2005年にサービス開始したYouTubeは、今やオンライン動画の代名詞となっています。そしてYouTubeが登場する以前は、ウェブ上で動画を共有することは普通、次のようなことを意味していました。 

  • カメラで撮影した映像をパソコンに取り込む方法を考える
  • ファイルを自分のウェブサイトやFTPサイト、その他のネットワークにアップロードする
  • 動画リンクを他の人が見つけ、閲覧できるようにする

これらはすべて、自分でなんとかしなければいけないことでした。当時オンライン動画再生はなかったので、視聴者は動画をフルダウンロードし(6MBPSのダイアルアップモデムでは永遠のように時間がかかります)、インストールされているメディアプレーヤーで再生できるように変換しなければなりませんでした。 

YouTubeが登場する前の時代を覚えている人は、オンラインで動画を探して見るのに、どれほどの労力が必要だったかを覚えていることでしょう。 

しかし、YouTubeの動画配信プラットフォームがすべてを変えました。

YouTubeの登場により、動画をオンラインで共有、検索、ストリーミングすることが非常に簡単になりました。実際、最近では動画のオンライン共有があまりにも簡単になったため、YouTubeプラットフォームが実際に行っていることの複雑さは見落とされがちです。 

ユーザーがYouTubeに動画をアップロードすると、その動画は自動で一般的なフォーマットに変換され、無料でホスティングされ、小さなセグメントに分割されます。そしてインターネット接続が不安定でも最小限のバッファリングと最高の品質になるように調節され、ダイナミックに配信されます。クリエイターは自分の動画に、自動生成された字幕を追加できます。さらに、YouTubeはタイトルやタグ、視聴者が残したコメントなど動画に関するさまざまな情報を取得し、検索結果で活用します。視聴者はYouTubeの増え続けるライブラリーの中から、関連性のある動画コンテンツや興味深いコンテンツを簡単に検索したり、閲覧することができます。

YouTubeの登場から10年以上が経過した今、あらゆる世代の人々が、パソコンやスマートフォン上で画面を数回タップするだけで、動画を共有・視聴できることを当たり前のように感じています。 

2019年には、なんと 93パーセント のインターネットユーザーが少なくとも月に1回、オンライン動画を視聴していました。また、昨年のアクティブユーザー数では、Facebookが僅差でYouTubeを上回ったものの、YouTubeは依然として 最も人気のあるソーシャル・プラットフォームで、毎日10億時間以上、動画が再生されていました。これは、NetflixとFacebookの動画を合わせた時間よりも長い時間です。 

新しい情報を得たいとき、何かを学びたい、あるいは楽しみたいとき、現代人の多くは文字を読むよりも映像を見たいと思っています。そして オンライン動画の視聴 人気はかつてないほど高まっています。過去5年間で、オンライン動画の視聴者数は、アメリカ人がテレビを見る総時間を奪い始めました。 

 

オンラインでの動画視聴時間

 

YouTubeは、動画公開の最適なプラットフォームとは限らない

YouTubeはパイオニアであり、現在も最大のオンライン動画配信プラットフォームですが、動画のホスティング、共有、ストリーミングのためのプラットフォームは、今やYouTubeだけではありません。YouTubeに対抗する多くのプラットフォームが登場し、それぞれが新しい機能を提供しています。 

さらに、消費者向け YouTube とは異なる動画活用方法を必要とする企業や教育機関のニーズに応えるため、他のオンライン動画配信プラットフォームが日々進化してきています。昨今の動画ニーズには次のようなものがあります。 (企業動画のトレンド参考記事):

  • 企業における社内コミュニケーション、従業員研修、ソーシャルラーニング、リモートコラボレーション、会議録画の動画作成ニーズの高まり。多くの動画は機密性が高く、Youtubeにプライベートモードで アップロードするのはリスクが大きい。
  • メディア企業における自社の映像コンテンツをオンラインで配信し収益化するための、通信会社を回避する傾向。 
  • 教育機関における 同期・非同期の両方の動画ソリューション両方への依存。 世界的なコロナ禍でも質の高いハイブリッド型の教育を提供するための工夫が求められる。 

幸いなことに、あなたのニーズがどのようなものであれ、動画配信プラットフォームの選択肢は多くあります。しかし、どのようにして自分に合うツールを見つけたら良いのでしょうか?

 

動画配信プラットフォームのRFPで聞くべき質問トップ10動画配信プラットフォームの定義とは?

動画配信プラットフォームとは、オンラインで動画を作成、ホスティング、検索、ストリーミングするための非同期の動画技術です。動画配信プラットフォームは、コミュニケーション、教育、娯楽を目的とした動画コンテンツの撮影、管理、視聴を可能にします。動画配信プラットフォームは、リアルタイムで双方向の動画コミュニケーションができる同期型の動画によるWEB会議の技術とは異なり、オンデマンド動画や、最近では1人から不特定多数の人へライブストリーミングで動画を配信するなど、様々なソリューションを提供します。

 

現在、人気トップの動画配信プラットフォームは、それら機能の点で他と違うものがあります。消費者向けのものもあれば、機関投資家向けのものもあります。あるものは、主に 動画コンテンツ用ライブラリの機能を重視したものであったり、またあるものは、録画、ライブストリーミング、編集などのプリセットの機能を重視したものであるときもあります。また、単独での使用を目的としたものもあれば、他のビジネスシステムとの統合が容易なものもあります。また、最初から包括的なシステムとして構築されているものもあれば、個別にカスタマイズして販売されるものもあります。

動画配信プラットフォームの技術には多くの違いがあり、さまざまな機能やプランをすべて解明して比較するのは簡単なことではありません。まずは、動画配信プラットフォームの機能をいくつかの基本的なカテゴリーに分けて、選択肢を把握することから始めましょう。

動画配信プラットフォームでできること


動画配信プラットフォームが提供できる潜在的な機能の範囲を理解することは、お客様のニーズに合った長期的に最適なソリューションを評価するのに役立ちます。最も柔軟で包括的な動画配信プラットフォームは、以下のような機能を兼ね備えています。

 

動画ホスティング & 管理

 

視聴性 & 生産性

 

映像制作

 

  • セキュリティに強い、誰でも見れるようにする動画ホスティング
  • 動画の自動処理
  • 視聴者の権限管理
  • ネットワークに適した効率的なストリーミング配信
  • 視聴者を意識した動画分析
  • クラウド
  • 他ツールとの連携と開発者用API
  • ブランドのカスタマイズ
  • OTTと収益化
  • インタラクティブなマルチソースHD動画プレーヤー
  • スマートな動画検索 
  • サブスクリプション& 動画のタグづけ
  • 動画内のナビゲーションツール
  • タイムスタンプ付きのノート、コメント、お気に入り
  • 文字起こし、字幕、アクセシビリティ
  • 再生速度の変更
  • モバイルアプリ
  • シングル& マルチカメラの動画撮影
  • 画面録画 & スライド記録
  • 会議の録画 & 録音
  • ライブストリーミング配信 & ウェブキャスティング
  • 自動録音 & 自動スケジューリング
  • 動画編集
  • 動画内クイズ

 

たくさんありますね。どこから始めればよいのでしょうか?そこで私たちは、アナリストのレポート、レビュー、そしてプラットフォームの情報を比較し、現在市場にある動画配信プラットフォームを比較してみました。

2021年のベスト動画配信プラットフォーム10選

 

  1. YouTube
  2. Panoptoは
  3. Brightcove
  4. Vimeo
  5. IBM Watson Media
  6. Kaltura
  7. JW Player
  8. Qumu
  9. Media Platform
  10. Microsoft Stream

 

YouTube

おすすめの理由: 動画コンテンツを誰にでも見せられること、動画コンテンツの収益化がしやすいこと、そしてエンゲージメントしているフォロワーを増やせること

大衆向けに動画コンテンツをホスティングして共有する場合、できるだけ多くの人に見てもらうために、これ以上良いライブラリはありません。YouTubeは、親会社であるGoogleに次いで、オンラインで2番目に人気のある検索エンジンであり、オンデマンドの動画コンテンツやライブストリーミングをアップロードするためのプラットフォームを無料で提供しています。動画コンテンツを世界に向けて発信したい、あるいは動画のフォロワーを増やしたいと考えているなら、YouTubeは最適なプラットフォームです。YouTubeでは、ユーザーがお金を払ってコンテンツを宣伝することで、より多くの人に見てもらい、フォロワーを増やすことができます。もちろん、YouTubeのプラットフォームとGoogleの検索結果の両方で、あなたの動画を見つけることができます。また、YouTubeは、動画の書き起こしや、自動的なキャプションの作成も可能です。

もちろん、動画コンテンツを、全員ではなく自分が選んだ視聴者だけに見せたり、非公開の動画を他人と安全に共有することを目的としている場合は、YouTubeは最適な選択肢ではないかもしれません。YouTubeでは、動画を非公開にしたり、個々のユーザーと共有したりすることができますが、ほとんどの組織では、 十分に安全ではありません。もうひとつのセキュリティ上の懸念は、YouTubeの サービス利用規約(TOS)です。これは、お客様がYouTubeに動画をアップロードする際に、その動画の知的財産権を譲渡し、YouTubeにお客様の動画コンテンツをコピーして再配布するためのロイヤリティーフリーのライセンスと権利を付与することを明記したものです。 

YouTube - 動画配信プラットフォーム

Panoptoは

おすすめの理由: 動画や、録画した会議を安全に共有し、安全にストリーミング配信をしたり、リモートでの動画コミュニケーションやコラボレーション、従業員の人材開発、Eラーニングおよびブレンデッド・ラーニングなど、さまざまなニーズに合わせて拡張しながら利用できる唯一の動画プラットフォームです。

誰でも見れる設定で動画を発信したくない、あるいは意図していない組織内の人々に向けて動画を発信したくないという場合、Panoptoは最も完全で、安全な動画ソリューションを提供しています。YouTubeとは異なり、Panoptoに保存されたすべての動画資産の所有権は、あなたにあります。

Panoptoは、詳細な情報や知識を動画で迅速かつ安全に共有することをサポートするために開発されました。Panoptoは包括的な動画配信プラットフォームで、動画管理と動画作成のために必要なツールを簡単に利用でき、初心者でも理解しやすく、ホスティングしたり、視聴者にも見やすいインタラクティブな動画を作成することができます。また、Panoptoには、さまざまな他のサービスとの 連携が可能です。 ユニファイド・コミュニケーション・ソリューション(UCソリューション)、学習管理システム(LMS)、コンテンツ管理システム(CMS)、コラボレーション・ツールなど、企業や教育機関がすでに使用しているシステムと簡単に連携できます。

オールインワンのプラットフォームであるPanoptoは、記録と再生を同時に行うことができます。 ライブストリーム映像の全体を、一元的に管理することができます。 ビデオライブラリ Panoptoでは、動画の圧縮、変換、ストリーミングへの最適化など、バックエンドの操作を自動的に行います。すべての動画で話されている、または画面に表示されている単語までも、検索結果で引っかかるようにします。視聴者はある単語が言及された、または画面に表示された瞬間を、すばやく見つけることができます。Panoptoには視聴者の許可制御機能が充実しており、プライベートな動画コンテンツや機密性の高い動画コンテンツを安全に(または有料で)共有するための強力なソリューションであると同時に、必要に応じて1対多数の動画共有も可能です。 

Panoptoは、ビジネスや高等教育環境において、より効果的なコミュニケーション、コラボレーション、学習を可能にする理想的なソリューションです。広告を表示してオンライン動画コンテンツの収益化をしようとしている企業や、動画マーケティングソリューションを探している企業は、他の動画プラットフォームをチェックしてみてください。

Panopto - 最高のオンライン動画プラットフォーム

Brightcove

おすすめの理由: OTT(オーバー・ザ・トップ)動画体験の構築、動画の収益化、コンテンツマーケティング

Brightcoveの動画ストリーミングプラットフォームは、企業が高精細なライブ動画やオンデマンド動画を多くの視聴者に配信することを可能にし、さらにOTT(オーバー・ザ・トップ)動画体験の構築、ダイナミックな広告の実現、動画分析をサポートします。YouTube とは異なり、ホスティングとストリーミングに Brightcove を使用することで、企業は動画コンテンツの完全な所有権を維持することができます。 

Brightcoveの動画プラットフォームは、外部への動画配信を目的として構築されており、主にスポーツやメディア企業、マーケティングやコミュニケーションのチームを対象としています。このプラットフォームは、Marketo、Eloqua、Google Ad Manager などのプラットフォームと統合し、マーケティング戦略や戦術に役立つ幅広いデータを提供することで、ROI の向上に貢献します。 

Brightcove の動画管理ソリューションは、外部の匿名の視聴者に動画をストリーミングするために設計されているため、企業や教育機関におけるコラボレーションや学習のニーズをサポートするという点で、他のプラットフォームに遅れをとっています。動画コンテンツのセキュリティに関しては、Brightcove はオール・オア・ナッシングであり、特定の内部動画コンテンツへのアクセスを大規模に制限する、高度なセキュリティ コントロールを備えていません。つまり、従業員や学生の全員が、ライブラリ内のすべての動画にアクセスできてしまうのです。またBrightcove には、視聴者が動画内のコンテンツを検索できる技術がなく、動画を使った学習やコラボレーションに不可欠な動画再生体験を提供していません。さらに、Brightcoveには動画の録画・編集ツールが含まれていないため、動画コンテンツの制作には独自のソリューションが必要となります。

Brightcove - 動画プラットフォーム

Vimeo

おすすめの理由: クリエイティブ・動画・コンテンツの収益化、クリエイティブ・動画の制作とコラボレーション、そしてコンテンツ・マーケティング。

Vimeoは、映画やデジタルメディアのためのニッチな動画プラットフォームとしてスタートしましたが、クリエイターのコミュニティに支えられて大きく成長し、現在ではYouTubeに次ぐ有名な動画プラットフォームとなっています。しかし、YouTubeとは異なり、Vimeoではいたるところに広告が表示されません。それは、2018年に Vimeoが事業を方向転換し、 映像を見るための場所ではなく、クリエイターが動画を配信するための場所になるようにしたことが関係しています。

現在、Vimeoのフリーミアムビジネスモデルでは、インディーズのコンテンツクリエーター向けに基本的な動画ホスティングやストリーミング配信機能が提供されています。クリエイティブチーム、フリーランサー、広告代理店、メディア企業に魅力的な動画ツールを提供しており、外部に向けた動画コンテンツを制作するためのソリューションを求めている顧客に焦点を当てています。Vimeoは、Getty imagesやShutterstockのように、ロイヤリティフリーのストック動画を購入できるプラットフォーム、Vimeo Stockを提供しています。Vimeo Stockは、Vimeoのクリエイターコミュニティが、Vimeoのユーザー生成動画コンテンツと一緒に、動画コレクションを販売するためのライセンスを提供します。 

Vimeoのツールでは、ブランドごとにカスタマイズ可能な動画プレーヤー、動画の収益化、コラボレーションツールとワークフロー、ライブ配信、動画分析が利用可能になっており、さらにプライベートに動画を共有することができます。もちろん、利用できる機能は会員グレードによって異なります。例えば、ライブストリーミング機能や特定のプライバシー設定は、プレミアム会員だけが利用できます。

組織の生産性を改善させたい方や、ナレッジの共有を支援する動画プラットフォームをお探しの方には、Vimeoでは物足りないかもしれません。Vimeo のクリエイターツールは、主にマーケティング担当者向けに設計されており、トレーニング、チュートリアル、講義、デモンストレーション、プレゼンテーションの記録にはあまり効果的ではありません。さらに、Vimeoに保存されている動画のコンテンツ(話し言葉や見せ言葉)を検索して、特定の情報を見つけることもできません。Vimeoでは、人に見つけてもらうためには、クリエイターが手動で動画にタグを付ける必要があります。さらに、Vimeoには、動画を使った学習やコラボレーションに不可欠な動画再生体験がありません。 

Vimeo - 動画プラットフォーム

IBM Watson Media

おすすめの理由: OTT動画・ストリーミング、動画の収益化、ライブ・ストリーミング、動画のインテリジェンス

現在、IBM Watson Mediaとして知られているプラットフォームは、Ustreamというピアツーピアのライブストリーミングプラットフォームとして始まりました。2016年にIBMに買収されたこのソリューションは、最終的にIBM Video Cloudと改名された後、2020年に再び現在の名称に変更されました。現在、Watson Mediaプラットフォームは、ニュース、スポーツイベント、その他のエンターテインメントなどのメディアをオンラインでストリーミング配信したり、企業イベントをライブでストリーミング配信したりすることを目的としています。 

Watson Media は、現在もストリーミング配信を主目的としたプラットフォームではありますが、ピアツーピアであった当初とは大きく変化しています。IBM Watson Media は、Brightcove と同様に、クラウド動画ストリーミングおよびホスティングソリューションを提供しています。このソリューションには、会員制やペイパービューのコンテンツ、OTT、企業向けのセキュリティに強いオンデマンド動画ホスティングおよびストリーミングのサポートが含まれます。 

社内でのコラボレーションや社内研修を強化できるオールインワンの動画ソリューションを探している企業には合っていないかもしれません。この動画プラットフォームでは、他のビジネスアプリケーションとの連携、マルチカメラでの録画とマルチフィードの再生、動画内検索、動画内コラボレーションツールなど、多くの重要な機能が欠けていることに気づくでしょう。 

IBM Watson Media - 動画・プラットフォーム

Kaltura

おすすめの理由: OTT動画ストリーミング、動画収益化、カスタマイズされた動画プラットフォーム 

Kaltura の VPaaS (Video Platform as a Service) は、包括的な動画 プラットフォームを求める人よりも、自分でカスタマイズしたソリューションを好む人のために設計されています。Kaltura の顧客は、動画の録画、ウェブキャスティング、ストレージおよび共有をお好みで選ぶことができ、 Kalturaのプロフェッショナルサービス チームが、あなたに合ったプラットフォームになるようにサポートしてくれます。主にメディア企業向けに設計された Kaltura の顧客は、拡張機能でパートナー連携機能を購入したり、Kaltura API や Kaltura のオープンソース開発者ネットワークを使用して、さらにカスタマイズすることもできます。

メディア企業が動画コンテンツを収益化できるようにしたり、複数のライブ放送、モジュール・動画レコーディング用の複数のプラグインなど、企業は Kaltura で幅広い機能を見つけることができます。しかし、高度にカスタマイズされたソリューションと同様に、Kaltura の顧客は、動画をどのように使用するかについて明確な長期計画を立てる必要があります。

Kaltura - 動画プラットフォーム

JW Player

おすすめの理由: 一般聴衆向けの動画コンテンツ、OTT動画体験の構築、動画の収益化

開発者によって、開発者のために作られたJW Playerは、オープンソースのHTML5動画プレーヤーとしてスタートし、再生にFlashを必要とせず、セルフホストで動画をWebページに埋め込むことを可能にしました。現在、JWプレーヤーは、主に一般視聴者向けの広告付きストリーミング動画体験を構築するために設計されたツールを備えた、より幅広い動画プラットフォームを提供しています。JW Playerのプラットフォームは、カスタマイズ可能なストリーミング動画プレーヤー、動画コンテンツ管理ツール、スマートな動画レコメンデーションエンジン、および動画収益化ソリューションを提供しています。

しかし、動画プレーヤーとしてのJWプレーヤーの再生体験は、YouTubeの再生体験と同程度です。動画は単一の動画プレーヤーで表示され、複数の動画ストリームの同時表示はサポートされていません。このため、特定のデモンストレーションやその他の資料を視聴者が完全に見ることが難しくなる場合があります。また、JW Playerには、目次や動画のサムネイルなどの動画内のナビゲーション・オプションが含まれていません。これらのオプションがあれば、組織のトレーニングや学術的な講義で一般的になっている長い動画の中で、視聴者が見たい場面に素早く移動することができます。

JW Player - 動画プラットフォーム

Qumu

おすすめの理由: 社内動画のセキュリティ保護と共有、安全なライブストリーミング配信、企業の動画コミュニケーション 

Qumuは、企業向けの動画プラットフォームで、企業内でライブおよびオンデマンドの動画を撮影し、安全に共有するためのソリューションを提供しています。エンド・ツー・エンドのプラットフォームであり、幹部から従業員への動画配信や、企業内コミュニケーションによく利用されています。 

Qumuは、企業向けの学習・開発ソリューションとしては、他のプラットフォームに見られるような重要な機能を提供していません。例えば、マルチカメラ録画では、すべてのデバイスとハードウェアが1台のPCに接続されている必要があり、分散してクラウドに同期した録画ができないため、特に大規模な会議室やイベント施設では、マルチフィードの動画を作成することが困難です。また、基本的な動画の録画よりも高度な録画を行うには、Qumu社独自の動画キャプチャー・アプライアンス・ハードウェアを購入またはリースする必要があり、規模に応じてコストが増加します。

このプラットフォームには、サードパーティの学習管理システム(LMS)や動画会議の統合機能が組み込まれていないため、動画プラットフォームを利用してより多くの研修動画を作成・共有しようと計画している組織にとっては、ワークフローが複雑になります。最後に、Qumu社の 動画検索を の機能は、ここに挙げた他のプラットフォームよりも劣っています。 

Qumu - 動画プラットフォーム

MediaPlatform

おすすめの理由:  イベントやメディア向けの安全なライブストリーミング配信、企業の動画コミュニケーションやイベント、そしてカスタマイズされた動画プラットフォーム 

MediaPlatformは、大規模なイベントやメディアの放送、および企業内での動画による安全な意見交換やコミュニケーションを可能にするために構築された、エンドツーエンドの動画プラットフォームです。MediaPlatformは、主にオールハンドミーティング、基調講演、顧客・パートナーイベントなどの1対多数のストリーミング配信ソリューションとして利用されており、その柔軟性はアナリストからも評価されています。

MediaPlatform社は、カスタマイズした動画プラットフォームを提供しており、ソフトウェアとサービスを提供しています。お客様は、ライブストリーミング用のWebCaster、オンデマンドストリーミング用のPrimeTime、ライブ動画ストリーミングとエンゲージメント分析アプリケーション、動画配信とWANopソリューション、そしてミーティングキャプチャー製品であるSmartBridgeなど、MediaPlatform社の動画製品群からツールを選択します。 

他のカスタマイズされたプラットフォームと同様に、企業は、購入するソリューションが長期的な動画ニーズに最も適していることを確認するために、どのような場面で使用するのか、事前に計画する必要があります。MediaPlatormの動画録画オプションは、リモート録画や自動録画の機能が豊富ではなく、動画再生では、ユーザーが共同作業をしたり、視聴体験をカスタマイズする機能には長けていません。また同社は、他の動画プラットフォームと比較して、モバイルユーザーへのサポートが少ないです。 

ROI の最大化を目指す方は、MediaPlatform ソリューションの合計コストを、他の包括的な動画プラットフォームと比較するとともに、他のハードウェアやビジネスシステムとの統合を実装・管理する際の複雑さも考慮する必要があります。

メディアプラットフォーム - 動画プラットフォーム

Microsoft Stream

おすすめの理由:  プライベート動画の共有とコラボレーション(社内利用のみ)

かつてのMicrosoft 365 Videoのサービスから発展したサービスです。 Microsoft Stream Microsoft Office 365 のお客様に限定された、企業向けの動画ホスティングおよびストリーミングソリューションです。Microsoft Streamは、SharePoint、Yammer、Teamsなど、他のMicrosoft Officeアプリケーションとの統合が可能ですが、Microsoft以外のシステムとの統合には制限があります。 

クラウド上で動画コンテンツをアップロード、エンコード、保護、配信、ストリーミングするための一連のアプリケーションで構成されるStreamは、 内部コラボレーションのために設計された動画コンテンツ管理システムです。このため、他の部門やビジネスパートナー、その他の外部または準外部の視聴者と動画を共有する際に問題が生じる可能性があります。 

Streamには、他の動画プラットフォームに見られるような機能が欠けていることが少なくありません。例えば、15分以上の動画を録画する機能がありません。また、視聴行動やエンゲージメントを測定するための分析機能もありません。また、Streamはライブウェブキャストを提供していますが、エンコーダーを自分で用意する必要があります。最後に、 Streamは「無料」に見えるかもしれませんが、 Teamsにバンドルされていることが多いため、動画ライブラリが増えるとホスティングコストが発生します。Stream は使用する動画・ストレージの量に応じて課金されるため、価格が予測できず、組織が正確な予算を立てることが困難な場合があります。 

9月2020、マイクロソフトは、新しいMicrosoft Stream製品の編成と、現在のMicrosoft Stream(クラシック)と改称された現行のMicrosoft Streamのエンドオブライフ(EOL)を発表しました。Microsoft Stream (Classic)はサンセットを迎え、これ以上の製品投資は行われません。新しいバージョンのStreamはまだ提供されておらず、この記事を書いている時点では発表された日付もありません。

Microsoft Stream - 動画コンテンツ管理

エンタープライズグレードのビデオソリューションは、今や組織内のコミュニケーション、コラボレーション、学習、生産性向上のためのミッションクリティカルなツールとなっています。

今日のビデオプラットフォームは、リアルタイムのものにとどまらず、様々なオプションを提供しています。 ビデオ会議ソリューションができることビデオの撮影・制作ツールから、安全なビデオの管理・共有、ビデオの収益化など、さまざまな機能を備えています。多くの人に見てもらうための「YouTube」、社内向けの「プライベートYouTube」、動画コンテンツを収益化するための「ストリーミングプラットフォーム」など、お客様のニーズに合った動画プラットフォームをご用意しています。

 

業界で最も包括的で安全なビデオプラットフォーム

独立系アナリストと顧客 同意する パノプトは、市場で最も完全なエンタープライズ・ビデオ・ソリューションを提供しています。柔軟な録画アプリ、きめ細かなビデオ管理とセキュリティ ソリューション、ビデオ検索の最高のサポート、増え続ける統合機能の提供など、現在も将来もビデオを活用するために組織が必要とするすべてのツールが1つのシステムに含まれています。 

 

パノプトのビデオ・プラットフォームを試してみる

お客様のニーズに合わせたデモのご予約や、無料トライアルの開始については、お気軽にお問い合わせください。

今すぐ試す

 

2月に更新された15, 2021。