動画は、企業メッセージの伝達範囲を拡大し、より印象的で魅力的なコミュニケーションを実現する強力なメディアです。また、何十年も前から社内外のコミュニケーションビデオを制作している企業もあれば、ライブストリーミングやオンデマンドビデオの録画が自社のビジネス目標をサポートする方法を発見したばかりの企業もあります。

柔軟で効果的なビデオコミュニケーションをサポートする適切なツールセットを手に入れることで、メッセージのエンゲージメントと記憶力を向上させ、リーチを拡大することができ、大きなリターンが得られることを認識するビジネスリーダーが増えています。ビデオコミュニケーションの制作と配信に必要なすべての管理に時間を費やす必要がなくなれば、どれだけ多くのことが達成できるかは想像に難くありません。

幸いなことに、最新のビデオテクノロジーは、コミュニケーションチームに、AVやITの専門家としての役割を要求することなく、ビデオコミュニケーションの取り組みをより柔軟にコントロールすることを可能にしています。

 

"1980年代からビデオを使ったコミュニケーションを行ってきました。 何が変わったのか?

 

一昔前までは、企業のコミュニケーションに のビデオを使うことは、大きな投資でした。ビデオを作成するためには、高価な録画・配信用のハードウェアが必要であり、また、専門のスタッフがすべてのセットアップを行い、複雑な機器を操作し、最終的なビデオを編集し、それらの巨大なファイルをDVDやVHSなどの実際の物理的なメディアや、コストや課題のあるファイル共有サービスの一部として共有できるようにする必要がありました。

VHSで見る昔の企業広報

今日では、プロ並みのビデオを作るのに、それほど手間はかかりません。おそらく予想通り、予算やリソースの制約から、毎年数本のビデオしか制作できなかったコミュニケーションチームが、今ではかなり多くのビデオを制作できるようになっています。

新しいタイプのソフトウェア、エンタープライズ・ビデオ・プラットフォーム は、特定の視聴者に向けてビデオを作成、管理、共有するための、使いやすいオールインワンのソリューションを企業に提供しています。

最新の動画プラットフォーム( 動画コンテンツ管理システム 、または動画 CMS と呼ばれることもあります)は、現在の動画投資を最大限に活用し、動画作成の総コストを削減するとともに、安全な配信・管理からインタラクティブな再生や検索まで、すべてをはるかに効率的に行うことができます。その方法をご紹介します。

少ない機材とシンプルなセットアップ

最近では、カムコーダーなどの録画機器にお金をかける必要はなく、ほとんどの人が持ち歩いているノートパソコンやスマートフォンに強力なHD録画ツールが内蔵されています。また、あらゆる録画機器が小型化、低価格化し、より使いやすくなっています。

最新のビデオプラットフォームでは、共有したいコンテンツとその表現方法を柔軟に選択することができます。複数のカメラと複数のスクリーンからのビデオを表示することで、オンラインの視聴者は、講演者とそのスライド、さらにはスクリーン上のウォークスルーを並べて見ながら、その場にいるかのように感じることができます。

無料の オンラインビデオスクリーンレコーダー である Panopto Express をお試しください。録画が終わったら、YouTubeに直接シェアすることもできますし、 オンラインビデオ編集ツール で仕上げることもできます。編集するには、 Panopto Basic の無料アカウントにサインアップするだけです。 初めての動画を撮影してみよう>

 

ポストプロダクションの時間とコストを最小限に抑える

ビデオを編集し、加工し、どこからでも、どんなデバイスからでも視聴できるようにするためには、5つの異なるビデオソリューションが必要となり、他のことに時間を使った方が良い人たちが何時間も手間をかけて作業することになります。

最近のビデオプラットフォームには、一般的に ビデオエディター が搭載されており、不要な映像をカットしたり、 マルチカメラの録画でビデオフィードを切り替えたり 、さらには追加のビデオ映像をつなぎ合わせたりといった、一般的な編集作業を行うことができます。つまり、ほとんどのライブイベントや録画されたメッセージでは、最終的なビデオのクリーンアップが簡単かつ迅速にできるということです。

同様に、最新の動画プラットフォームは、動画を簡単に共有したり、オンデマンドで再生できるようにするために必要なバックエンドの制作作業をすべて行います。 ライブストリームが終了したり、ビデオの録画が終了すると、プラットフォームは自動的に 録画をトランスコードし、どのデバイスでも再生できるように ビデオライブラリ にアップロードし、組織内の誰もが閲覧できるようにします。

新・安全・検索可能なビデオライブラリー

視聴者に伝えるべき重要な情報であれば、明日になっても見つけてもらいたいと思う可能性があります。最新のビデオプラットフォームでは、ライブラリにアップロードされたビデオを自動的にインデックス化することで、録画されたすべてのビデオのコンテンツを簡単に検索することができます。そして、インデックスされる内容は、これまで動画検索の限界だった基本的なメタデータをはるかに超えるものです。

例えば、パノプトの スマートサーチ ビデオ検索エンジン は、自動音声認識(ASR)や光学式文字認識(OCR)、その他多くの AI技術 を使用して、お客様がビデオライブラリにアップロードしたすべてのビデオの中で話されているすべての単語と画面に表示されているすべての単語を認識し、インデックスを作成します。 さらに、パノプトは、 SharePointのようなCMS、Cornerstoneのような学習管理システム(LMS)、Salesforceのような顧客関係管理システム(CRM)、その他のビジネスシステムと統合し、従業員が既に使用しているポータル内で動画を検索可能にすることができます。また、グローバルビジネスのために、 Smart Search は、9つの言語をサポートしています。英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語、韓国語、ポルトガル語、オランダ語、ポーランド語の9言語に対応しています。

Your Video Conferencing Solution Makes Communication Easy.ビデオプラットフォームは、ビデオ会議システムを 完全なものにします.

 

今日、多くの専門家がビデオコミュニケーション戦略をサポートするために必要なテクノロジーについて考えるとき、 ビデオ会議ソフトウェア が真っ先に思い浮かびます。

Zoom, Skype for Business, GoToMeeting, BlueJeans のようなソリューションは、異なる場所にいる人々の間でリアルタイムのバーチャルコミュニケーションと コラボレーション を可能にします。ほとんどのシステムでは、録画も簡単にできます。全体的に、これらのシステムはそれぞれの目的に適っているので、すぐに買い換える必要はありません。

しかし、幅広いユースケースをサポートし、コミュニケーション戦略のROIを最大化するためには、ビデオ会議システムが助けになります。

すでにビデオ会議システムを利用してコミュニケーションをとっている場合、ビデオプラットフォームはそれを補完する最適なツールとなるでしょう。ビデオプラットフォームは、ビデオ会議システムの機能を拡張し、より多くの人とコミュニケーションをとるための新たなツールとなります。

コーポレートコミュニケーションを強化する10のビデオプラットフォーム機能

1.大規模で安全なマルチカメラHDライブストリーミング

例えば、次回の全社員会議を で中継したいとします。複数のプレゼンターがいて、それぞれにスライドデッキを用意し、さらにはプレゼン中にビデオを流すこともあるでしょう。もちろん、悪意のある人の手に渡ってはならない、「内輪だけの」機密情報を共有することになります。

Panoptoのライブストリーミング・プラットフォームは簡単にスケールアップできる

今日のビデオ会議ツールは、主にライブでの会話を促進するために構築されており、ほとんどの場合、リアルタイムのやり取りに追従するために、ビデオの品質やフレームレート(特に共有画面やスライド)において技術的なトレードオフを行っています。これらのトレードオフにより、オンラインの視聴者に室内での体験を完全に再現することが難しくなっています。

一方、最新のビデオプラットフォームは、高解像度のマルチメディアプレゼンテーションを1080p、最大60fpsで安全にストリーミングできるように設計されています。ビデオプラットフォームでは、すべてのビデオカメラをノートパソコンに接続し、録画デバイスを選択し、スライドを開き、共有したい画面を選択するだけで、あらゆる規模のオンライン視聴者に向けて放送する準備が整います。

ビデオプラットフォームは、フィードに数秒の遅延(テレビの生放送の遅延と同様)を加えることで、視聴者が専用のアプリケーションをダウンロードすることなく、インターネット上で直接、 HD「1対多」のライブストリーミング を配信することができます。つまり、どんなデバイスでも、どんなウェブ接続でも、一度に何万人もの人々に鮮明なライブ映像を共有することができるのです。また、視聴者は自分の好みに合わせてビデオフィードを切り替えることができ、視聴体験を完全にコントロールすることができます。

ビデオプラットフォームでは、ライブストリームのセキュリティをきめ細かくコントロールすることもできます。例えば、Panoptoのビデオプラットフォームでは、ライブストリームはデフォルトで自動的にプライベートに設定されます。数回クリックするだけで、共有権限を変更し、組織内の特定の人、組織内の全員、または一般の人がストリームを利用できるようにすることができます。

2.ライブ映像の一時停止、巻き戻し、再起動が可能

"You just had to be there "という言葉は、企業のコミュニケーションにおいては最悪のポリシーです。実際のところ、人々は忙しく、仕事をしなければなりません。競合する仕事があったり、ライブ配信中に急用が入ったりするかもしれませんが、それでもリーダーの発言を見る機会を求めています。

放送を見ながら、他の優先事項を処理できる柔軟性を社員に与えましょう。ビデオプラットフォームはストリーミング中に録画を行うため、視聴者は遅れて参加してもライブストリームを最初から始めることができます。また、予期せぬ電話に出なければならない場合にはライブストリームを一時停止して再開したり、見逃したものを巻き戻したりすることができます。ビデオプラットフォームのライブDVRコントロールにより、視聴者は生産性を最大限に高めながら、メッセージを完全に理解することができます。

3."偶発的なインタラクティビティ "を確実に制御する

メッセージを明確に受け取るためには、聴衆が重要な情報にたどり着くのを妨げるような、最小限の中断が必要です。会議に参加する人と退出する人の間で聞こえるビープ音やドアの開閉音、重役が話している最中に偶然流れてくる保留音楽、ホームオフィスで仕事をしている人が回線のミュートを忘れたために背景で鳴いている犬の鳴き声など、これらはすべて、ビデオ会議ソリューションを使用したライブ放送中の体験に悪影響を与える可能性があります。これらはすべて、ビデオ会議ソリューションを使用したライブ放送の体験に悪影響を及ぼす可能性があります。会議回線上の参加者の不要な気晴らしを最小限に抑えるためのコントロールがあるとはいえ、偶発的な中断は起こり得ます。

ビデオプラットフォームでは、ビデオ会議によるライブストリームを中断させるような意図的でないものを排除しながら、インタラクティブ性を実現することができます。ビデオプラットフォームは、発言者から視聴者への一方向の放送であるため、会議技術を使用しているときのように、視聴者が意図的または無意識のうちにプレゼンテーションを中断する手段がありません(しばしばそうなります)。

しかし、視聴者が交流できないわけではありません。ビデオプラットフォームでは、視聴者はビデオプレーヤー内のディスカッションパネルを使って質問をすることができます。プレーヤー内で質問を送信すると、司会者がプレゼンターに提示し、ライブで回答を得ることができます。これは、視聴者の関心とプロの制作物の価値を両立させる賢い方法です。

4.録画したものをライブ後すぐにオンデマンドで見られるようにする

録画機能は、ほとんどのビデオ会議ソリューションで標準化されています。しかし、まだ標準化されていないのは、録画が終わった後のビデオの管理方法です。ビデオ会議ソリューションの中には、短期間の保存が可能なもの、DropBoxやYouTubeなどのコンシューマーサービスにエクスポートできるもの、MP4ファイルをノートパソコンにダウンロードするだけのものなどがあります。また、MP4ファイルをノートパソコンにダウンロードするだけのものもありますが、現時点では、動画を安全かつ検索可能な形で保存し、共有や発見を容易にする機能を備えたものはありません。

Panoptoのライブストリーム機能により、どんなディスプレイでもクリアに見ることができる

ビデオプラットフォームでは、ライブストリーミングや録画を「停止」して終了すると、プラットフォームが事実上即座に動画を安全なライブラリにアップロードし、あらゆるデバイスで再生できるように変換・最適化し、録画を検索用にインデックス化するので、プライバシー設定に応じて簡単に検索・共有することができます。つまり、お客様のコミュニケーションビデオは、録画後すぐに検索され、ストリーミングされるということになります。

5.録画を公開する前に動画を編集する

メッセージによっては、その場で録音したような臨場感を味わえるものもありますが、ほとんどのイベントや告知では、最終版を公開する前に録音内容を修正したり、追加したりすることができます。

ほとんどのビデオ会議ソリューションには編集ツールが含まれておらず、会議が始まる前のダウンタイムをカットしたり、トピックから外れた議論を削除したり、他のサポートメディアを接続したり、イベントの複数のビデオフィードを切り替えたりすることができません。その結果、企業は経験豊富なAV専門家の助けを必要とする高価なビデオ編集ツールを購入しなければならないことが多く、重要なコミュニケーションのオンデマンド録画のリリースがさらに遅れ、ROIが低下してしまいます。

最新のビデオプラットフォームには、ビデオフィードをカット、スプライシング、スイッチングするためのシンプルなビデオ編集ツールが含まれているのが一般的で、ビデオを洗練させるために追加のソフトウェアやAVの専門家を必要としません。

例えば、ビデオ編集は一般的に「非破壊的」であるため、再生中にビデオの一部を切り取ったとしても、元のファイルが残っているので、万が一に備えて元に戻すことができます。

6.すべての動画を安全に、好きなだけ保存できる

ビデオライブラリ - 企業向けセキュアビデオプラットフォームPanopto

想像してみてください。あなたが小さな奇跡を起こし、組織のメンバー全員が消費するメッセージを作り、共有することができたとします。しかし、このような大成功にも時間的な制約があります。平均的な組織では、毎年、従業員の10~20%が入れ替わります。そのため、たとえ今日、文字通り全員に情報を発信できたとしても、明日、そして未来の毎日には、あなたが到達できなかった新しいフレッシュな顔が登場します。

理想的には、メッセージを記録して、将来的にも参照できるようにしたいものです(新入社員だけでなく、既存のチームメンバーが情報を再確認したい場合にも)。しかし、ほとんどのビデオ会議システムでは、録画したビデオを後でオンデマンドで視聴できるようにするための限定的なサポートしか提供していません。また、録画したビデオは短期間(プランによって異なりますが、通常は30〜60日)で消去されたり、制限に達するとストレージの追加購入が必要になったり、録画ライブラリからビデオを手動で削除しなければならないのが一般的です。

ビデオプラットフォームは、安全で一元化された場所で、無制限にビデオを保存、ストリーミングすることができます。これにより、お客様は機密性の高いビデオコンテンツを完全に管理することができ、また、社内外でのビデオの管理と共有が容易になります。これは、YouTube に代わる のソリューションで、プライベートな動画を非公開にし、シングルサインオン(SSO)ID管理ソリューションとの統合により、組織全体の動画へのアクセスを大規模に管理することができます。数回のクリックで、ライブラリ全体、特定のフォルダ、さらには個々のライブビデオやオンデマンドビデオに権限を設定することができます。

7.新旧の映像コンテンツの管理

利用可能なコミュニケーション情報の管理にどれだけの時間を費やしているか考えてみてください。利用可能な情報が最新であることを確認し、混乱を招く可能性のある古い情報や無関係な情報を削除し、今後のコミュニケーションの承認を管理しています。これらの作業をビデオコミュニケーションにも適用しなければならないことを想像してみてください。ビデオコンテンツを管理するように設計されたシステムがなければ、これらのステップを自動化してチームの時間を節約することはできません。

しかし、ビデオプラットフォームでは、新しいビデオの承認を関係者に通知するツールを使用できるため、ビデオコミュニケーションの管理がさらに効率的になります。フォルダを指定して、承認可能な新しいビデオコンテンツがあると自動的にマネージャーに通知することで、新しいコミュニケーションビデオを予定通りに配信するためのワークフローを効率化することができます。

同様に、公開されたビデオに利用可能なウィンドウを設定することで、メッセージがいつ利用可能になり、いつ消滅するかをスケジュールすることもできます。例えば、年に一度のベネフィット・コミュニケーションのビデオを、来年の新規登録期間前に期限切れになるように設定したり、ポリシー変更に関する今後のコミュニケーションを事前に録画しておき、後で特定の時間に従業員や他の視聴者に向けてデイライト配信するようにスケジュールすることもできます。小さな機能ですが、多くのコミュニケーションチームのタイミングとワークフローを大幅に簡素化します。

8.ビデオの中で話されている、または表示されている単語を検索させる

人々がコミュニケーションにテキストを好む唯一最大の理由は、その欠点にもかかわらず、テキストが検索可能であるということでしょう。 ctrl+f, を押すだけで、400ページの文書の中に埋もれている関連事項をすぐに見つけることができます。

これまで、動画を検索可能にするには、重要なトピックやアイデアを手作業で何時間もかけてタグ付けする必要がありました。時間がかかるだけでなく、動画のどの部分が重要なのかを判断するのは、動画にタグ付けする人次第でした。すでに述べたように、動画が検索可能でなければ、人々はより簡単に見つけられる情報を求めて他の場所を探すことになります。

今日では、適切なツールがあれば、ビデオ録画をテキストと同じように簡単に検索することができます。最新のビデオプラットフォームでは、収録内容の多く(実際に話された言葉や画面に表示された言葉)にインデックスを付けることができます。これにより、ビデオの長さに関わらず、視聴者は必要な関連情報を即座に見つけ、早送りすることができます。

9.自動ビデオキャプションとアクセシビリティ機能

ビデオコミュニケーションにキャプションを付けることは、 アクセシビリティ にとってだけ重要なことではありません(あなたの組織が公共部門で働いている場合は、それだけで十分な理由になるかもしれませんが)。実際には、キャプションは誰にとっても時折役に立つものです。

業界のデータによると、99%の人が一度は何らかの理由でクローズドキャプションをオンにしたことがあると言われています。その際の理由は、録画で共有されている情報を理解しやすくするため、または音声を再生できない場合でもビデオを視聴できるようにするため、というのが一般的です。訛りの強い話者の話を聞き取るためにキャプションをオンにしたことがある方や、今すぐ見たいものがあるのにヘッドフォンを家に忘れてきてしまった方は、キャプションがあれば救われることをご存知でしょう。

動画プラットフォームでは、アップロードするすべての動画に、機械で生成されたキャプションを自動的に付けることができます。また、多くの動画プラットフォームでは、連邦政府のアクセシビリティ要件を満たす人間によるキャプションを要求するオプションや、可変速度再生、スクリーンリーダーのサポート、キーボードナビゲーションなどのアクセシビリティ機能も備えています。

10.ビデオコミュニケーションの成功を測るのに役立つ

Panoptoの詳細な動画分析ダッシュボードは、視聴者のエンゲージメント指標に関する有用なデータを提供しています。

コミュニケーション活動の成果をどのように定量化していますか?また、今後のメッセージを改善するためのデータはありますか?ビデオ会議システムや社内ポータルを利用して、主にコーポレートコミュニケーションを行っている場合、その効果は十分に発揮されていないのではないでしょうか。

ビデオ分析を改善することで、特定の社内オーディエンスとの関わり方を理解し、どのようなメッセージが効果的で、どのようなメッセージが不足しているかを把握し、今後のコミュニケーションを強化するためのアイデアを提供することができます。

ビデオプラットフォームでは、ビデオライブラリ全体の視聴者エンゲージメントに関する包括的なデータを、ユーザーレベルの視聴者統計に至るまで得ることができます。つまり、企業のコミュニケーションビデオがいつ、どのくらいの頻度で視聴されているのか、どのビデオが最も視聴されているのか、人々が最もエンゲージしたのはどこで、視聴をやめたのはいつなのか、どのような種類のコミュニケーションがより効果的なのか、といった情報を得ることができるのです。

パノプトのビデオプラットフォームが企業のコミュニケーションを簡素化する方法

Panoptoは、単一のプラットフォームで、動画のライブストリーミング、録画、編集、共有、検索を安全に行うことができます。Panoptoは、1人の視聴者に対しても100万人の視聴者に対しても、インタラクティブなディスカッション、ライブQ&A、DVRスタイルのコントロールをサポートするHTML5ビデオプレーヤーで、高解像度のライブおよびオンデマンドビデオを最小限のバッファリングであらゆるデバイスに配信します。

パノプトでは、社内の誰もがエグゼクティブ・コミュニケーション、PRアナウンス、話題のイベントなどを録音し、社内外の聴衆と共有することができます。録音デバイスを選択し、録音ボタンを押すだけで、あとはPanoptoが処理してくれます。

パノプトのビデオプラットフォームを実際に試してみませんか? panopto.com/try から始めましょう。