの程度影響を受けているかを計算するには、この先をお読みください...

ケリーに会う。

そしてケリーの専門知識。

すべての仕事にはニュアンスがあります。すべての組織には独自の習慣や文化があります。したがって、すべての従業員は、他の誰も持っていない知識で終わります。そして、その「ユニークな知識」は貴社にとって最も価値のある資産です。

固有知識の価値を説明するために、ケリーを紹介したいと思います。ケリーの専門知識は、効率的な仕事や厄介な状況への対処など、人が仕事で成功するために必要なあらゆることに役立っています。

ただ一つ問題があります。それは、ケリーの専門知識はすべえ彼女の中にあることです。彼女の同僚がそれを利用するためには、本人を経由しなければならないのです。

それは、ケリーの会社にとってどんな意味を持つのでしょうか?動画を見てみましょう。

 


気付かずに毎年何百万もの無駄遣い

私たちは皆、私たちのキャリアを通じてユニークな知識を身につけます。この知識が、新しい仕事の最初の月が二十一番目の月よりもずっと難しい原因となっています。しかし、この種の知識はとてもオープンエンドなので、その価値を測定することはめったにありません。そして、企業が生産性を上げるものを在庫化すると、それを見落としがちです。

しかしそれは、多大な時間の無駄や従業員の不満につながります。

60%の従業員が、仕事をするために必要な情報 を同僚から得ることは難しい、非常に難しい、あるいは ほぼ不可能であると報告しています。

従業員は週に5.3時間 情報を待つために費やしています。このような遅延は、プロジェクトのスケジュールに大きな影響を与えます。66%は最長で1週間、12%は1ヶ月以上になります。

81%の従業員は、自分の仕事を適切に行うために必要な情報にアクセスできない時、 不満を感じています。

知識共有を怠った場合、どのくらいの損失が生まれるのか?

%
ドル
時間
時間
あなたの組織の内部知識のうち、文書化して共有できるものはどのくらいありますか?
 
新しいテクノロジーを職場に導入したとき、それを使う社員はどのくらいいるでしょうか?
 

年間生産性コスト

知識の共有が遅れることで 100万円、オンボーディングが非効率であることで m、合計で mの生産性が毎年失われているのです。

生産性低下による年間総コスト

(計算は米ドルで表示されています。不十分な知識共有にかかるコストは、非効率的な情報交換による年間生産性の低下と、新しい従業員の非効率的なオンボーディングを組み合わせることによって算出されました。年間生産性の損失は、企業の従業員数 x 平均時給 x 非効率に費やされた週単位時間 x 年間週間 x 使用率評価率 x 採用評価率の積として算出されました。オンボーディング非効率コストは、従業員数 x 年間従業員離職率 x 平均時給 x 新しいジョブの習熟度までの月数 x 非効率に費やされた週単位時間 x 使用率評価率 x 採用評価率の積として算出されました。)

職場の知識と生産性に関するレポート

組織知を保存し、共有する企業は迅速なオンボーディング、高い生産性、そして最終的には収益にプラスの影響を与えます。

いくらですか?答えはすべてのビジネスに固有のものです。しかし、私たちのレポートの数値は、プロアクティブな知識共有の価値を説得力のあるものとなっています。

このページのフォームに記入するだけで、無料で完全なレポートを手に入れることができます。

レポートをダウンロードする