実績紹介

27の反転授業のアイデア。インフォグラフィック

課題

Virtual Campus Rhineland-Palatinate (VCRP)のチームは、加盟校の教育や学習を向上させるためにテクノロジーをどのように活用できるかを常に研究しています。 VCRPのテクニカルスペシャリストであるクリストファー・マルクスとその同僚たちは、会員に開かれた教育シナリオの幅を広げ、学生にとって学習オプションをより面白く、魅力的にするために、テクノロジーを活用した新しい学習方法を見つけることに着手しました。

彼らは、物理的な存在とオンライン教育のアイデアを組み合わせたいと考えており、ビデオはそのための興味深い可能性を提供するように思えたのです。 また、加盟機関には知識共有のためのオープンなアプローチを奨励し、各機関が学習ビデオを交換し、地域のためのオープンエデュケーショナルリソースを作成する機会も求めていました。 その結果、VCRPが一元管理しながらも、各機関が独自に好きなように利用できる映像プラットフォームを提供できないかと考えるようになりました。

ネバダ大学ラスベガス校のPanoptoのケーススタディ。

ソリューション

「私たちは、期待していたすべてのコア機能、つまり、録画、編集、共有、アップロードのオプションを提供するビデオプラットフォームを探し始めました」とマルクス氏は説明しました。 「また、講師がビデオを使い始めるのをできるだけ簡単にするために、プラットフォームが柔軟でユーザーフレンドリーであることも望んでいました。最後に、この組み込み機能をすべて提供するだけでなく、他のツールを使用して作成された既存のハイエンドビデオを保存できる、単一のソフトウェアベースのプラットフォームを見つけることも非常に重要でした。」 

 

また、VCRPのチームにとって、技術的に重要な検討事項がありました。 まず、オンプレミスでソリューションを展開できるようにしたいということでした。 第二に、プラットフォームがソフトウェアのみであることが必要でした。これによって、加盟大学は既存のハードウェアを使用するか、あるいは自校に最適なツールを自由に購入することができます。 3つ目は、大学向けにマルチテナント展開ができることも必要でした。

市場で入手可能なビデオプラットフォームソリューションを見直した後、VCRPはPanopto を選択しました。なぜ?マルクス氏は次のように述べています。「Panopto はユーザーフレンドリーで、最新のエンドユーザーに見え、すべての要件をカバーしています。」 

総合的な動画プラットフォームとしてPanoptoを選択したVCRPは、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツの協力を得て、マルチテナント方式でソリューションを導入しました。 これにより、VCRPの各大学はPanoptoのインスタンスを持つことができ、各大学は自分の学生だけに動画を見せるだけでなく、より多くの人々や地域の他の大学に特定の動画を見せることもできるようになりました。

ビデオの普及を促進するために加盟大学との連携を開始するために、VCRPはすべての加盟大学に連絡して、Panoptoが利用可能であることを知らせました。各大学は、Panoptoの実装と採用を主導するために、1人または2人のスタッフを指名するように奨励され、これらのスタッフは全員、Panoptoからシステムを理解するためのトレーニングを受けました。この対面トレーニングは、フォローアップウェビナーとワークショップによって補完されました。

"Panopto "は、制作から編集、管理、配信まで、映像のワークフローをトータルにカバーし、そのすべてをシンプルに提供します。 これにより、私たちの様々な
大学で様々なシナリオを簡単に実行し、学生に最高のビデオベースの授業を提供することができるようになりました。"

VCRPテクニカルスペシャリスト Christopher Marx氏
Panoptoの動画学習プラットフォームがVCRPに導入され、12万人以上の学生に動画が提供された

インパクト

VCRPでは、講義の録画から、講義で扱ったテーマをもとにしたビデオチュートリアルの作成まで、加盟大学におけるさまざまなビデオの利用を奨励しています。 従来の講義キャプチャは、講義をまるごと録画して共有するものでした。 しかし、加盟大学では、Panoptoに搭載されているエディタを利用して、完全な講義を10~20分程度の小さな一口サイズの学習教材に分割しています。 また、多くの教育機関では、講義でカバーした内容を補完し、特定のトピックやテーマについてより深く理解できるよう、さらに短い3~5分のチュートリアルを作成しています。 

また、Panoptoを反転学習や学生の内省のための録画、マーケティングビデオの作成に活用している企業もあります。 ライブストリーミングも、多くの機関で重要なユースケースとなっています。 例えば、定員を超えた講義のオーバーフロー配信、大学イベントのライブ中継、ウェビナー形式のコンテンツ運営などです。

VCRPでは、毎年開催しているLMSカンファレンスをバーチャルイベントとして運営し、Panoptoを利用してキャンパスの様々な場所からライブストリーミングで配信しています。 VCRPは、Panoptoと共同で多くのビデオコンテンツを制作してきました。 これまでに加盟大学合計で11,200本のビデオが作成され、ビデオコンテンツの再生回数は56万回を超えています。

ケーススタディ(PDF)をダウンロードする