"ブレンデッド・ラーニングとは、クラス内での学習とオンラインでの学習の両方を組み合わせた学習体験を指すことが多い。しかし、今年からオンライン学習に移行したことで、教育者たちは、同期(ライブ)学習と非同期(オンデマンド)学習をオンライン上でどのように融合させ、学生の成果を最適化するかに注目するようになりました。

同期学習と非同期学習をどのように融合させるか、講師が悩む理由は主に2つあります。

  • どちらの学習形態にも 異なる利点があります。 教育者は可能な限り、同期学習と非同期学習の利点を提供し、遠隔地の学生が自分に合った方法で学習をカスタマイズできるようにしたいと考えています。
  • オンラインクラスにおける同期・非同期要素の効果を最大限に引き出すための学習テクノロジーの適切な組み合わせや最も効率的なワークフローを把握するには、複数のテクノロジーに精通しているだけでなく、それぞれのテクノロジーが異なる学習目的を達成するためにどのように使用できるかを理解する必要があります。

初めてオンライン教育を行う講師にとって、コースデザインとオンライン教育に必要な技術の両方に取り組むことは、特に困難なことです。

ここで朗報です。テクノロジー管理者は、 同期および非同期学習 のあらゆる組み合わせから得られるメリットを最大化するワークフローを1つの統合されたシステムに合理化することができ、講師はテクノロジーではなく授業に集中することができます。

この10年間で、ますます多くの大学が、キャンパス内に標準化された仮想学習環境を構築し、あらゆる教育法をサポートし、誰もがどんなデバイスでも、どんな場所でも利用できるようにしてきました。その目的は?それは、教員が自分のコースの学習体験を独自に再構築できるようにすることで、教育と学習を強化することと、学生が自分の学習をより柔軟にコントロールできるようにすることです。

ワシントン大学はこの戦略を早くから採用していました。 ケーススタディを読む を使って、 Canvas, Panopto, Zoom を使って、どのように適応性のある仮想学習環境を作ったかを見てみましょう。

 

その結果、これらの仮想学習環境は、大学が完全なオンライン学習環境や、オンラインと対面式のクラスのハイブリッドで同じ目標を達成するのに役立ちます。また、これらの仮想学習環境を連携させることで、教育者はコースの中で同期学習と非同期学習を簡単に融合させることができます。

ブレンデッド・ラーニング・テクノロジー・エコシステム

ブレンド・ラーニング・テクノロジー・エコシステムは、同期型と非同期型のオンライン・ラーニング・テクノロジーで構成されています。

学習管理システム(LMS): コースの教材、コースのコミュニケーション、コース管理のための中心的なハブ。

Video Conferencing: 学生と教師がリアルタイムでお互いを見て対話することができる、オンラインでの同期学習のためのソリューションです。

Video Management System: 事前録画された講義、学生のビデオプレゼンテーション、マイクロラーニングビデオ、オンデマンドビデオコミュニケーション、および録画されたライブクラスセッションの作成と安全な共有を簡素化する非同期ビデオソリューションです。

この図は、PanoptoとLMSを使って、より良いバーチャルクラスルームを作る方法を示しています。

これらの技術を接続することで、インストラクターはツール間でシームレスに相互運用できる一貫した機能や特徴を得ることができ、すべてのインストラクターがコースに合わせた最高の バーチャルラーニング 体験を提供することができます。

1.録画したビデオコンテンツを学生に自動で共有

学校のLMS内のコースページは、すでに学習コンテンツとコミュニケーションの中心となっています。 Panoptoのようなビデオ管理システム は、録画されたビデオコンテンツの共有を自動化し、コースに登録された認証された学生は、講師や管理者がビデオを共有したり利用可能にするのを待つことなく、簡単かつ即座にオンデマンドのビデオリソースにアクセスすることができます。

録音済みの講義マイクロラーニングのビデオ などの非同期の学習コンテンツは、Panoptoで簡単に録画・編集することができます。インストラクターがビデオを公開すると同時に、PanoptoはLMSのコースページに自動的にビデオを共有します。管理者は、品質管理とセキュリティを強化するための承認ワークフローを簡単に設定することができます。

Zoomのようなビデオ会議ソリューションで行われる同期授業は、自動的に録画され、Panoptoのビデオライブラリにアップロードされ、LMSの対応するコースページに共有されます。講師は通常の授業と同じように同期授業を行うだけでよく、学生は授業後に簡単に録画を見つけて見ることができます。

2.すべてを検索可能にする

学生にとっては、録画されたコース教材 の中を 検索できることで、学習を深めたり、試験に備えたりするために必要な特定の情報に即座にアクセスすることができます。パノプトのビデオマネジメントシステムを使えば、学生はビデオの中でキーワードが言及されているか、スクリーンに表示されているかの正確な瞬間に検索し、即座にジャンプすることができます。この検索機能には、かつては同期のみであった授業も含まれており、現在はオンデマンドで提供されています。

PanoptoのCanvasとの統合は、さらに一歩進んで、学生がLMSから直接、録画されたライブセッションや非同期のビデオコンテンツの中を検索できるようにします。また、Panoptoはアクセスを認識しているため、学生は視聴許可を与えられたビデオのみを検索して見ることができます。

3.アクセシビリティの向上

Panoptoのビデオ管理システムは、大学がアクセシビリティをサポートするために、 ビデオキャプションのワークフローを拡張できる柔軟な機能を備えています。508に準拠した人間が編集したキャプションは、Panoptoを通して簡単にリクエストすることができます。また、キャプションは、特定のフォルダにアップロードされた新しいコンテンツに対して、特定の時間に実行されるように設定することもできます。また、Panoptoにアップロードされたすべてのビデオは、検索可能なように自動的にトランスクリプションされます。つまり、機械的に生成されたキャプションを数回のクリックで追加し、必要に応じてPanoptoのビデオエディタで編集することができます。

アクセス可能なオンライン学習教材を作成することは、自宅に信頼できるまたは無制限のインターネットアクセスがない生徒のために、他のフォーマットで様々な追加学習教材を提供することも意味します。Panoptoは最小限のバッファリングでビデオストリーミングを最適化するように設計されており、学習者はビデオをダウンロードしてオフラインで視聴することができますが、生徒によっては、より少ない帯域幅で非同期的に学習教材にアクセスできることが有益である場合もあります。

Panoptoでは、講師は講義の録画やライブクラスセッションの録画を、音声やテキストなどの他のファイルフォーマットに簡単に変換することができます。補助教材には、スライドデッキ、オーディオポッドキャストまたはビデオのトランスクリプトを含めることができ、これらはいずれもPanoptoからダウンロードして学生と共有することができます。 生徒はPanoptoの録画から直接スライドデッキ をダウンロードすることもできます。

より良いバーチャルクラスルームの構築

融合型学習技術のエコシステムは、教育と学習を適応させ、革新するために不可欠なものとなっています。大学は、高度な仮想学習環境を実現するための適切なソリューションだけでなく、これらのテクノロジーを連携させるための設定能力も必要としています。これは、非同期学習の利便性と柔軟性、同期学習の即時性と社会的相互作用を融合させながら、両者の独自の限界を克服するための、教育者にとっての必勝法です。

パノプトの業界をリードする教育用ビデオ・プラットフォームを、御社のバーチャル・ラーニング・テクノロジーと統合するための詳細については、弊社チーム にご連絡いただき、無料トライアルと個別のデモをご依頼ください。