Panopto Conferenceからインスピレーションを得て、次のビデオ実験を行う。

チチェスター大学マーケティング担当上級講師 Jennie White氏によるゲストブログ記事

ジェニーホワイト先日、 Panopto Conference において、パネルディスカッションの議長を務めました。このパネルでは、何人かの学者が、教育や学習のためのビデオ利用について詳しく話していました。このパネルディスカッションは、一日中行われた他の多くのカンファレンスセッションとともに、皆がそれぞれ異なる方法でビデオを使用していたので、私にとってはとても興味深いものでした。このパネルは、一日中行われた他の多くのセッションとともに、私にとって非常に興味深いものでした。

その中でも特に気になったのは、このブログでも紹介したダニエル・ムーア博士とのパネルディスカッションの準備中に交わした会話です。 ビデオを使った生徒へのフィードバック.これは素晴らしいアイデアであり、私の大学でも活用できると思いました。私たちのアドミンオフィスには、マークされたまま回収されていないスクリプトや課題があふれていますが、私の学生の多くは、成績を向上させるためにフィードバックにもっと積極的に関与することが有益だと思います。私は、学生のライティングスタイル、参考文献の使い方、内容の改善方法、採点基準と学生の作品とのミスマッチなどについて、多くの時間をかけてコメントを書きます。しかし、学生は一度採点を受けると、改善策を求めて私に相談することはほとんどありません。もし学生が私たちからのフィードバックをもっと活用してくれれば、自分の弱点に対処し、強みを伸ばし、同じ間違いを繰り返さないことで、より高い評価を得られるのではないかというのが一般的な意見です。

もちろん、問題はどうやって学生にこのような能動的な関わり方をさせるかということですが、ビデオはそのための非常に効果的な手段だと思います。

大学の講師である私が主にターゲットとしているのは、ジェネレーションYとZに該当する学生たちで、彼らは動画の最大の消費者です。彼らはデジタルネイティブであり、必要なときに必要な情報を得ることができます。動画をコミュニケーションの中心に据えることで、講義内容を時間的に柔軟なフォーマットで提供し、学生が最も必要とするときにアクセスできるようにしています。Panoptoの統計データを見ると、午後11時から午前1時頃にアクティビティが急増していることが多いのですが、これは学生が課題のために資料を見直している時間帯であることを示唆しています。しかし、ビデオの使用傾向にかかわらず、主な利点の1つは、コンテンツをこの時間に消費する必要がないことです。つまり、学生は朝一番や午後遅くに復習することができます。また、実際の授業の観点からも、評価の際のメールのやり取りを大幅に減らすことができるので、私にとっても楽になりました。録画したビデオの関連箇所を生徒に紹介すれば、たいていの質問に答えられるからです。

実は、私は何年も前から授業の一環としてビデオを使っています。2007年に始めて、自分の講義を録画し、初歩的なソフトウェアツールを使って、その録画を講義のスライドにマッピングしていました。その1年後には、エジンバラで開催されたBMAF会議で、レクチャーキャプチャーの有効性に関するミニ研究プロジェクトの結果を発表しました。2008年のBMAF会議で発表した経験から、大規模で多様な学生コホートでは、ビデオは一貫したメッセージを伝えるのに最適なメディアであり、物理的な講義が終わった後に再訪することができることがわかりました。

その後、私はビデオに対するアプローチをさらに発展させ、教室でのビデオの新しい使い方を取り入れてきました。通常の授業に加えて 講義録画また、現在はマーケティング戦略の様々な側面について「マイクロレクチャー」を作成しています。例えば、マーケットリーダーの戦略的選択肢などです。最近では、アンソフのマトリックスなどの理論的なマーケティングモデルについて、Panoptoの「キャプチャー・プライマリー・スクリーン」機能を使って、スマートボード上でビデオによる「ペンキャスト」を行っています。Panoptoの「主画面のキャプチャ」機能を使って、スマートボード上で、アンソフのマトリックスなどの理論的なマーケティングモデルのビデオ「ペンキャスト」を行いました。理論的なモデルがどのように構築されているかを、段階的に伝えるための素晴らしいツールです。

また、ビデオを使ってパワー 反転授業.生徒からは、事前にビデオを見ておくことで、より理解が深まり、議論がしやすくなったとの感想が寄せられています。

ムーア博士のビデオフィードバックの使い方に触発されて、さらには ダービー大学のFlexible Feedbackプロジェクト Panopto Conferenceでは、チチェスター大学で同様のアプローチを実施するための私の最初のステップは、課題の概要を記録することでした。前年度の学生の提出物を使用し、学術的な課題を正しくレイアウトする方法と、学生がどこで点数を失ったかを示すために、ビデオフィードバックを行いました。

私の計画では、これを基に、新しい学生の課題提出をビデオで採点することにしました。私が採点している様子を録画し、セクションごとの学生のスコアをマークシートに入力する間は一時停止し、私のコメントを文字と音声の両方で記録します。その後、Moodleの秘密のエリアで学生にビデオを公開し、学生には採点基準を使って自分で採点してもらい、私にその点数を送ってもらいます。生徒がそれを行ったら、私は自分のマークを明らかにし、その違いを比較します。すでにこのプロセスの予行演習として、学生に去年の原稿を採点基準を使って採点してもらいました。興味深いことに、彼らの採点は非常に正確だったので、実際にこのプロジェクトを実行しても、それほど大きな差は出ないと思います。

学生の採点結果と私の採点結果はほぼ同じになると予想していますが、途中でさまざまな驚き(双方にとって!)があるでしょう。例えば、最初に課題の概要をビデオで撮影し、私の採点プロセスを紹介したとき、多くの学生は、私が課題を完成させるためにどのようなリソースを使用したかを確認するために、必ず参考文献から始めることを知りませんでした。このことは、現在私が採点しているスクリプトの水準を劇的に変えました。なぜなら、参考文献はすでにはるかに豊富で、内容もはるかに情報に富んでいるからです。もちろん、学生には何年も前からこの方法で採点しているのですが、学生の課題の質がこれほど飛躍的に向上したのは今年が初めてです。

学生の作品の質がすでに向上していることを考えると、この新たな展開にも積極的に取り組んでくれると思います。このプロジェクトに対する学生の意見をよりよく把握するために、学生にアンケートを取るつもりですので、すぐにフィードバックが得られるでしょう

ビデオを使って学生のフィードバックを強化したり、教室を反転させたり、「マイクロレクチャー」を作成したり、講義内容を録画したりしたいとお考えの教育機関の方は、Panoptoチームにご相談いただき、スケジュールを調整してください。 オンラインデモ を設定します。 無料トライアル.

公開:12月 16, 2015