従業員の知識は、すべての組織にとって重要な資産であり、収益に大きな影響を与えるものです。 アナリスト企業のIDCは、知識を適切に共有できなかったために、Fortune 500企業では少なくとも年間315億ドル の損失が発生していると推定しています。

最新のエンタープライズ・ラーニング・プラットフォームの機能セットが拡大し続ける中、最も重要な新機能の多くは、企業が の組織的な専門知識をよりよく保存・管理するために構築されています。

学習する組織の基盤作り

学習ポータルは、適応性の高い学習型組織の基盤を構築しようとする企業にとって必須のものです。多くの場合、 学習する文化を創造するための最初の一歩となります。 以下のような学習ポータルを採用した組織は、早い段階で知識共有をビジネスの中核的価値にすることができます。

ソーシャル・イネーブルド

知識経済では、誰もが何かの専門家です。 ソーシャルラーニング の実践により、組織はすべての知識を保存し、組織内の他の人がより多く、より速く学習できるようになり、ひいてはビジネスを推進する活動を加速させることができます。最高のラーニングポータルは、これらの情報のハブとなり、一元的にアクセスできるようにします。

キュレーションが可能

情報は整理されなければ意味がありません。学習開発チームがスキルギャップを埋めるために取り組んでいる場合でも、新しいプロセスを展開するために取り組んでいる場合でも、あるいは単に新しくて有用なものを強調するために取り組んでいる場合でも、学習ポータルは厳選されたコンテンツに簡単にスポットライトを当てることができるようにしなければなりません。 の強力な検索機能 は、キュレーション機能をスマートに補完し、従業員が特定の詳細情報をオンデマンドで見つけられるようにします。

ビデオ対応

テキストベースのソーシャルラーニングやナレッジマネジメントのプロセスには、「詳細なドキュメントを書くのは難しく、時間がかかる」という根本的な欠点があります。ビデオは、専門家が直接会ったときと同じように情報を提示し、必要なときに必要な場所で誰もが利用できるように保存することができる、より良い選択肢です。ラーニングプラットフォームでネイティブにサポートされていても、「corporate YouTube」のビデオプラットフォームと統合して接続されていても、今日のナレッジエコノミーのリーダーが従業員の専門知識を管理する上で、ビデオは非常に重要な役割を果たすようになっています。

最大限の学習を支援するツールを見つける

ほとんどの組織が知識の共有を優先していますが、学習効果を最大限に高めるカスタマイズされた学習ポータルを作成するためにどのような技術が必要なのかはあまり知られていません。企業の学習を大規模に実現するための障壁を取り除く代表的なテクノロジーは、 学習管理システム (LMS)と ビデオコンテンツ管理システム (ビデオCMS)の2つです。

LMSとビデオCMSを併用することで、ナレッジマネージャーやエグゼクティブリーダーは、ナレッジエコノミーにおける企業のリーディングエッジを維持するための学習ポータルを開発することができます。

Your LMS And A Video CMS:真のeラーニングの成果を得るためには、より良い組み合わせが必要です.