ミレニアル世代の社会進出が加速する中、世界中のL&Dチームは、デジタル時代に育った世代のトレーニングと開発のニーズに対応するために努力しています。ミレニアル世代の期待は、生活のほぼすべての側面にテクノロジーがかつてないほど拡大したことによって形づくられており、企業はこれらの従業員を惹きつけるために、社内でのテクノロジーの使用方法を見直さなければなりません。

モバイル動画を活用した社員教育におけるソーシャルラーニング

最近、私たちは、 新卒採用者の入社、研修、育成にビデオがどのように役立つかについて考察しましたForbes によると、ミレニアル世代の43%は、会社が生産性向上のための新しいテクノロジーに十分な投資をしていないと感じています。

最近では、英国のCIPD の投稿で、ミレニアル世代がもっとコラボレーションして働きたいという気持ちが技術的な問題によって損なわれていると感じているという調査結果が取り上げられています。

興味深いことに、調査対象者の33%がコラボレーションの最大の阻害要因として、優れたビデオ会議ソリューションがないことを挙げています。おそらく、ミレニアル世代は、大学で 講義の録画 、TEDの講演、YouTube チュートリアル 、Vimeoなどを利用してビデオに没頭していることを考えると、これは驚くべきことではありません。

しかし、もちろん、ビデオは単なるビデオ会議ではありません。多くの人々が革新的で新しい方法でビデオを利用し始めていることから、ビデオは、ミレニアル世代のコラボレーションに対するニーズを満たす、ビデオ会議を超えた多くの方法を企業に提供しています。

関連記事: Video is So Much More than Video Conferencing

 

社員教育に動画を活用

アナリスト企業である Forrester Research によると、ミレニアル世代は ピア・ラーニング を好む傾向があり、従来の教育コンテンツを求めるよりも、組織内の対象分野の専門家から必要に応じて情報を得ることを好む場合が多いという。この学習スタイルの特徴は、非公式性、コラボレーション、重要な知識への即時アクセスです。

ビデオを使えば、専門家はその洞察を誰とでも即座に共有することができ、従業員が情報をよりよく理解できるような魅力的なフォーマットで提供することができます。このような動画は、場所や階層の壁を取り除きます。これらの壁は、フラットな管理構造を好むミレニアル世代にとって重要であり、人がどこにいてもつながることができるということです。

Panoptoのような企業向けビデオプラットフォーム では、組織内の誰もが簡単にナレッジを作成して共有し、 完全に検索可能なビデオライブラリ に保存することができます。また、コラボレーションノート機能により、従業員は視聴したコンテンツに関連するアイデアを交換することができ、各ビデオをディスカッション、学習、コラボレーションを促進するアクティブなメディアに変えることができます。

でどれだけ節約できるか?
ビデオで知識を共有する?
節約コストを計算

 

会議中、会議後のコラボレーションの向上

会議は、従業員が協力してアイデアを詳細に共有し、最終的にはビジネスに最高の結果をもたらすための最も効果的な方法の一つであり続けています。しかし、過密なスケジュール、気の散る会議参加者、会議後の非効率なコミュニケーションなどにより、会議が時間の無駄に感じられることも少なくありません。

Panoptoのビデオ プラットフォームは、 、会議の前にマルチメディア ビデオ プレゼンテーション を記録し、共同作業者と共有することで、事前に必要なすべての詳細情報を効率的に提供します。また、組織は 社内会議で話し合われたすべての詳細を自動的に記録し、共有することができます。 これにより、人々のカレンダーに柔軟性を取り戻し、非生産的な会議行動を抑止することができます。

私たちの ビデオコラボレーションソフトウェア がどのようにあなたの組織のワークプラクティスを改善することができるかを知りたい場合は、 パノプトの フリートライアル を今すぐリクエストしてください。