ビデオベースのソーシャルラーニング は、企業が知識を共有する方法以上の影響を与えます。従業員が会社での自分の役割について考える方法や、以前は不可能だった管理やコラボレーションの方法、知識を広げて共有するためのより良い方法などにも影響を与えます。

基本的に、ビデオはコミュニケーションのためのより良いツールとなります。

それはなぜか?技術的な効率だけではありません。確かに、会議のまとめや報告書の見直しには、テキストですべてを書き出すよりもビデオの方が早くできますし、営業や技術の実演を言葉だけでなくビデオで撮影して見せることもできます。

しかし、これは ワークプロセス を単純化するだけではなく、ビデオは ワークプレイスカルチャー をも変える力を持っています。

ここでは、ビデオが人々の共同作業を向上させる方法のほんの一部を紹介します。

1:社員が自分をどう見ているか

従来の階層的で厳しく管理された組織構造では、知識が容易に共有されないことがよくあります。よりオープンな構造は、組織のどのレベルの個人も知識をオープンに共有することを奨励し、権限を与え、サポートします。

一元化されたビデオコンテンツ管理システム(ビデオCMS、 "business YouTube" )は、そのオープンな構造を提供します。従業員がベストプラクティス、洞察、戦略、その他の組織的な知識を記録し、共有することを可能にし、奨励することで、従業員は、管理者やチームリーダーだけが発言権を持っているのではなく、彼らのアイデアにも耳を傾けていることをすぐに理解できるようになります。

2:社員がコミュニケーションをどう捉えているか

最近の企業は、従業員が知識を伝達するためのより効果的な方法を求めています。つまり、頭の中にある知識を効率的かつタイムリーに利用できるようにするのです。いまだに書面でのコミュニケーションのみにこだわる職場では、ゆっくりとしたコミュニケーションの文化が生まれ、知らず知らずのうちに従業員が自分の言いたいことをより早く、より完全に伝えることができなくなってしまいます。

動画と 動画コンテンツ管理システム を利用することで、社員は簡単な要約から詳細な説明まで、プレゼンテーションスライド、ホワイトボード、スクリーンキャスト、さらには実際のデモなどのビジュアルを使って共有することができます。また、マークアップしたドキュメントを共有すると、自動的にビデオCMSにアップロードされ、スキャン、アップロード、メール送信、ダウンロードなどの作業が不要になり、すぐに見ることができるようになるという使い方もあります。

その3:社員の気持ちの持ち方

モチベーションについて研究している人に聞いてみると、心理学の分野から人事部まで、誰もが「人間は人と共有し、学び、つながりたいという生得的なデザインを持っている」と答えるでしょう。

しかし、超クリーンで高効率な職場では、文字通り従業員の一人一人が 何かの専門家であるにもかかわらず、あまりにも多くの組織が、従業員がその知識を共有し、他の人の知識から学び、広範なチームとつながることを優先していません。

一般的に、このような方法で従業員をつなぐことは難しく、時間がかかるため、この機会を逃してしまいます。 集中型ビデオライブラリ は、この壁を取り払い、チームのすべてのメンバーが自分のデスクからアイデアを共有し、組織が教えなければならないことをいつでもどこでもオンデマンドで学ぶことができます。

つまり、エンタープライズビデオは、社員の時間を節約し、会社のIT予算を削減するためのものではありません。それだけではありません。それは、仕事をより良い場所にすることです。

それが、私たちの考えです。 Panoptoをお試しください。

ソーシャル・ラーニング・プログラムの構築方法を動画で学ぶ

ICON - CTA - ビデオを使ったソーシャル・ラーニング・プログラムの作り方最新のホワイトペーパー、 How to Build a Social Learning Program with Video では、組織がソーシャル・ラーニングを導入する方法、導入するための6つのアイデア、そしてエンタープライズ・ビデオ・プラットフォームがソーシャル・ラーニング・プログラムにどのような技術的基盤を提供できるかについて理解を深めることができます。

今すぐコピーをダウンロードください