LMS?チェックします。ビデオ会議ソリューション?チェックです。ビデオ管理システム?はい。これで、私たちが「ビッグ3」と呼ぶ、 バーチャルクラスルームの技術的なバックボーンが揃いました 。バーチャルクラスルームが真の教育、学習、そして社会的なつながりの場となるためには、どのようにインフラを利用すればよいのでしょうか?

非同期の学習体験 とビデオの使用は、成功するバーチャルクラスルームの中心的な特徴です。世界中の公立大学や私立大学などのお客様とお話ししていると、学習成果を向上させ、アクセス性を高め、必要とされるコミュニティ意識を醸成するために、ビデオを使用する様々な方法があることを知りました。当社のウェビナー「Acing the Virtual Classroom with Asynchronous Video 」では、ビデオが果たす基本的な役割について、当社の同僚であるChris Alibaruhoがさらに説明しています。

完全なバーチャルクラスでもハイブリッドクラスでも、成功に導くための6つの戦略をご紹介します。

反転授業

反転教室 は新しい現象ではありませんが、仮想教室を反転させることは、学校がオンライン学習に移行する中で、最近流行しています。

反転授業の先駆者であるジョナサン・バーグマンは、反転授業は一つの中心的な質問から始まると言います。"フェイス・トゥ・フェイスの授業時間を最大限に活用するにはどうすればよいか?リモート環境では、この「対面式授業」はZoomのような同期式ビデオ会議として実現するかもしれません。いずれにしても、生徒が対面またはZoom経由で会う前に、あるトピックを取り上げた反転ビデオを見ることで、授業時間を一方的な講義ではなく、議論や討論のために使うことができます。気が散って集中力が低下しやすい遠隔地の学習環境では、同期ツールを使って学生と交流することで、貴重な時間を有効に使うことができます。

反転ビデオでは、教師は、生徒が直接またはZoomで教室に来たときに、ディスカッションのための質問を考えてもらうことができます。また、質問やクイズを埋め込んで、生徒が教材を習得しているかどうかを確認することもできます。反転授業のビデオ分析では、学生がどの教材を見ているか、どこで停滞しているか、同期セッションの準備をしているかどうかなどを教師に知らせることができます。

ハイフレックス・ラーニング

HyFlexとは、各クラスが「対面式」「同期式オンライン」「非同期式オンライン」の3つの形態で提供されることを意味します。このモデルでは、公衆衛生上の危機、自然災害、政治的・市民的不安の発生時など、必要に応じてクラスを100%オンラインにシームレスに移行できる柔軟性を備えています。

また、HyFlexのアプローチは、多様な学生コミュニティをサポートし、より包括的な学習環境を可能にします。例えば、仕事と家庭を両立させている学生は、自分のニーズに合った方法で参加・学習することができます。

HyFlex学習には多くの利点がありますが、このモデルを強く支持している人でも、適切な計画を立てなければ、うまくいかないという点では同じです。対面式とオンライン式の両方で学生を惹きつけ、さらに充実した非同期式の学習体験を提供するのは難しいことです。さらに、HyFlexは、必要なテクノロジーを手に入れ、その効果的な使用方法を学ぶための先行投資が必要です。

Panoptoのようなソリューションは、学習管理システム(LMS)やビデオ会議技術とシームレスに統合されており、これらの課題を克服することができます。Panoptoのようなクラウドベースのソリューションは、余分なハードウェアを必要としません。このパンデミックの間、教師と生徒はより柔軟になり、生徒がどこにいても、どんな環境でも参加できるようになりました。

学生の動画プロジェクト

バーチャルクラスルームでは、学生がライブでプレゼンテーションを行うことは困難です。学生はクラスにいないので、グループプロジェクトに取り組んだり、クラスメートの前でプレゼンテーションを行ったりすることができません。しかし、ビデオプロジェクトは、生徒が協力して特定のトピックに関する知識を披露する良い機会となります。また、生徒が自分で撮影したビデオで先生にプレゼンテーションを提出することもできます。

学生のビデオプロジェクトは、学生が知識の理解を深め、その情報を教師やクラス全体に伝えるための代替的かつ創造的な方法を提供します。また、ビデオを使ったプレゼンテーションは、生徒が特定の分野をより詳しく調べたり、プレゼンテーションスキルを練習したりするのに最適な方法です。

ビデオプレゼンテーションは、非同期型と同期型のツールを組み合わせて行うことができます。学生が個人的にプレゼンテーションを行う場合は、Panoptoを使って録画し、クラスメートや講師と共有することができます。複数の学生が一緒にプロジェクトに取り組んでいる場合は、複数の学生がそれぞれの場所から参加しているZoomでコンテンツを録画し、その録画をPanoptoにアップロードして編集、共有、保存することができます。

自分の中のYouTubeを表現する

昔、つまりパンデミックが起こる前は、ほとんどの人がビデオを完成させてから世界に向けて発信していました。教育や娯楽のために映像を制作しようとする人は、高価な機材や照明、マイクなどに投資していました。しかし、誰でも簡単に映像制作ができるようになった現代では、映像の信憑性と制作の質を比較して判断する傾向があります。私たちはお客様から、完璧に作られたビデオコンテンツよりも、演出されたような不完全なビデオの方が学生に好まれると聞いています。

YouTuberはコメントでフィードバックを求めることが多く、それがフォロワーに自分のコンテンツとの対話を促すのに役立っています。同様に、バーチャルクラスルーム用の教育用ビデオコンテンツを作成する際、ビデオの途中や最後にフィードバックや質問を求めることは、生徒との対話やコンテンツの改良に有効な方法です。YouTubeと同じように、Panoptoのような動画管理プラットフォームは、生徒がいつ動画を見るのをやめたのか、どの部分を再生しなければならなかったのか、何人の生徒が最後まで動画を見たのかなど、貴重な分析結果を提供します。このデータは、ビデオコンテンツを改善するための豊富なインサイトを提供します。

非同期の水曜日

Panoptoでは、「Asynch Wednesday」と称して、社員のために会議のない日を設けています。週に一度、会議に出席しない日を設けることで、チームは特定のプロジェクトにより深く集中したり、集中力を要する活動を行うための必要な時間を確保できることがわかりました。

カリフォルニア大学アーバイン校の研究者によると、典型的なオフィスワーカー(パンデミック前)は、およそ3分5秒ごとに中断されたり、タスクを切り替えたりしていることがわかりました。 。また、中断したタスクを元に戻すのに23分15秒かかることもあります。世界的な大流行により、多くのプロフェッショナルが自宅で仕事をしなければならなくなり、仕事と仕事以外の責任を同時に管理することで、中断の数は増える一方です。

また、バーチャルクラスルームでは、同期授業、宿題、自宅での気晴らしなどをこなしている生徒は、頻繁に中断され、個別のタスクを完了することに集中できないことがあります。

1週間のうち1日を非同期活動に充てることで、講義の遅れを取り戻したり、研究プロジェクトに取り組んだり、テスト勉強をしたりすることができ、学生が様々な課題に追いつき、ズーム疲れを防ぐことができます。

紹介ビデオ

バーチャルクラスルームに適したもう一つのPanoptoの伝統は、紹介ビデオです。新入社員がパノプトに入社すると、自分が何者であるか、どこから来たのか、以前の仕事の経験や情熱的なポイントなどを紹介するビデオを録画します。短くてシンプルなものもあれば、凝ったものもあります。これらのビデオを通じて、シアトルの社員はシドニーの新入社員を知り、料理への情熱を共有していることや、かつて同じ都市に住んでいたことなどに気づくかもしれません。今日のバーチャルな世界では、まだ直接会ったことのない同じ都市の社員が、この紹介ビデオを通じてお互いを知ることができるかもしれない。

同様に、年初めの生徒は、自分でビデオを作って先生やクラスメートと共有することができます。これは、生徒が自分のことを紹介し、自分のペースで自分のことを少しだけ話すのに最適な方法です。Zoomのライブ授業では、生徒は自分のことを即興で話したくないかもしれませんが、事前に数枚のスライドを用意してビデオを録画する機会があれば、多くの生徒はその機会を歓迎するでしょう。このビデオによって、生徒たちは比較的短時間でお互いについて多くのことを知ることができ、年度初めや学期初めには特に役立ちます。

次年度の計画を立て、対面式の授業と遠隔地での学習のハイブリッドな世界をどのように乗り切るかを考えるとき、以下の戦略を試してみてはいかがでしょうか。

CASE STUDY: OneSchool GlobalがCanvasとZoomにPanoptoを統合し、シームレスなデジタルエコシステムを構築した事例をご紹介します>